1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong(Chinese (Traditional)). Go to the page for users in United States.

What we do

私たちは、インタラクティブ動画サービス「TouchSpot」の企画・開発・運営しております。 2017年よりインタラクティブ動画市場に参入し、CVR263%改善、視聴完了率86%、CPA76%削減など、今まででは「ありえない」マーケティング指標を、インタラクティブ動画によって達成しております。広告やキャンペーンのみならず、O2Oマーケティング、採用や研修、カスタマーサポートでの活用など多岐に渡り活用できるのが特徴です。 【タッチスポット社紹介 インタラクティブ動画】 https://touchspot.jp/products/portfolio/ 【弊社サイトURL】 https://touchspot.jp/ 【インタラクティブ動画「moobe」サイトURL】 https://moobe.jp/

Why we do

◯インタラクティブ動画への気付き 当社は、2014年より動画×テクノロジー領域で勝負しているスタートアップです。 2014年12月に、大学在学中にキャストが生放送で服を売るというライブコマースアプリ「SPICE」 を開発。16年10月にライブコマース市場より撤退。 ライブコマースアプリ事業提供時に、動画視聴時に商品の詳細情報やキャスト情報を多くTAPする行動が、多く見られ、この顧客の熱量をどこかのニーズに紐付けられないかと仮説検証して辿り着いたのがインタラクティブ動画事業です。 ◯市場の萌芽 ・全世界のマーケターの2%はインタラクティブ動画を活用しています。 ・インタラクティブ動画を活用しているマーケターのうち、83%は満足しています。 (出典:https://breadnbeyond.com/video-marketing/video-marketing-strategies-statistics/ 昨年の調査では、全世界のマーケターの2%が活用し、大多数が満足行く結果を得ています。 当社実績も鑑みても、「より深く理解を促し、次の行動につなげる」インタラクティブ動画は、今後のトレンドになっていくと我々は信じております。 背景には、通信制限の上限が増加したことにより、動画視聴が容易になり、toBにおいても積極的に活用できるようになったこと。そして、その動画視聴がスマートフォンでの視聴が主流であることです。スマートフォンでの視聴は、短時間での訴求が必要になり、短時間で伝達したい情報を訴求することが必要になります。そのため、尺のために情報を削る必要がありました。しかし、インタラクティブ動画では、ユーザが取捨選択できるため、短時間に伝えたい情報をフルに載せることができ、機会損失を無くします。そのため、伝達手段としての動画をアップデートするものとして、インタラクティブ動画が注目されております。 ◯波が来る前に沖にいる 私たちは、インタラクティブ動画市場にいち早く参入し、一貫して企画から制作までを請け負ってきました。そのため、広告やキャンペーンのみならず、O2Oマーケティング、採用や研修、カスタマーサポートでの活用など多岐に渡る事例と、CVR263%改善、視聴完了率86%、CPA76%削減など圧倒的な数値を計測をしております。時代が来る前に、沖にいる当社だからこそ出来る挑戦があると信じてます。 転換点に来ている今、一緒にインタラクティブ動画という新領域で挑戦出来る仲間を募集します。

How we do

◯価値観 ・勝ちにこだわる ・プロフェッショナルである ・仮説検証仕組み化 ・スピード ・言語化 ◯働き方 ・13時〜19時をコアタイムとしたフレックスタイム制度 ・(現状:フルリモート勤務) ・働きやすい形でのルール提言歓迎