1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong(Chinese (Traditional)). Go to the page for users in United States.

【社員インタビュー】D2C企業で働くマーケターのやりがいとは

社員インタビュー第一弾はマーケティング部の横田さんにお話を伺います。

まずは簡単に経歴を教えてください

情報系の大学を卒業し、ネット系の広告代理店に就職しました。
その後、株式会社キューに入社しました。

なぜキューを選んだのですか?

以前、自分で物を作って売るという事を経験したのですが、その際、物の配置や少しの工夫で売れ方が変わることを体験しました。「物が売れる仕組みを作るということ」に興味を持ち、広告業界に興味を持つきっかけにもなりました。

その後、インターンシップ先で広報宣伝のお手伝いをさせていただいたのですが、
その時に知り合った方に”ネット広告”というものを教えてもらいました。
少額の広告予算でも運用する側のやり方で結果が変わるという面白さを知りました。

宝飾品の会社を選んだきっかけは「売りづらいものがいいな」と思ったからです。
生活必需品は、誰もがどこかしらのメーカーの物を購入しなくてはいけませんが、
嗜好品は "なくても生活できる物" です。
広告や宣伝の力で売れる状況を作れるという点に面白さを感じ、
せっかくやるなら売りづらいものを扱いたいと考えました。

高級商材のネット広告は一般的に、「ショールーム等への送客」という点に
力を入れるケースが多いのですが、
キューではさらに先の「ネットで購入する」というところに着地点を求めているので
その点も面白さを感じ、入社を決めた理由のひとつとなりました。

現在の業務内容を教えてください

現在、マーケティング部に所属しています。
インターネット広告の運用・調整・分析・レポーティングを主に行なっています。
また、フェアなどの企画の立案やディレクション、それに伴う提携先とのやり取り等も行なっています。

幅広く携わっている業務の中でのやりがいはどんなところでしょうか

以前は広告代理店にいたので、実際のお客様の声というのは少し遠い存在だったのですが、
今は小売りという業界に身を置いているので直接お客様の声が聞こえてくるというところでしょうか。
「ブリリアンスプラスに出会えて良かった」「ネット購入だけど店頭より良いものを購入できた」など、
お客様により良い情報を届けたいという想いがカタチになったと実感できる時にやりがいを感じます。



横田さんから見た「株式会社キュー」とはどんな会社ですか?

ひとりひとりの個性が活かせる環境があるなと思います。
会社としての色はあるので、もちろん前提としてそれに則ってやりますが、
ひとりひとりの意見や個性に耳を傾け、声を聞く文化が根付いているので、
やりたいことやチャレンジしたいことがあるのであれば
比較的自由にトライできる環境が整っているなと思います。

最後に、今後チャレンジしたいことがあれば教えてください

広告費というのはすごくお金がかかって派手で…というイメージがまだあると思いますが、
インターネット広告のテクノロジーが発達してきたことで
小さな会社やブランドでもたくさんの方に広められる可能性があると考えています。
ただ、広告と聞くと「邪魔なもの」と思われる方も多いと思います。
その一方で、発信してくれたからこそ知ることのできた「いい情報」も沢山あります。
テクノロジーが発達し、マーケティングにおけるフレームワークも多く存在していますが、
そういった枠にとらわれず、「お客様が自然と手に取りたくなる・体験したくなる仕組み」を
常に追求し、良いものを求めている人にストレスなく最短距離で届けられるスキルを
磨いていきたいと思います。

横田さん、ありがとうございました!

株式会社キュー的招募
2 Likes
2 Likes

本週排名

展示其他排名