This page is intended for users in Hong Kong(Chinese (Traditional)). Go to the page for users in United States.

DroidKaigi×RoomClipマカロンケーキができるまで

本日(2/7)よりスタートしたDroidKaigi2019!
RoomClipもスポンサーとして参加をし、会場でブースを出展させていただいています!

先ほど行われたDay1のパーティーでは、今回のDroidKaigiのためにオリジナルで作った「DroidKaigi × RoomClip マカロンケーキ」を提供させていただきました。みなさんいかがでしたでしょうか・・?

パッと「マカロンケーキにしよう!」と決まったわけでは全くなく、Androidエンジニア2名とコーポレートメンバー2名の計4名でアイディアを出し合って、マカロンケーキに決定しました。RoomClipでは、エンジニアメンバーはもちろん、普段ケータリングを頼むことが多いコーポレートチームが協力して、毎年DroidKaigiの準備を進めています。

そこで、今回のブログでは、「マカロンケーキができるまでの試行錯誤エピソード」を公開します。

大量のAndroid1.5をお届けしたDroidKaigi2018

2018年のDroidKaigiもDay1のパーティーにスポンサーとして協力をし、RoomClipとドロイド君のカップケーキを提供させていただました。多くの方に写真を撮っていただけてとても嬉しかったです・・・!

拡大するとこんな感じです(ひとつだけ逆さまのドロイド君が・・・!)


さて、2019年はどうしよう

『Android1.5の次なので、Android2.0のDから始まるあのスイーツにする・・?!』
『最新のパイもありだな。。』
『スイーツ路線にこだわらず、食事系のケータリングもアリかも』
『ドロイド君グミ欲しい。作れるかな、、、ケータリングとしてはインパクトに欠ける?』

4名集まってワイワイブレストするも、実際に「できるのか」という現実問題に直面して結構悩みました。
今回重視したかったのは、以下の3点。

・立食パーティーなので食べやすいこと
・Androidエンジニアが見たときに、ワクワクするようなカスタマイズ型のケータリングであること
・昨年みたいに「写真を撮りたい」と思ってもらえるような仕掛け作り

全てのポイントを満たすのはなかなか難しかったのですが、最終的には・・・・

ドロイド君の形がマカロンっぽいね〜
→ 立体的に再現できたらテンション上がるね
→ でも、ただマカロン並べるだけだとそんなにインパクトないかも
→ ケーキの上にマカロンのせれるところあるらしい
→ なにそれステキ
→ ケーキだと食べやすいし、ドロイド君のってるとワクワクする
→ しかも200個並べるとそれなりにインパクトありそう
→ 決定

という流れで決まりました!!


ドロイド君のカラー再現は意外な落とし穴

テーマが決まって早速ケーキ屋さんにお願いをし、試作を作りをスタートしました。「ちゃんとドロイド君の立体感再現できるかな」というところを懸念していたのですが、意外な落とし穴が・・・・

初回の試作ドロイド君がこちら!

ドロイド君のカラーをこちらが「グリーン」と指定していたため、グリーンの色味指定がちょっと強くなりすぎてしまいました。。。笑  ドロイド君の、あの黄緑に近いような、ちょっとふわっとした色味をお伝えするのがなかなか難しいという点は盲点でした。

その後微調整を繰り返し、今日の完成系にたどり着くことができました。
色々と要望を聞いていただいたBON Sweets & Congratsさん、本当にありがとうございました!!

明日もRoomClipブースにてお待ちしています!

明日もRoomClipのエンジニアメンバーがブースにいますので、多くのエンジニアの皆さんとお話できることを楽しみにしています!
(「マカロンケーキの会社だ!」と気軽に遊びにきていただけたら嬉しいです・・!)

ルームクリップ株式会社的招募
5 Likes
5 Likes

本週排名

展示其他排名