1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong(Chinese (Traditional)). Go to the page for users in United States.

「単純」は正義だ

私の頭の中は、どういう訳か本当に単純に出来ています。他の人の頭の中を覗いたことはないので、これははたして私だけに起きているのか、全員そうなのかは見当もつきませんが。
どうしてそんな風に思うのか、その訳を今からお話させてください。

⚫︎「やらなきゃ」を「やりたい」に置き換えたら人生が楽しくなった

いつもnoteやTwitterを見させて頂いている、ゆぴさんという方がいます。彼女のツイートにやらなきゃをやりたいに脳内変換するとすごく楽になる!という内容のものがあって、試しに私もやってみました。

例えば、「明日の演技レッスンの練習しなきゃ」これを「明日の演技レッスンで絶対いい演技したいからその為に練習したい」に変えるんです。そうすると、自分でもびっくりするくらい楽しく取り組めるんですよね。言っている内容は全く一緒で、言い方が違うだけなのに「しなきゃ」を「したい」に変えただけで、すごく楽しくなってしまったんですよね。
「〜しなきゃ」この言葉って、マイナスなんですよね。ダイエットしなきゃ、とかもそうだと思います。今の私ではダメだ、これをしないと!みたいな意識が少なからずあると思うんです。それを「〜したい」にすると、今の私でも良いところはあるけど、痩せて可愛くなったらあの服着こなせるな!ってプラスに思考が働くんですよね。私も、ダイエットをするのに「痩せたらノースリーブ着こなしたいな!」と思いながらこの1か月程取り組んだら、本当にストレスなく痩せていきました。何をするのにも、これがしたいからやる!という目標があるともし出来なくても自己肯定感が全く下がらないし、落ち込まないんです。
例えば、休日に写真を撮りに行きたいと思っていたけど雨が降って行けなくなってしまったとします。きっと、多くの人は「残念だけど、仕方ない」と思うのではないでしょうか。それと似たような感覚ですね。だから、挫折もしないしストレスもたまらないで常に今を楽しく過ごせるようになったんです。

私はずっと、スケジュールをたてるときにこれをしなきゃ、と計画をしていました。それが全然上手くいかないんですよね。実際にやってみると、なんでこんな無理な計画を過去の自分はたてたのかななんて思ったりして。手段が目的化してしまうんです。きっとよくよく考えればちゃんと「したい」が潜んでいるはずなのに、それをすることが目的になってしまっているんです。結果的に全然達成出来なくて、それがストレスに感じてしまう。

もし、今毎日を「〜しなきゃ」と考えて行動している方がいたら、是非1度騙されたと思って「〜したい」を優先して行動してみて下さい!

PLAY株式会社的招募

本週排名

展示其他排名
如果這篇文章引起了你的興趣,歡迎你到訪公司了解更多!