1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong(Chinese (Traditional)). Go to the page for users in United States.

<社員紹介vol.8>再び心引かれて──ファーストペンギンでなければならないモノ

こんにちは!
ファーストペンギン人事部の金子です。

■“ファーストペンギン”とは?
群れで⾏動するペンギンの中で、
エサの⿂を獲るために⼀番に海に⾶び込む勇気あるペンギンのことを指します。
私たちの社名は、このペンギンのように
「困難な課題にも挑戦し、勇気を持って⾶び込む」という想い、
そして「ファーストペンギンな人を応援するサービスを創る」という想いからきています。

私たちのことを少しでも知ってもらうために、
ファーストペンギンな社員をどんどん紹介していきたいと思います!

vol.8はインフォトップサービス本部 営業部 SP(セールスプロモート)課の加藤さんです。


新しいことに挑戦し続ける──さらなる成長を目指して

ーー今回はインフォトップ事業部 営業部 SP課、加藤 光(かとう ひかる)さんです!
   加藤さんはファーストペンギンの中でも、ちょっと変わった経歴をお持ちですね。

そうですね…
実は14卒として入社した後に、一度辞めているんです。ありがたいことに、そんな自分をもう一度受け入れてくれたから、今があります。今は、SP(セールスプロモート)課の中で、アフィリエイターさんへのコンサルティングやセミナー集客や運営をメインに担当しています。


ーーでは、まずは1回目の入社理由から伺っていきましょう

幼いころからサッカーが好きで、サッカーライターになるために、紙面・Web記事の校正などを行えるインターンシップに参加してたんですが…実は新卒入社では、ライターにはなれないって言われて。
就職活動をリスタートせざるを得ない中で、なんとなくFPの説明会と座談会に参加してみたんです。当時、オフィスが渋谷にあったので「渋谷勤務っていいなぁ」くらいの感覚で。
その時に出会ったのが、当時は入社2年目の、今の上司なんです(笑)

社員の雰囲気が良いなと思ったのと、面接中に自分の良いところのフィードバックをくれて、評価してもらえたことが何よりもうれしくて、絶対入社しようと心に決めました。


ーーおぉ…!それで実際に内定を勝ち取った訳ですが、入社してみてどうでしたか?

まず配属されたのはコンテンツプロデュース事業部。
その後、リスティング事業部の立ち上げメンバーに抜擢してもらい、自社内アフィリエイト運営を担当していたのですが、アドマーケティング事業部と合併となり、広告運用を担当することに。
3年間で3部署を経験できたことは、自分としてはとても良い経験になったと思ってます。

ただ、4年目の時に、“大きい会社で働いたらもっと違う成長ができるんじゃないか”と考えるようになって…
ファーストペンギンでは成長が出来ないという訳ではなく、大手企業だとどんな仕事があって、どんな成長が出来るのかを知ってみたいと思ってしまったんです。


ーーそれで転職をした訳ですが、当時はどんな想いだったのですか?

自分で決めた転職なので、持てる力を出し切って、絶対に成長しようと決めてました。
新卒入社した時、もしかしたらそれ以上に、ガムシャラに働いていました。


ーー新しい職場で順調に働いている内に、加藤さんの中で後ろ髪ひかれる思いがあったからこそ、
   「もう一度」と考えたんですよね。当時の気持ちを教えてください。

福利厚生や仕事自体にはなんの不満もなかったんです。
でも、なんか居心地があんまりよくないというか…人が悪いというわけでは決してなく。自分に合う合わないというようなレベルで。

その時の上司とも何度も話して、ようやく自分が職場選びで一番重視するべきなのは、“一緒に働く仲間や環境 ”だと痛感しました。
自分らしく働ける環境って人それぞれだと思うんですけど、僕は上っ面で人と関われないタイプなんで(笑)。本音で話せる仲間がいるっていうのが自分に合っているなって。



自分の居場所の再確認──「一緒に働く仲間や環境」で引かれる心

ーー他の会社を見たからこそ、”何を大切にしたいか”が分かったんですね。
  そして転職活動をスタートして、ファーストペンギン以外の選択肢もあったんですか?

先輩の友人から起業したての会社で一緒に仕事しようと誘われたり、またイチから新しい会社でキャリアを形成するという選択肢もありましたよ。
ただ、もう一度ファーストペンギンで働きたいって気持ちが強かったです。


ーーそうだったんですね!でも、戻るというのは怖くなかったですか?

怖かったし、不安もありました。一緒に新卒で入社した同期に比べて1年のブランクがあるし、出世している同期もいたりして。
しかし、いろんな理由を挙げても「それでも働きたい」と思ったので、後悔は全くなかったです。

実際に、出戻ってきてからの方が、最初に入社した時や前に会社にいたときよりも、仕事にやりがいを感じてます。
以前、リスティング事業部でアフィリエイトをした経験があるからこそ、今、アフィリエイターさんの悩みに対して提案できる引き出しが増えましたし、前職で経験したマーケティングも生かせているので、以前よりも成長できていると実感しています。


ーーでは、最後にこれからの抱負をお願いします!

一人でも多くのアフィリエイターのサポートができるよう、やれることは全部していきたいです。
また、まだまだ発展途上で、これから参入し、戦っていくことができるアプリ事業なども挑戦はしてみたいですね。前職で培った知識も生かし、活躍していきたいです。

ーーありがとうございました!
   離れてみて、違う視点で見るからこそ分かることもあると思いますし、
   その時に戻りたいって思ってもらえるのは、会社として本当にうれしいことですね。
   加藤さんの活躍に引き続き期待していきましょう。


▼もっと詳しいインタビューを見たいという方はこちらをどうぞ!
https://www.pr-table.com/first-penguin/stories/31942

株式会社ファーストペンギン的招募

本週排名

展示其他排名