1
/
5

「Visionにゴールはない」ベンチャー採用の最先端を歩み続けたいという想いを込めた新しいVisionとは?

「採用トレンドの変化スピードが尋常じゃない。ベンチャー採用においては特に速い」

これは、Potentialightの社内よく聞く言葉です。

とにかくベンチャー企業の採用トレンドは、非常に速いスピードで変化しています。このスピード感についていけないと、採用コンサルティング企業としては価値がないものになると思っています。


先日、Potentialightの新しいMissionについての記事をupしました。

このMissionを達成するために、どういったアクションをすれば良いのか?
Potentialightがどのような姿であればMission達成に近づくのかを代表の山根に聞いてみたいと思います!



こちら採用広報の3作目になりますが、私、Potentialightの採用広報担当の寳田です。
何度かPotentialightのnoteを見ていただいている方は、私のこと知っていただいているかもしれません(恐縮です)。



山根が話し始めました。

「Grow Up VenturesというMissionを掲げたのですが、そのMissionを達成するためには、取引社数がどれくらいで、どれくらいの雇用の数を生み出して、という数値的目標はある程度設定したのですが、
Potentialightの文化的に、数値を前面に打ち出すことはしていないのです。そのため、Visionは「状態」に置きたいと思っていました。」


「状態」というのは…?

「Potentialightという社名はベンチャー界隈の採用市場において、ある程度知名度が上がった実感値は増えてきました。また、Potentialightが持っているノウハウは日本に存在しないものであるともわかってきました。
つまり、今のPotentialightのアウトプットレベルの状態を担保し続け、且つ人数が多くなっていき、今の文化を担保し続けていればMission を達成できるスタートラインには立てると思いました。


これまでベンチャーに強みを持つ採用支援企業(notエージェント)が少なかったこともあり、Potentialightが作ってきた実績、ノウハウは日本においては希少であるということですよね。
私(寶田)はPotentialightで仕事をしていて、「とにかくゼロイチで新しいノウハウや仕組みを生み出しなさい」という話を山根からよく聞きます。確かに、これを数十名、数百名で続けていれば、Mission達成に徐々に近づけるのでないか、と思ってしまっています私。


山根は続けて話し出しました。

「もちろんMission達成は何十年もかかってしまうかもしれません。それくらい難易度が高く、ゴールがまだ見えてません。
ただ、一つ言えることは、ベンチャー採用市場の採用のトレンドが尋常がないくらい速いスピードで変化していることです。1年前のノウハウは今では通用しなくなっています。つまり、少しでも手を抜くとすぐに会社は廃れてしまうことを意味します。


ちなみに、ハイスピードで変化するPotentialightの主戦場でMission達成のためのポイントは何なのでしょうか?

“文化”だと思います。常にゼロからイチを生み出す文化、世の中にないノウハウを作り出す文化、新しいノウハウをアウトプットする文化。それがポイントになるはずです。トヨタさんもソフトバンクさんもZapposさんも根本的な強みは“文化”であると思っています。ノウハウは真似できても文化は真似をすることはできません。
話は少しズレましたが、そういった文化を担保し続けることを念頭として、新たなVisionを策定しました。」


「ベンチャー採用/転職のStandardをポテンシャライトに」



standardという単語がキャッチーですね…!

「僕はPotentialightを、常に採用トレンドの最先端を歩む集団にしたいと思っています。
先ほど申し上げた通り、ベンチャー企業の採用手法は日々アップデートをされ続けていきます。「今」の採用ベストプラクティスは「1年後」には廃れています。
そのため「ビジョン」にゴールはなく、常にベンチャー採用の手法/ノウハウにおいてはPotentialightがstandardを創っていく存在としてあり続けたいと思っています。」


なるほど、そのための「文化」形成が重要ということですね。今説明をしてもらった内容は「採用企業」に寄ったお話だと思うのですが、ここ最近開始したエージェント事業にも同じことが言えますでしょうか?

「はい、その背景もありベンチャー「転職」という言葉もVisionに含めています。
今後、ベンチャー企業の転職についても在り方が変わっていくはずです(ベンチャー企業に限った話ではありませんが)。まず雇用形態の在り方が変わっています。現時点であらゆる雇用形態に対応できていないエージェントは戦い方を変えるべきだと思っています。
また、WantedlyやGreenのようにエージェントよりも濃い情報を蓄積している採用媒体も生まれてきています。そうなるとエージェントの在り方も変わらないとならないと個人的に強く思っています。
労働集約型であり、且つレベルが低いエージェントには必然的に顧客は集まらなくなるのです。


山根さんは新卒から10年間、IT/Web業界でエージェント業をしていたこともあり、エージェント業に対しての在り方を変える、というMission/Visionも同時に見据えているのですよね?(私は採用コンサル事業部側ですので、エージェント事業部のほうはあまりタッチできていませんが…)

「今のエージェント業界の在り方には疑問を持っています。疑問というよりも危機感に近いかもしれません。Wantedly、Green、そしてリファラル採用の対等、またLAPRAS、Forkwell、FindyなどIT/Web業界の転職活動において、間違いなくエージェントは置いてかれています。
今後もHRtech系のサービスはどんどんリリースされるでしょうし、知識がないエージェントに登録して話をするよりは、適切な求人がレコメンドされる求人媒体からのご紹介のほうがマッチング度が高いと思います。
「そのため、僕らが主戦場に置いているIT/Web業界においては、転職活動者がエージェントを敬遠し出しています。
ただ、僕個人的な意見なのですが、どの企業に転職を決めるにしても、大体の方は信頼をしている人に相談をしますよね?つまり、人間は何かを決断するときに誰かのアドバイスを聞きたいはずなのです。
ですが、今はエージェントがカウンセラーを大量採用しているため、カウンセラーの質は低下している。そのため転職活動者はエージェントには登録しない。間違いなく悪循環です」


そこをポテンシャライトが革命を起こすということですね?

