1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong(Chinese (Traditional)). Go to the page for users in United States.

スタートアップの成長を加速させる税理士法人<WARCが描くチャレンジする人のためのインフラ環境>


2020年6月5日、株式会社WARCはスタートアップ向けの税理士法人「WARC LIGHT税理士法人」を設立しました。

設立の背景や想いについて、WARC取締役の石倉、WARC LIGHT代表パートナーの新地、パートナー稲垣の3名に話を聞きました。

#プロフィール

株式会社WARC 取締役 Co-Founder 石倉 壱彦

KPMGを経て、2013年よりアカツキ経営管理部長、2014年より同社監査役として、同社の東証マザーズ、東証一部への上場に貢献。2015年に3ミニッツ取締役CFOに就任し、創業時からコーポレート部門の統括の他、事業の立上や組織設計の構築に従事。その後、WARCを創業し、取締役に就任。


WARC LIGHT税理士法人 代表パートナー 新地 皓貴

KPMGを経て、2014年アカツキに入社。経理担当としてIPO推進業務に従事。同社上場後は、経営管理・財務全般を担当。一部への市場変更対応を終え退職。2017年から個人会計事務所にて中小企業の税務業務に従事。2020年WARC入社。公認会計士・税理士。


WARC LIGHT税理士法人 パートナー 稲垣 強

司法書士事務所、国内投資銀行を経て、2014年KPMG税理士法人に入社。主にM&A、グループ内再編及び再生案件における税務ストラクチャリング業務・PMI業務に従事。2020年WARC入社。税理士、司法書士(有資格者)。

WARC LIGHT税理士法人について
スタートアップ・ベンチャー企業に対して、記帳代行(経理業務代行)、税務申告、税務相談などの会計税務顧問業務を提供するとともに、予算管理や資金管理など、クライアントのニーズに合わせて、経営管理体制の構築も柔軟にサポートします。
また、急成長の過程で生じるM&Aなどの高度な専門知識を要する税務上の課題について、Big 4税理士法人にてシニア・マネージャーを務めた経験豊富なメンバーによる高品質なアドバイザリー業務を提供することも可能です。

▼目次
1.これから求められるのは事業の成長を加速させる税理士法人
2.スタートアップならではの課題にこそWARC LIGHT税理士法人
3.スタートアップを支援するインフラを目指す

これから求められるのは、事業の成長を加速させる税理士法人

ー 「WARC LIGHT税理士法人」を新設した背景を教えて下さい。

石倉:急成長するスタートアップの事業加速に欠かせないのが、KPIの予実管理や資金繰り管理など、コーポレート部門におけるスピード感のあるオペレーションです。

私は、これまで数多くのスタートアップに関わってきました。事業の方向性や規模が変化するスピードが速いこの業界では、各成長フェーズに最適なコーポレート部門が構築できないことで、成長スピードにブレーキをかけてしまうことを身をもって知りました。

例えば、会社が急成長するフェーズで、更にアクセルを踏むことがあると思うのですが、その際に、経営管理側が、売上・コスト・利益、各KPI、資金繰り等々、これをすぐに把握できているか、それらのデータを元に将来の意思決定に対して、経営陣や事業側にどのようなアイデアやリスクを提言できるかで、成長のスピードは大きく変わっていきます。

私自身も、前職でCFOとして一番大切にしていたのは、事業成長のスピードを絶対に止めないという事です。

事業が成長し、組織も大きくなりメンバーがどんどん増え、事業への投資額も更に増えていく。一方で売上もアップダウンがあり不安定、キャッシュフローが一番読みにくいが、ここを乗り切れば事業のフェーズが変わるというタイミング。このタイミングは、事業全体は大きくなっているので、事業側のメンバーも成長している高揚感があるので、更に攻めるんです(笑)。

