This page is intended for users in Hong Kong(Chinese (Traditional)). Go to the page for users in United States.

メンバーインタビュー(学部生)/SEEDATAに入ると自分の好きなものが自分の武器になります。

前編はこちら

■就職が決まったのになぜインターンを続けたのでしょうか?

これは私の性格というか体質なんですが、なにもやらない期間があると体が無理なんです(笑)。

以前のインターンのとき忙しすぎて体調を崩して辞めたんですが、気が付いたらウォンテッドリーで探していたんです、それくらい、もともと働く欲求が強いんだと思いますね。

就活も同じで、ひと段落したし、内定先は同じような会社に行くわけだけど、成長できることをやっておきたいなと、新卒研修と思ってやっています。

■具体的にどのあたりが新卒研修にあたると思いますか?

今やっていることすべて、ですね。内定先もチームで仕事をするから、チームの動かし方とかタスク管理とか、それって社会人の基礎的な部分ですよね。それはSEEDATAですごく学べています。

■それは同期に負けたくないというモチベーションでしょうか?

同期に負けないようにというモチベーションは一切ないですね、逆に周りと自分を比べたくないと思っていて。

私、早く結婚して、出産して、少しでも早く自分のやりたい地方の仕事に近づきたいんです。20代で体力のあるうちに子どもを産んで、みんなが通るライフステップを早く終わらせて、自分の仕事に費やせる自由時間を増やしたいんです(笑)。

結婚や出産って、年齢を重ねれば重ねるほど、余計な不安が多くなってしまうだろうから、そういうことに自分の30代を惑わされたくないというか。

■どんな人がSEEDATAに向いていると思いますか?

将来の夢を探すためにインターンをするというのもありなんですが、(自分が思い描く)ここを目指したいからそのためのスキルを得たいという子には向いていると思います。

私の場合は地方で自分の力で仕事をしたいというのと、好きな仕事を好きなだけしたいというのがあって、そういうときにSEEDATAみたいなベンチャーって、環境としては最適だし、より目的地に早く行きたいという人、高速道路に乗ってる感じですね。

あと、いい意味で早く会社に失望したい人にはオススメです。学生が想像している楽しい仕事ってクライアントワークくらいしかイメージつかないと思うんですが、インターンをしておくことで、仕事のほとんどの時間は資料作りとか地味な作業だってわかるし(笑)。

ここに入ったおかげで、みんなを動かすのがいちばん大変だって学んだし、連絡がいちばん時間かかるんですよね。

でもそれが会社や大人なんだってことを早く知れたから、ある意味それはリスクマネジメントなんですよね。期待し過ぎないことがリスクマネジメント。

今はとにかく平常心を作りたいと思っていて、競い合うっていうこともしたくない、自分の最高のパフォーマンスを発揮できるペースを守るためにやっているんですよね。

どうやったら人が動くかとかリマインドするかとかのノウハウもらったし、内定ももらって4年のこの時期にインターンを続けているのは、社会人になってからのリスクを潰している感じです。それができているのがSEEDATAの一番の価値ですね。

■SEEDATAに入るという選択肢はなかったのでしょうか?

Lの仕事ができるなら入ろうかなと思ったりしたこともあったけど、「新卒の同期と第二新卒とかの同期って全然違うから大事にしたほうがいいよ」と姉に言われたことがあって。それで同期がたくさんいて、レベル高い人が集まっているところを選択したかんじですね。

■SEEDATAを一言で例えると何ですか?

高速道路ですね。

「社会人て何?」「会社って何?」ってのをいちばん手っ取り早く知れたし、自分が将来地方の仕事をしたいから個人のスキルを上げたいと思ったときに、将来の夢に直結するんですよね。乗り降りも自由、内定先が決まっていても乗り降りできるんです。

■SEEDATAでインターンを考えている学生にエールをお願いします!

SEEDATAに入ると自分の好きなものが自分の武器になります。

私は高校時代からニュースサイトとかを見るのが大好きで、最新情報とかが好きなだけで終わっていたけど、ここに入ると未来の情報として活かせるようになって、仮説を構築しながらニュースを読めるようになったのは、本当に自分の武器になっていると思っています。だから、たとえば人間観察が好きな人なら、色んな人の思っていることやインサイトを見抜くのが得意という武器に代わるかもしれないです。

■ありがとうございました!

お話を聞いていて、SEEDATAが「高速道路」というたとえは、すごくしっくりときました。自分の好きなものを武器にして、周りよりも早く、自分のやりたい仕事にたどり着くことができる、それがSEEDATAのインターンの特徴のひとつですね!

株式会社SEEDATA的招募
Anonymous
Anonymous

本週排名

展示其他排名

Page top icon