1
/
5

前職で結果を残していた彼女が、転職を決めた意外な理由とは?

みなさんこんにちは!株式会社 BEYOND BORDERS人事の古川です。

今回はマーケティング職として活躍する名尾さんにインタビューしました!2社目として弊社に転職し、そこから2年でチームリーダーとなった名尾さんの過去や今の仕事などお伺いしたいと思います。

前職は何をされていたのですか?

 自動車業界で、システム販売の法人営業をしていました。入社きっかけは、社長と面談をした際にこの人の力になりたいと思ったんですよね。そこから、営業職として働き出しました。成果としては割とすぐに出た方だったんですよね。入社1年目の12月には社内で2位の売上成績をあげて、 表彰されたりしていました。


結果を出すためにどんな取り組みをされていたんですか?

 企業への飛び込み営業なども行ったんですけど、事前にしっかりと下調べをしてから行ったんですよね。だから、相手に合うような提案をしっかりとできていたのかなと思います。あとは、玄関の前で断れても、提案を書いた名刺を渡したりもしていました。


なぜ転職を考えたんですか?

 営業成績としては良かったのですが、同時に会社の悪い部分も見えてしまって。それで、営業のやる気がなくなってしまったんですよね。入社理由も、社長のために頑張ろうと思って入ったんですが、それも思えなくなってしまって転職を考え始めました。あとは、会社の雰囲気も少し自分にはあってなくて。ちょっと高級な食事とか連れてってもらっていたのですが、あまりそう言うのは求めてなくて。会社の価値観と、自分の価値観が合わないなって思ってました。


入社してみてどうでしたか?

 まず、びっくりしたのはルールがなくて自由だったけれど、業務が多いことでした。今は、社内の精度などが整ってきたんですけど、当時はそういった決まりがあまりなかったです。そのような環境の中で、仕事に対して熱量の高い若い社員とともに一緒に働いている中で、自分も頑張らなきゃって気持ちに徐々になっていったんですよね。打ちこんでやらないとやっていけないということもあって、周りの社員や仕事量に感化されて仕事をしっかりと頑張る人に変わってきました。

 仕事も、自分の実力のちょっと上のことを常に任されてきました。だからこそ、それに向かって勉強したり仕事をしてきて、ステップアップし続けられるといった実感はあります。入社してから、半年後には2人の部下が入社し、教える立場になりました。そのとき、いつまでも人の下ではいれないと思い、教えられるようにあたらめて勉強をしたりしました。インターン生も入ってきて業務を降らないといけない立場にもなりました。そんなふうに常に目まぐるしい日々ですけど、充実していますね。


雰囲気みたいな部分はどうですか?

 すごく自分には合ってるなと思っています。今でも覚えているんですけど、福岡出張に入社直後行ったとき、みんなで鳩が多い公園でのり弁を食べたんですね。そういうのがいいなって思って。なんかこの会社暖かいなって思った瞬間でした。安いお弁当を日向ぼっこしながら食べるのが楽しいと思う人には向いてると思いますね笑。

 普段の仕事をしている時でも、周りの人になんでも言えるのがこの会社の良いところだと感じています。前の会社だと、それがなかなか言えなくて、よく家族や友達に言って発散させていたんですけど、BEYOND BORDERSだと、上司や同僚の人に気軽に言えることもあって良い環境だなと思います。何を言っても嫌われないというかそういう不安が一切なくてアットホームだなと感じています。

本日はどうも有難うございました!

BEYOND BORDERSでは幸せつながる未来を創るために、積極的な採用を行なっています!ご興味のある方は、ぜひ気軽に話しましょう!

株式会社BEYONDBORDERS的招募

本週排名

展示其他排名