This page is intended for users in Hong Kong(Chinese (Traditional)). Go to the page for users in United States.

What we do

是非サイトをご覧ください。 http://birdman.ne.jp
BIRDMANは「Crazy ideas, Digital love」をスローガンに、クレイジーなアイデアを先端技術で実現するデジタルエクスペリエンススタジオです。 “まさか“な体験で驚きと感動を呼び、企業やブランドのコミュニケーション課題を解決したり、今までに無いサービスやプロダクトを生み出すことで世の中をより面白くして行きたいと思っています。 ソフトウェアからハードウェア開発を企画から制作までトータルに関わり、クオリティを追求したデジタル・エクスペリエンスを世界へ発信します。Cannes Lions ゴールド、OneShow ゴールド、Spikes Asiaグランプリ、ADFEST ゴールド、Clio Sports グランプリ、広告電通賞デジタル部門グランプリ、Code Awardグランプリなど国内外にて350 以上のアワードを受賞しています。Webアワードの権威Favourite Website Awardsにおいては受賞数世界27位。国内では日本一の受賞数を誇ります。(上記サイトのProfileを御覧ください。 https://thefwa.com/profiles) 人を楽しませたりわくわくさせたりする仕事なので、 自分自身が仕事も遊びも全力で楽しめることが重要です。 人を楽しませることが好きで色んなことにチャレンジがしたい方、 一緒に今まで誰も見たことがない体験を作ってみませんか? BIRDMANの様子やメンバーが見られるBlog公開しています。 http://blog.birdman.ne.jp

Why we do

社屋は自社ビルで、千駄ヶ谷小学校のすぐそばです
2階のワークスペースの様子(Photo: Takumi Sato)
CRAZY IDEAS, DIGITAL LOVE. これは私たちのスローガンです。BIRDMANは、クレイジーなアイデアを先端技術で実現する、デジタルデザインスタジオです。“まさか“な体験で驚きと感動を呼び、世の中を動かし、企業やブランドのコミュニケーション課題を解決していきます。ソフトウェアからハードウェア開発まで、さまざまな分野のスペシャリストがそろっているからこそ実現できるデジタル・エクスペリエンスを、世界へ発信していきます。 広告業界のメディアという概念がなくなり、「人」自体がメディアになっている今、人を楽しませたり感動させたりという事がとても重要です。だから自分たちが楽しんで作らなければ、ユーザーも楽しいわけがない。そういう事から私たちは自分たちが面白い/チャレンジしたいと思う仕事を中心にお受けするようにしています。 BIRDMANは東京とNYにオフィスがありますが、ここ数年で世界各国から問い合わせをいただくようになりました。クレイジーなアイディアや体験をここから全世界へ発信し、世界中の人たちの心を動かしたいと思っています。

How we do

▶ 案件はチームごとに担当 スタッフは現在36人。 ディレクター、デザイナー、そしてディベロッパーからなる2チームと、 デバイスとバックエンドを担当するチームに分かれています。 規模に応じて各チーム内で担当を決定し、 1案件につき4~5人、規模が大きいときには10人以上で担当します。 “その時、その場所でしかできない体験を創造する”ために、 常に新しい技術や表現を積極的に取り入れています。 自分のスキルの幅を広げるチャンスに恵まれた環境です。 ▶ 自由な社風と仲の良いスタッフ 社屋は3階建てで、1・2階がワークスペース、 3階は打合せスペースとBARスペースになっています。 晴れた日には屋上で仕事をしたりランチをしたり、 19時以降はビールを飲みながらの仕事も可能という自由な社風です。 スタッフの交流を目的として、 3階のBARスペースに設置されたピザ釜でピザを焼き、 みんなで食べる「オツピザ会」を開催。 趣向を凝らしたおいしいピザをスタッフが振る舞います。 スタッフには肉好きが多いので、屋上やテラスでのBBQも定期的に行っています。 毎年恒例の社員旅行では沖縄の離島へ行き、 ダイビング等のアクティビティをみんなで楽しみます。 ▶ New Yorkオフィスを開設! 2017年、NYにオフィスを開設し始動しています。NYという世界のトレンドの中心地に行けます(社員のみ/1回に1〜2名まで)。3ヶ月以内ならVisaも必要ないので、NYで刺激を受けながら仕事をリモートでしていただきます。家賃の心配も必要ありません。すでに会社でとても素敵なアパートを借りています。そう、飛行機代だけでNYに住めます。

Page top icon