1
/
5

リクルートからWUUZYへ、営業マネージャーが営業企画を経てスタートアップにチャレンジした話

初めまして!インサイドセールスマネージャーの安原(@yasutaku_sideb)と申します!
この度、2021年5月から株式会社WUUZYにJOINすることになりましたので、簡単に自己紹介させてください!
大学時代(神戸大学経営学部)▶リクルート時代▶今、の流れでお話しできればと思います。

◆大学時代

高校3年間は遊び続け、全く勉強をしませんでした。
ただ、なんだかんだ自分は大丈夫と超楽観的に過ごしており、気が付けば受けた大学全部落ちていました(苦笑)
奇跡的?に、一緒に遊んでいた友達全員受験に失敗し、全員で浪人。
大学生に対して謎の敵対心を抱き、アンチサークルを掲げ浪人中は1日16時間勉強しました。

・経営を勉強したい(大学卒業後、即社長になる気でした)
・お洒落な子がいそう

という理由で、神戸大学の経営学部に入学しました。
大学に入るも、謎の敵対心は抜けず、一緒の大学に入学した同級生とずっと一緒にいた(お前も大学生やろ、とツッコんであげたい)&みんなが友達を作っている際に、教習所に通っていたので、結果友達は出来ず、想像していたキラキラキャンパスライフとは、ほど遠い大学時代を過ごしました。
ほぼ授業に出なかったので、1年目の取得単位は6単位。寝てても10単位ぐらい取れると思うので、むしろすごいと思います。

ただ、そんな僕でも唯一マーケティングの授業だけは楽しみで、毎週出席していました。(経営学部と言っても、会計系の学部だと入学後判明・・・)
「どうして電動歯ブラシDoltzは売れるのか?」
「ファストファッションのZARAの強みとは?」
など、なんとなく今後にプラスになりそう、かつ、シンプルに授業自体も面白く、積極的に参加しており、この授業のおかげでマーケティング・PRに興味を持つようになりました。ただ当時の僕は、興味を持つだけで、そこから何か行動するわけではなく、興味を持ったことさえも忘れるぐらいバイトに没頭しました・・・(今このnoteを書きながら、そういえばぐらいで思い出した程度です)

そんな生活をしながらも、ついに3回生に。
もちろん単位は全然なかったですが、就活をすることになります。
元々、卒業後は何かで起業すると考えていたので、就活をする気はなかったのですが、たまたま知り合った方に
「一度どこかで勤めた方がいい、〇〇とか貴方に合うと思うよ」
と言われ、その企業を目指すことになります。
普通の就活は色んな企業の分析、自身の分析などを実施すると思うのですが、僕はその企業しか行くつもりなかったですし、なんとなく行けそうと勝手に思っていたので、その企業と万が一ダメだった時用に大手広告会社の2社だけ受けることにしました(ここはシンプルに広告業界モテそうという大学志望時と同じぐらい浅はかな理由です)
口下手ではなかったですし、大学時代自分で海外から個人輸入の仕事をしていたので、その話を中心に進めていき、無事2社とも内定。ここで本来なら超天狗になりかねないのですが、一つ問題が。もうお気づきかもしれませんが、卒業への単位が全然足りない(笑)
3年後期から1年半、取れる授業すべて取ってジャスト卒業だったので、一つも単位を落とせない状況で1年半過ごしました。周りに友達もいない(ずっと一緒にいた友達は早々に留年を決意笑)、1回生と一緒にまず大学に入ってから受ける授業を受けながら、アルバイトを減らして毎日登校しました。
1年半で約100単位ほどを稼ぎ、最後のテストを終えたとき、手ごたえあり。1週間後、卒業生発表の掲示板を確認しにいくと、なんと自分の名前がない・・・何かの間違いだと思い、事務局的なところに問い合わせると、衝撃の一言が。
「単位数は足りてますが、取る講義を間違えてます」
「・・・」
思わず言いました。それ半年前に言ってくれよと。
授業を申し込んだ半年前、もうこうなることは決まっていたのです。
この日を【第一回世の中の厳しさを知る日】に認定し、その1講義を取るために、さらに半年間通うことに。
もちろん第一志望の内定いただいていた企業の内定は取り消し。
まぁまぁ23歳の僕には過酷でしたが、下を向いていても仕方ないという性格だったので、今後どうしようか?と日々考えながら、残りの期間を過ごしました。ちなみに、人生の大きな分岐点であったことは間違いないですが、今の僕があるのも卒業できなかったからなので、後悔はありません。(商社マンとして港区女子とコンパしたかったという後悔はあります涙)