「革命と言うと話は大きくなり過ぎますが、エージェント離れが顕著に進んでしまっているIT/Web業界、そしてスタートアップ/ベンチャー領域において、Potentialightが圧倒的なクオリティを見せたいと思っています。詳細はまた別途話しをしたいと思うのですが、Visionにあるように、「ベンチャー転職のstandardをポテンシャライトに」したいのです。
つまりエージェント業全体のレベルをグンと上げる存在として在りたい。いや、むしろPotentialightのレベルをとにかく上げて、Potentialight以外は選ばないような存在になりたい。
今はまだ夢物語かもしれませんが実現できると思っています。
採用コンサルティングとエージェント業を兼務している企業もないですしね。そして僕の一番の強みはエージェント業ですしそう思っています。」


ありがとうございます。理解できました。

今回は、代表の山根にVisionについての話をしてもらいました!

PotentialightのWantedlyフイードはまだまだ続きます!
次回ごご期待ください!


<Potentialightにご興味をお持ちの方はお気軽にご応募ください!>

未経験歓迎!
新規サービスとしてスタートアップ向けの人事領域の支援 立ち上げませんか?
◆日本では稀?スタートアップ/ベンチャー企業向けの採用支援・転職支援に特化 ポテンシャライトは2017年3月の創業から、スタートアップ/ベンチャー企業向けに採用コンサルティングや採用支援を行なってきました。 さらに2019年4月のエージェント事業立ち上げに続き、現在は未リリースの新規サービスの企画開発を進めています。 (1)採用コンサルティング事業 シード期からシリーズA〜Cフェーズのベンチャーに特化し、採用コンサルティング/採用支援を行なっています。 経営課題から採用課題など課題のヒアリングからスタートし、採用計画立案・提案、採用手法選定、採用手法導入、実行、運用支援まで、採用活動全般に携わります。 (2)エージェント事業 スタートアップ/ベンチャー企業に特化したエージェント事業、また、また、スタートアップ/ベンチャーに興味がある求職者の方に向けたエージェント事業を行なっています。 これまで業界内でも成功を遂げた企業が非常に少ない、スタートアップ/ベンチャー企業領域に注力したチームを作っています。 また、日本のエージェント(人材紹介)において時に見受けられる、顧客最適でない非本質的なあり方に異を唱え、変革していきたいと考えています。 <参考> ポテンシャライトがスタートアップを志す10つの理由 https://www.wantedly.com/companies/company_137060/post_articles/291437 (3)採用管理システム事業(Opela) 「採用担当者の業務効率」と「候補者の選考体験」の両方を向上させる新しい採用管理システム。 ポテンシャライトが創業以来培ってきた採用の課題解決プロセス・ノウハウを、テクノロジーを​駆使したプロダクトに搭載することで​企業の採用課題の解決、採用力の向上を目指します。 ◆顧客のニーズをすぐにサービス化!課題起点でサービスラインナップを拡充し続けています 採用支援の現場における課題や顧客ニーズ起点で、随時新規サービスラインナップを考案してきました。 - 採用戦略設計 - 採用ブランディング - 採用広報 - スカウト支援 - SNS採用支援 - リファラル採用支援 - イベント企画運営支援 - 選考品質改善/選考官トレーニング - 入社者フォロー・オンボーディング支援 など など顧客のニーズに沿うことができない事は極力ないように、お客と一緒に思考をこらしながら新規サービスを随時生み出しております。 今後は「採用」のみならず、「人事領域全般」にも事業範囲を広げるつもりでおります。 <参考> [2021年度]最新の採用ブランディング項目「5P+CGM」という概念 https://note.com/potentialight/n/ne6047925e435 市場を「創る」ということ。 〜Entrance book(エントランスブック)誕生のヒストリー〜 https://note.com/ayumiii7/n/n32d23bcbb2ba ◆ポテンシャライトを現す5つの数値 (1)200社 ポテンシャライトが採用支援に携わった企業数 (2)85% ポテンシャライトの累計採用支援社数のうち、社員数100名以内の企業比率 (3)70% ポテンシャライトの累計採用支援社数のうち、シード期/シリーズA,B,Cの企業比率 (4)222 ポテンシャライトが執筆したnote・ブログ・記事の総数 ◆取引企業例 プレイド、ヤプリ、Repro、エブリー、17 Media Japan、リブセンス、クラスター、カバー、BitStar、Cygames、ミラティブ、マイネット、ユニファ、メルペイ、ヘイ、Nature、リンクアンドモチベーション、セブン銀行、東急など多数
株式会社ポテンシャライト
株式会社ポテンシャライト的招募
11 Likes
11 Likes

本週排名

展示其他排名
如果這篇文章引起了你的興趣,歡迎你到訪公司了解更多!