1
/
5

安定した環境で育った僕がBNGに入社し、2年目でリーダーになれた理由

「一人に1つの志」

これはBNGのミッションで、志を持つ人を増やすことで日本や世界を元気にしようとする強い意思です。

志とは、「人生を懸けてでも成し遂げたいこと」

BNGはそんな志を決め、その一歩を踏み出せるよう、求職者と会社をつなげています。

「人生を懸けて、関わった人に付加価値を提供し続けます」と語る北爪 魁人さん。

入社から2年目で半期の成績は2位。リーダーにも抜擢され、着々と自身の志の実現に近づいていると言えるでしょう。

そんな北爪さんにどんな思いでBNGに入社し、どのようにリーダーになられたか、惜しみなくお伺いしました!

北爪 魁人(Kaito Kitazume) / エグゼクティブサーチ事業部 リーダー

2019年に株式会社BNGパートナーズに新卒入社。大学在学中から同社のインターンシップに参加し、インターン生ながら1日のアポイントメント獲得数で社内最高記録を樹立。大型案件の獲得を得意とし、今期も毎月売上を記録。同社2位の成果を上げている。

熱中できる環境で、「かっこいい大人」になりたい

ーーなぜBNGパートナーズを選ばれたのですか?

BNGに入れば、「かっこいい大人になれる」と純粋に思ったから。これはぼくの志でもあります。

就活をしているときに、あるベンチャー企業の社長さんが「どの企業でも、どんな環境でも自分は付加価値を発揮できる」というお話をされていて、それを聞いて「こういう人がビジネスの世界で生き残っていくんだ、かっこいいな」と思ったんです。

それで「かっこいい大人とは付加価値を与えられる人間だ」と自分の中で定義しました。そこから付加価値を与えられる人間になるためにはどういう会社に行くかを考えたときに、まずはベンチャー企業だと思ったんです。余談ですが、僕の実家はインフラ系の自営業をしており、控えめに言っても割と裕福な環境で育ちました。ですので、土日が完全に休みで残業もほぼないようないわゆるホワイト企業に行き、のほほんと生活をする選択肢もあったのですが、それ以上に「付加価値を発揮できる大人」への憧れが大きかったんです。

ベンチャー企業をいくつか見ていく中で、BNGを見つけました。説明会に参加したときに、代表の蔵元をはじめ、目指すべき「かっこいい大人」がたくさんいたんですよね。特に説明会を担当してくださっていた方の話が、単に会社の話をするだけではなく、その人のバックグランドを話してくれたり、参加してる学生への魅力づけが上手だったりとどんどん話を聞くたびに引き込まれ、まさに付加価値を与えられる人間だと思いました。

就活では大手企業も見ていたんですが、ここまでかっこいいと思える人たちには出会ったことがなかったです。こんな人たちがいるBNGなら、「最速で付加価値を与えられる大人になれそうだ」と感じて、入社を決めました。

かなり惚れ込んだのもあって、1回目の面接をした日に代表の蔵元に会い、「明日からインターンにいきます!」と伝えたのを覚えています。笑

ーーBNGに入るにあたって掲げた目標はありましたか?

「かっこいい大人になりたい」という思いはあったんですが、何かを達成したいとは特段思っていませんでした。どちらかというと何かに「熱中したい」と考えていたんです。

これも説明会に参加したときのことで、「ビジネスは今まで勝てなかった人でも勝てる可能性がある」という話を聞き、そのときに自分次第でいくらでも輝ける環境がBNGにはあるんだなと感じました。

自分が目指すロールモデルのような人たちがいましたし、自分次第でどこまででも成長できる環境がBNGにはあると気づいて、ここなら熱中できると確信したんです。

まったく成果をあげることができなかった地獄の4ヶ月間

ーー1年目は具体的にどんなことをされていましたか?

入社して2ヶ月ぐらいは、営業部で新規案件獲得の仕事をしていました。毎日テレアポをしたり、他社の開催しているイベントに参加して営業をかけたりしていましたね。

3ヶ月目に入ったところで、コンサルタント業務も兼任することになりました。両方の業務をこなしつつ6ヶ月目には、コンサルタントとして利益600万円超の大型案件を獲得することができました。

ーー順調に成果をあげていらっしゃったんですね!