一方で、経営管理する側は、事業拡大によって増加していくオペレーション業務と、どんどん減っていくキャッシュと向き合うというタフな戦いがあります。事業側に常にKPIを確認し、いくら入金されるのか、コストがいくらかかって不測のキャッシュアウトがいくらあるのかについて、常に神経を巡らせます(夢にまで出てくるくらい)。

また、いつでもファイナンスができる状態を作るためにベンチャーキャピタルや銀行とこまめにコミュニケーションをとる。

キャッシュアウトを減らし、事業の成長スピードを止めてしまえば楽なのですが、経営陣や事業側が必死に頑張っている状況。この状況で、私が決めたのは、この勢いを絶対に止めない!そのために徹底的に事業と向き合うという事でした。

事業が回るためにどうするかではなくて、事業がより成長するためにどうすべきか、そこにコミットしようと。

その後、個人でエンジェル投資をさせていただける機会が増えたり、スタートアップの経営者と話す機会も増え、ボトルネックになる事は、やはり資金繰り問題が最も多いと感じています。

会社が小さいフェーズでは、CFOやコーポレート人材がいない事や、会社が急成長したタイミングで経営管理を疎かにしたツケが一気にきて、急に苦しくなる。

スタートアップは、最初にその手の数値管理を、顧問税理士にお願いするケースが多々あります。ですが、スピードとクオリティの点で、スタートアップの成長に対応できている税理士事務所は、これまでの経験上僅少でした。

そこへのもどかしさをずっと抱えていました。

専門性が世界の四大会計ファームであるBig 4レベルに高く、最先端のビジネスに対する事業理解も高く、スタートアップの泥臭さやスピード感を兼ね揃えた税理士法人が欲しいとずっと考えていました。

こういった想いを巡らせているタイミングで、アカツキで上場準備や上場後の成長を共に支えた新地さんと再会し、また、KPMG税理士法人でシニアマネージャーを勤めていた稲垣さんと出会いました。

新地さんは、KPMGあずさ監査法人出身で、アカツキの財務経理担当として上場準備に携わり、2016年3月の東証マザーズ上場(※) を経験しています。また、その後税理士事務所にて経験を積んだ、税務に強い会計士です。アカツキで、急成長する事業と組織を支えた人材であり、事業の理解度も高く、事業ファーストで支援できるプロフェッショナルです。

彼は、何より感情を大切にするエモさ全快のプロフェッショナルで、起業家にとって最高の支援をできる人材です。WARCで税理士法人を立ち上げようと考えた時、最初に顔が思い浮かんだのが彼でした。

稲垣さんは、KPMG税理士法人のシニアマネージャーとして、錚々たる大手企業を中心に、M&A、グループ内再編及び再生案件における税務ストラクチャリング業務・PMI業務に従事したタックス領域のプロ中のプロです。また、司法書士事務所、国内投資銀行の経験もあり、幅広い観点から、アドバイスできるプロフェッショナルです。

本当にびっくりするくらいの経験と知識があるので、私も常に勉強させてもらっています(笑)。

「この二人がいるなら理想の税理士法人ができる!」と確信し、お二人に私のビジョンを説明させていただき、「WARC LIGHT税理士法人」の立上げに至りました。

※ 2017年9月に東京証券取引所市場第一部に上場市場変更

スタートアップならではの課題にこそ、WARC LIGHT税理士法人

ー WARC LIGHT税理士法人との連携で、スタートアップ業界のクライアントはどんなメリットを期待できますか?