◆リクルート時代

卒業後は学生時代から2年ほどバイトしていたコールセンターでお声をかけて頂き、半年ほど社員として働いていたのですが、

・外回りがしたい
・もっと成長できる環境に身を置きたい

という気持ちから、まず営業を極めたい、営業を極めるのならば、THE営業会社のリクルートかなという気持ちで入社を決意しました。

飲食事業部の応募だったので、ホットペッパーグルメの営業をすることになり、大阪のとある繁華街のチームに配属されました。
入社した際に決めていたことが一つあり、

・初めはリクルート流をすべて真似ること

前職でも営業を2年ほどやっていたのですが、業績も結構よく、マネジメントも最後半年間やっていたので、まぁまぁ自信がありました笑
とはいえ、一から学ぶにあたり、その気持ちは邪魔だったので、初めの3か月はむしろ言われたこと以外はやらないぐらいの気持ちで走り抜けました。
1日100件の飛び込みは当たり前、毎日のロープレなど、新人期間の3か月で多くのことを学び、結果新規獲得件数では当時の大阪グループ内で歴代TOPを獲得、上々のスタートを切りました(キラッ)

営業スタイルとしては、キャラとは一転、超ビジネスライクな感じで、淡々としている感じでした。飲食店のオーナーの方との商談だったので、もちろんそれだけではうまくいかず、粘着性の高い営業も時には必要でしたが、僕はそのバランスが超絶で(自分で言うな)、社内の営業表彰でMVPを何度も獲得しました。営業に関してのnoteはまた追って書こうと思うのですが、

・元々人と話すのが好き
・ゴール(ご発注)に向かって物事を進めるのが好き

というのもあり、営業職は自分の天職だと思っています。

その後、その業績を評価して頂き、5名程のチームのリーダー任用、その1年後には、中途採用最速で一つの組織長として営業マネージャーを経験しました。
正直ここまでは超トントン拍子で、能力以上の業務を与えて頂き、日々刺激的な生活をしていたのですが、突然の東京への辞令・・・しかも、やったことのない企画業務・・・ただ、今までも分からないなりに、アジャストしながらやっていけたので、まぁ何とかなるかという気持ちで、東京に向かいました。

東京では、約300名のカスタマーサクセス組織の営業企画として、業務の設計・推進・人事・採用、と何から何まで任されました。
営業しかしてこなかった僕にとって、右も左も分からない、企画2年目の新卒の子よりも稚拙な資料(初めての資料はワードで提出しました笑)、
企画しても毎回「根拠は?」しか返ってこない・・・
ただ、なんとかこの環境に食らいつき、企画のスキルも身につけたいと思い、研修にも積極的に取り組み、日々勉強を重ねました。
その後、組織全体に新しい人事制度や、生産性の高める営業の取り組み、システム導入などを担当。特に、システム導入に関しては、元々固定電話回線を使い業務をしていたのですが、IP電話の導入を起案し、要件設計、業務フロー設計、導入企業の選定から、最後のオペレーション部分まで担当しました。
今までの企画案件は比較的影響範囲が社内に閉じたものが多かったのですが、今回ばかりはお客様とのやり取りに大きく影響するので、かなり大変、しかもコロナ影響でテレワークが始まるかも?となり、最後1週間はほぼ寝れない日々が続きましたが、組織全体に導入が成功すると、
少しは企画の仕事が分かってきたかな~とちょっと自分を褒めました。
そんな時、ふとこのままでいいのか・・・?と考えるようになります。
元々リクルートでは3年間で自分を磨き上げ、新しいことを始めたいという思いだったのですが、気づけばもう7年半。
確かにリクルートは意識高い周りのメンバーと日々切磋琢磨できる最高の環境だったのですが(辞めた今でも感じます)、将来起業するために新たな一歩を踏み出したいという思いが日々強くなっていきました。

◆なぜWUUZYにJOINしたのか?

