1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong(Chinese (Traditional)). Go to the page for users in United States.

What we do

CGの制作
VR/ARアプリケーションの開発
フィグニーはデジタルなクリエイター集団です。以下のような業務をおこなっています。 ・Webアプリケーションの開発 ・iOS/Androidアプリケーションの開発 ・xRアプリケーションの開発 ・ゲーム開発 ・CG/VFXの制作 ・2Dイラスト/グラフィック制作 ・静的Webサイト制作 ・IT/技術コンサル 今は受託開発の割合が8割、自社開発が2割程度のバランスです。 上記の通り非常に幅広い分野を取り扱いますが、少数精鋭でこなしています。 それぞれの分野に強い専門家が1〜2人づつおり、一人がやる範囲はお客さんとの仕様の打ち合わせから実装、テストまで幅広く、柔軟に対応できることがフィグニーの強みです。 こういった小規模の開発会社によくありがちな経営として、「社長だけ本社にいて営業専門、残りは全員SESとして出稼ぎに出ている」というのがよくありますが、フィグニーは経営の根本思想が違います。 「強い技術者組織を作るため」に経営しているため、ほぼ全ての案件が社内スタッフで賄われており、個々のスタッフの将来性を見越して、プロジェクトと技術の選定を行います。SESに出ているスタッフは1-2割ほどしかおらず、それも経験を積む目的で出ています。

Why we do

■1つはビジョンの達成のため 「リアル」と「バーチャル」の境界を意識しない世界をつくることが僕らの大きな目的の1つです。 なにか1つの製品で達成するのではなく、あらゆる業界のあらゆる製品に対してその流れをサポートします。 ■そのために強い技術組織が必要 ビジョンの達成には、インフラ、サーバサイド、ウェブフロント、モバイル、xR、様々な技術力が必要になります。そのために弊社の今の活動があります。

How we do

Mayaで作業中のCGデザイナー
OculusGo向けアプリケーションの調整中のUnityエンジニア
僕らは2020年7月現在でスタッフが25名おり、9割がエンジニアまたはデザイナーという、超開発に偏った組織です。 正社員、契約社員、業務委託、アルバイト等、契約形態は様々。 国籍も日本人、サウジアラビア人、バングラデシュ人など多様で、英語に強いスタッフがいます。 勤務場所も拘ることはなく、デバイスや機材の関係でオフィス常駐が必要なスタッフはオフィスに。自分で必要な機材を揃えられる人材はリモートでもOKで、必要なときに出勤してもらうといった柔軟なスタイルです。 年齢は21〜43までで、平均は28歳前後です。 性格はおとなしく物腰がやわらかい人ばかりですが、 技術志向、クリエイター志向で、PCの前に一日中かじりついています。 皆、同じ用に技術やデザインが好きで、また習得、向上していくことに快感を感じるタイプですので、同じようなタイプの方と相性が良いかと思います。