そうですね、1年目の9月ぐらいまでは順調でした。ただそこからスランプに陥ってしまったんです。大型案件を獲得してから約4ヶ月、ほとんど成果をあげることができませんでした。

そのときは、何が原因で成果があがらないのか?などあまり考えられておらず、ひたすら無思考でKPIを達成させるような仕事をしていました。

これはBNGの特徴かもしれませんが、基本的には上司から仕事を教えてくれるということはあまりなく、自分から上司の時間を奪いにいき、相談を通して様々なことを学んでいくというのが一般的な流れとなっています。

ですので、スランプに陥っていた期間は上司の時間をとにかく奪うことを徹底していました。吸収するのに時間がかかってしまい、なかなかスランプから抜け出せずに苦しみましたが、「遠慮することなく上司の時間を奪い、相談すること」が特に無知である1年目にとって重要なことだと学びました。

4ヶ月間全く成果をあげれずにいた期間があり、そのあとは少し成果をあげてはまた結果が出ないという上げ下げを繰り返していました。完全にスランプを抜け出せたと言えるのは2年目の9月頃でしたね。

ーースランプを抜け出せた要因はなんでしょうか?

月並みな表現ではありますが、仕事の仕方が自分本位ではなく顧客に寄り添った仕方に変わったのが一番の要因だと思います。

スランプの時は「とにかく売り上げをあげたい」という思いがすごく強くて、自分のために仕事をしていたんです。なので、一つひとつの言動に顧客からの信頼を得れていなかったんだろうなと思います。

いまは自分本位な思いが限りなく0に近づくように、フラットな状態で顧客と話をするようにしています。経営者とは求職者を採用した場合の仮説をしっかりと立てて話をするようにしていますし、求職者とは会社に入ることが自身にとってどんな未来に繋がるのかを今までの事例を元にしっかりと話をしています。そのおかげか、今は提案の決定率など仕事の品質が上がり、非常に無駄がない、「本当に顧客に寄り添った仕事ができている」と感じています。

2年目で半期2位の成果、そしてリーダーに昇格できた理由

ーースランプを抜け出してからの成績はいかがでしたか?

7、8件の契約で2,400万ぐらいの利益をあげることができたんです。

この成績を出せたおかげで、リーダーにも昇格することができましたね。今後はまずは3人のチームメンバーを担当して、新入社員が入ってきたら5、6人ぐらいのチームを持つ予定です。

ーー3年目で5-6名のチームリーダー、、、すごいですね。そもそもなぜその成績を残すことができたのでしょうか?

自分のスタンスの変化が1番の要因です。以前はいちエージェントという意識が強く、KPIを立てて、その数字をひたすらこなせば成果はついてくると思い込んでいました。ですので、クロージングにほとんど時間をかけていなかったんです。

今はただの紹介屋さんといういちエージェントではなく、キャリアコンサルタントという意識を強く持つようにしています。経営者や求職者としっかりとコミュニケーションを取り、潜在的なニーズを深く理解した上で、最適解を示せるようになった点が安定した成果を上げれるようになった要因だと感じています。

苦しみ続けた期間があったのですが、そこでスキルやスタンスはかなり身について、今ではクロージングはほとんど失敗しなくなるまでになりました。この期間がなかったらいまの自分はいないと思います。

実力を求められる社会になっていくからこそスキルを身につけておく

ーー今後はどんなリーダーになりたいですか?

新入社員が再現性を持って成果を上げれるような教育のできるリーダーになりたいです。先ほどスランプに陥っていた話をしましたが、自分は新卒で入ってから苦労した期間が長いリーダーだと思います。

その分、新入社員がどういったところでつまづくかはわかってあげられるはず。ラッキーパンチではなく、なぜ失敗し、なぜ成功したのかの要因を語れ、再現性のある成果の出し方を教えていきたいですね。成果に極端なブレがない、いわゆる足腰の強いチームです。

最短ルートで新入社員が成果をあげて、チームとして、会社としてどんどん成長していければと考えています。

ーー北爪さんの今後の目標を教えてください

何かしら大きなことはやりたいと思っています。起業なのか、BNGで新規事業をやるのか、いずれも具体的なことは決まっていません。

ぼくは自分1人で勝ちたいという思いはそんなになくて、会社全体で勝ちたいという思いがあります。どんな環境になってもその思いは変えずに、メンバーを勝ちに導ける人材になりたいです。

ーー最後に就活生に向けて一言メッセージをください

これからの時代は、より個人の実力が求められる社会になっていくと思っています。会社に雇用されていても今までのように自動的に仕事が振ってくるのではなく、自分で仕事を取りにいくフリーランスのような働き方が会社員でも求められるはずです。

そういった状況で困らないためにも、何かしらのビジネススキルは身につけておくべきです。BNGは対峙する方々が経営者、事業責任者、トップセールスなどのハイレイヤー層となっているので、ビジネススキルを身につける上でこの上なく良い環境だと思います。1、2年必死に働けば、ビジネスマンとしてどこでも通用するスキルは手に入るはずです。

大企業を選ぶのももちろん悪くはないと思いますが、若くしてスキルを身につけるためにスタートアップやベンチャー企業を選ぶことを、ぼくはオススメしています。

株式会社BNGパートナーズ的招募
3 Likes
3 Likes

本週排名

展示其他排名