石倉:急成長するスタートアップを実体験ベースで深く理解している税理士と、Big 4でダイナミックに大企業の税務上の課題を解決してきた税理士がタッグを組んでいるのが、WARC LIGHT税理士法人の一番の強みです。クライアントの成長フェーズや事業の状況に応じて、臨機応変にバランスの優れたサービスをご提供できます。

稲垣:WARC LIGHT税理士法人は、代表の新地さんがコーポレート部門の経理担当として、実際にベンチャーでIPOを経験していることが強みの一つです。

一般的な税理士事務所、特にスタートアップが税務顧問を依頼するような中小規模の事務所では、事業会社のIPO経験者は決して多くないはずです。

他の事務所では難しいサポートでも、WARC LIGHT税理士法人ではご提供できる。それが強みになると信じています。

新地:アカツキではIPOに立ち会う機会に恵まれました。会社の急成長フェーズで次々と現れるコーポレート課題に向き合うことで、多くの成功と失敗体験を重ねました。「体験したからこその知見をクライアントの成長に活かせたら」という強い想いがありますので、価値のあるご支援ができるよう努めます。

アカツキのIPO時は、プロフェッショナルファームで経験を積んだ高度な専門性を持つ方々に何度も救われました。私たちWARC LIGHT税理士法人としては、事業会社経験を持ちながら高い専門性を発揮することで、クライアントに最適なサービスを提供していきたいと考えています。

Big 4税理士法人で、最先端の国際税務知識を要する大企業向けのタックスヘイブン対策税制や、外資系企業向けの税務デューデリジェンスなどを経験した稲垣さんがWARC LIGHT税理士法人にジョインしてくれたのは、非常に心強いです。

稲垣さんは網羅的な税務領域の知識・経験だけでなく、クリエイティブを求められるM&Aやグループ内再編における税務ストラクチャーの構築を強みとしています。稲垣さんと一緒に仕事をし始めてから、ストラクチャーを活用したタックスプランニングの構築力や提案力の高さに驚いています。税務だけでなく法務・会計・財務等多角的な視点でのアプローチができるのは、Big 4税理士法人だけではなく投資銀行や司法書士としての経験がある稲垣さんだからこそなんだと感じました。

今後はBig 4レベルのサービスを、WARC LIGHT税理士法人から、スタートアップへ提供できることにとてもワクワクしています。

稲垣:Big 4時代は、スタートアップにアドバイスをする機会はほとんどありませんでした。新しい時代を創っていくスタートアップを、これまで私が培ってきた知識・経験と、新地さんのIPO経験に基づく事業会社の肌感覚を組み合わせながら支援できるのは、私としてもとても楽しみですね。

石倉:これまでと観点は異なりますが、スタートアップの成長を支える上で、WARC LIGHT税理士法人が、クライアントの想いに深く共感できるエモさを兼ね備えているところも、欠かせない強みになってくると思っています。

今回代表を任せた新地さんとは、アカツキで一緒に仕事をしていましたが、彼がいつも、自分の感情にも他人の感情にも素直に真剣に向き合っていたのが非常に印象に残っています。時にそれは弱さになることもあって、彼には良く叱咤激励をしていましたが(笑)、そのピュアな感性があるからこそ、スタートアップの経営者の事業に対する想いに心から共感して、想いを実現するために必要なサポートのできる税理士法人を創っていけると確信しています。

新地:税理士法人設立について石倉さんと話している中で、「新地にしか創れない税理士法人があると思う」と言っていただいたときは、凄く嬉しかったし、是非それを自分らしく実現したいなと思いました。

私は、スタートアップの中でもビジョンドリブンな会社が好きです。

ビジョンやミッションが生まれた経緯やそのときの経営者の感情を自分事のように想像して感じてみると、自分の内側からエネルギーが湧いてきて……。その想いが実現した世界を想像して、ワクワクしてしまいます。

クライアントの想いに深く共感することで、「それをカタチにするために税理士法人として自分は何ができるんだろうか?」という本質的な問いを自分に投げかけながら、エネルギー高く日々の仕事に取り組みたい、と私は考えています。

稲垣:「クライアントの想いに共感しながら、クライアントとともにそれをカタチにする」そういう実績を積み上げて、多くのスタートアップに選んでもらえる税理士法人にしたいですね。

スタートアップを支援するインフラを目指す

ー WARCには事業の柱として、Co-WARC事業やM&Aアドバイザリー・サービス事業部、タレントエージェンシー事業があります。新設するWARC LIGHT税理士法人を含め、どんな事業戦略を描いていますか?

