1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong(Chinese (Traditional)). Go to the page for users in United States.

働き方だけじゃない!サイボウズ100人100通りの学びの機会 ~営業本部オンボーディング研修編~

サイボウズは、ここ数年で従業員数が増加傾向にあります。

特に、営業本部には多種多様な業界から転職者が入社しており、IT業界での経験の有無、営業経験の有無も様々で、入社する時点でのスキルセットは、まさに 100 人 100 通りと言えます。

ただ、どれだけ豊富な経験を積んでいても、会社が変わるとなると覚えることはたくさんありますし、新たに習得したいスキルもあるかと思います。

そこで!様々な経歴をもってサイボウズに入社してくる方々が、入社後どのように業務に定着し、スキルアップを図っているのかご紹介します。


全社従業員数の推移 と 営業本部の非IT出身者の割合

▼ オンボーディング研修とは

新たに入社された方々向けに、組織のルールや文化、仕事の進め方、などにいち早く慣れていただくための教育プログラムです。

継続的に学べる制度・学べる文化

スキルアップするチャンスは、オンボーディング研修だけではありません。 サイボウズには、研修期間だけでなく、継続的に学べる制度・風土があります。

オンボーディング研修については、予め研修チームが決めたプログラムに沿って受講してもらう流れとなっていますが、それ以外については基本的には全て任意参加となっており、誰かから強制的に参加するよう指示されることはありません。 自分たちが業務を進める中で、「この知識を深めたい」「この苦手分野を克服したい」という気持ちが芽生えたら、“自ら勉強会を企画して開催する”というようなことが日々行われています。


研修・勉強会によっては、外部から講師を招くこともありますが、サイボウズには様々な経歴をもった社員がいるため、社員が講師となることもしばしば。 前職での経験を社内向けにアウトプットしてくれる社員が数多くいるため、その領域はもはや無限大と言えます。 自らのミッションや目標と照らし合わせて、補いたいこと・強化したいことがあれば、主体的に企画/参加ができる風土です。 (詳しくは続編にてご紹介いたします!)


・・・そうはいっても、入社して最初の研修の内容は気になるところかと思いますので、今回の記事では、オンボーディング研修についてご紹介いたします。


研修目標:入社3ヶ月で提案に必要な基礎スキルを身に着ける!

3ヶ月間のオンボーディング研修のゴールは、 入社3ヶ月後の提案独り立ちに向けて、提案に必要な基礎スキルを補うことです。 研修内容については日々ブラッシュアップをしていますが、3ヶ月間で以下のようなコンテンツをこなしていただきます。