実はWUUZY取締役の富永(@tomyeeeeee)とは、リクルート時代の同僚で同じチームでした。リクルート時代に、魅力的で刺激を受けた方が数名いるのですが、その内の一人です。とにかく、ゴールに向かって考えながら最後まで諦めず突き進む、非常に僕と似たマインドを持っており、仕事の話、プライベートの話、と本当に色々な話を仕事中でも飲みながらもゴルフをしながらもしていました。なかなか社会人になって親友に近い存在って出てこないですが、僕にとってはそういう存在になりました(本人は不明です笑)
先に彼がリクルートを卒業し、一社経てからWUUZYを創業。
元々2人とも大阪で一緒だったのですが、東京にも同じタイミングで異動しており、東京でも月1回飲み&ゴルフに行ってました!
そこでWUUZYの話を聞いており、初心に帰って一から営業をしている姿、様々な業種の企業様やエキスパートの方との会話を聞いていると先ほど書いた「このままでもいいのかな?」という気持ちにさらに拍車がかかっていきました。
転職を考えていた中、一から何をするかを考えました。
・もう一度営業を頑張るのか
・営業の管理職として探すのか
・全く違う畑に行くのか
など、色々考えましたが、結局営業が好きだったので、営業関連の仕事をしようと決意します。
色々チャレンジできる環境に身を置きたいな、と考えていた中、弊社富永からお声をかけてもらい、WUUZYのボードメンバーの皆さんとお話しする中で、

・「セレクティブな働き方」というVISIONに共感した
・BtoBの営業楽しそう
・スタートアップの経験を積んでみたい

この3つが沸き上がりJOINすることにしました。

◆大事にしていること

座右の銘は「攻撃は最大の防御なり」をずっと掲げているのですが、仕事するにおいて大事にしていることがあります。

・チーム、組織で戦うこと

実は、リクルートに入る前は、営業なんて自分がどれだけ頑張るかどうか、数字さえ上げればいい、周りなんて関係ないでしょ?と思っていました。
そんな気持ちで実はリクルートの別事業の面接に先に受けたのですが、
そんな感じで面接に挑んだのでボコボコにされました苦笑
リクルートってとんでもない会社だな!絶対行かないと心に誓いましたが、エージェントの方にそんな会社じゃないから、違う部署受けたらどうか?と言われ飲食事業部を受けることになりました。
そこで飲食事業部の面接の最後に質問しました。
「リクルートは個人プレー?チームプレー?どちらを大事にされてますか?」と。そしたら即答でチームプレーと答えられました。
なぜ即答されたのか、入社してみてすぐに分かりました。
もちろん個人の数字も大切なのですが、チームとして戦う、成長する、育成するという素晴らしい文化があり、全員共通として持たれていました。
そんな中でいると、僕も自然にそういった考えになっていき、誰かのために、チームのために、組織のために、(もちろん個人の数字は当たり前に大事です)日々業務に励むようになっていきました。

・何をするか?ではなく、誰と働くか?

今後働いていくうえで、ずっと大切にしていきたいですし、すべての関わる方に対し、プラスになるような人材であり続けたいと思います。

つらつらと長く書きましたが、読んでいただきありがとうございます!!
少しは、僕の人となりが伝わったでしょうか・・・?
関わる企業の皆様とも、もちろんWUUZYともチーム一丸となって、成長していき、少しでもプラスの人材でいるよう全力で頑張りますので、宜しくお願いします!!

株式会社WUUZY的招募
2 Likes
2 Likes

本週排名

展示其他排名
如果這篇文章引起了你的興趣,歡迎你到訪公司了解更多!