石倉:通常、スタートアップは会社を立ち上げた時に、どこかの税理士法人と契約をします。今回、WARC LIGHT税理士法人を設立することで、起業当初からWARCでトータルで支援し、成長を支えることができるようになりました。

WARC LIGHT税理士法人とCo-WARC事業は、クライアントの事業成長を税務と財務経理の面から支援。クライアントの組織が大きくなっていけば、タレントエージェンシー事業でプロフェッショナル人材を紹介することで支援。クライアントがM&Aを検討するフェーズになれば、M&Aアドバイザリー・サービス事業部がしっかり支援する。

このように、クライアントの成長に合わせて、同じベクトルでコーポレート部門の足元を固めることができるはずです。

今後もスタートアップを支援するインフラとなるべく、WARCでは支援体制の強化を進めていきます。プロフェッショナル人材としての専門性と、クライアントの事業に対する理解とコミットをもった人材を同時に携え、一気通貫での支援体制を構築したいと考えています。

ー WARCが支援する領域を広げる先に、どんな未来を描いていますか?

石倉WARCのミッションは「想いをカタチにできる世の中を創る」です。WARCの3事業を伸ばし、税理士法人にとどまらず今後も支援策を拡充することで、チャレンジする人が増えることを願っています。

「アイデアはあるが実現方法に困っている」「会社を経営するためのノウハウがほしい」「成長を加速するために資金調達がしたい」など、起業家には何かしらの課題が常にあります。WARCがその課題に向き合うことで、リスクをとってチャレンジできる世の中を創ることができたら良いなと思っています。

日本の成長のためには、スタートアップ業界の成長が欠かせないということは広く言われていますが、多くの壁や不安要素の存在によるチャレンジしづらい風潮に危機感を抱いています。

※ 経済産業省 制作一覧 新規産業・ベンチャー

新型コロナウイルス感染症の影響が、チャレンジする人に少なからず影響を与えている中、WARCがスタートアップを支援する役割を担うことで、チャレンジする人を全方位で支援できたらと考えています。

WARCがスタートアップのためのインフラになれば、チャレンジする人が増えて、いつしかマジョリティになる未来もあり得ます。

「WARCがあるから大丈夫」「起業したいからWARCに相談に行こう」と思えるような未来。まさに「想いをカタチにできる」世の中を、WARCはこれからも創っていきます。

\WARC LIGHT税理士法人では事業立ち上げのため採用を強化しております/

現在、事業立ち上げのため新しい仲間を募集中です。ご興味のある方はお気軽にエントリー・お問い合わせをお待ちしております!

税務コンサルタント
税理士法人立ち上げ|会計・税務領域の支援を行う税務コンサルタントを募集!
株式会社WARCでは、「想いをカタチに出来る世の中を創る」というミッションを掲げ、ベンチャー企業を中心とした成長企業のコーポレート領域を支援しています。 具体的には、以下の事業を中心に展開しています。 ・Co-WARC事業(コンサルティングサービス) ・M&amp;Aアドバイザリー事業 ・WARC Agent事業(管理系人材紹介) ・HR tech事業 <事業内容の詳細> #Co-WARC事業(コンサルティングサービス) スタートアップ、ベンチャー企業を中心とした成長企業に向けた経営課題の解決から、IPO支援、タックスコンサルティング、人事・組織変革支援等、あらゆる領域をオーダーメイドで支援します。 #M&amp;Aアドバイザリー事業 ベンチャー企業のみならず、グローバルに展開する大手企業やプライベート・エクイティ・ファンドまでも対象としたM&amp;Aのフルラインナップ・サービスを展開しています。 #WARC Agent事業(管理系人材紹介) 経営企画、経理、財務、人事、労務、法務、総務といった、コーポレート部門のプロフェッショナル人材の方に、急成長中のベンチャー企業の管理部門のハイレイヤーポジションを中心にご紹介を行っています。 #HR tech事業 「ヒト」「モノ」「カネ」全ての分野において、自動化・効率化されていない課題を、テクノロジーの力で解決します。
株式会社WARC
税務アシスタント
新しく設立したWARC LIGHT税理士法人にて税務アシスタントを募集!
株式会社WARCでは、「想いをカタチに出来る世の中を創る」というミッションを掲げ、ベンチャー企業を中心とした成長企業のコーポレート領域を支援しています。 具体的には、以下の事業を中心に展開しています。 ・Co-WARC事業(コンサルティングサービス) ・M&amp;Aアドバイザリー事業 ・WARC Agent事業(管理系人材紹介) ・HR tech事業 <事業内容の詳細> #Co-WARC事業(コンサルティングサービス) スタートアップ、ベンチャー企業を中心とした成長企業に向けた経営課題の解決から、IPO支援、タックスコンサルティング、人事・組織変革支援等、あらゆる領域をオーダーメイドで支援します。 #M&amp;Aアドバイザリー事業 ベンチャー企業のみならず、グローバルに展開する大手企業やプライベート・エクイティ・ファンドまでも対象としたM&amp;Aのフルラインナップ・サービスを展開しています。 #WARC Agent事業(管理系人材紹介) 経営企画、経理、財務、人事、労務、法務、総務といった、コーポレート部門のプロフェッショナル人材の方に、急成長中のベンチャー企業の管理部門のハイレイヤーポジションを中心にご紹介を行っています。 #HR tech事業 「ヒト」「モノ」「カネ」全ての分野において、自動化・効率化されていない課題を、テクノロジーの力で解決します。
株式会社WARC
オンライン経理アシスタント
完全オンライン対応|経理経験を活かす経理のオンラインアシスタントを募集!
WARCでは、イノベーションを起こしていくスタートアップから成長ステージのベンチャー企業のコーポレート領域を中心に、「コンサルティングサービス」「M&amp;Aアドバイザリー・サービス」「タレントエージェンシー」「投資」「HR tech」といった企業成長をアクセラレートするサービスを提供していきます。 ◾️事業内容 ◾️ <Co-WARC事業(コンサルティングサービス)> 経営課題から財務機能、人事機能、その他機能まであらゆる領域においてコンサルティングサービスの支援をします。戦略策定に留まらず、実行の支援、更には、モニタリングの体制構築など成果の創出の最後までサポートするのが特徴です。 <M&amp;Aアドバイザリー・サービス事業> 従来型M&amp;A支援とは異なり、M&amp;A戦略の立案からクロージング、更にはPMIまで一気通貫でサポートすることが最大の特徴です。コンサルティングサービス事業同様、M&amp;Aを経験しているメンバーが集まっています。 <タレントエージェンシー事業> コーポレート分野の人材紹介を専門としたエージェント事業です。各企業の成長フェーズを加味し、経営戦略や文化を深く理解することで、本当に必要で、活躍できる志のある人材の紹介が可能です。ベンチャー企業を中心に組織の成長に大きく貢献してきたヘッドハンターが揃っています。 <投資事業> 事業の魅力・成長性などを加味し、ニーズに応じて積極的に投資を推進します。 これらの事業が互いに補完しながら相乗効果を生み出し、ベンチャー企業の成長をサポートします。また、企業単位だけではなく、個人の「働く選択肢」を増やすようなプロダクトの開発も進めています。 <HR tech事業> 全く新しい転職・採用支援サービスの企画、開発、および運営を行なっております。求職者の課題に対して従来のIT技術と共に最先端のAI技術を駆使して解決してゆきます。
株式会社WARC
株式会社WARC的招募
6 Likes
6 Likes

本週排名

展示其他排名
如果這篇文章引起了你的興趣,歡迎你到訪公司了解更多!