This page is intended for users in Hong Kong(Chinese (Traditional)). Go to the page for users in United States.

変化を楽しみながら、改善を積み重ね期待に応える〜MVP受賞者インタビュー vol.2〜

JapanTaxi下半期のMVPを受賞したメンバーインタビューを4回に分けて掲載していくこちらの企画。
第二弾は、CX部PSチームリーダー・岡田さんのインタビューです。

JapanTaxiに入社するまで

大学卒業後、SES企業に入社して大手金融会社で自社システムの開発・運用保守を経験しました。
その後、アメリカに語学留学に行き、在学先のインターンシッププログラムを利用してアクセサリー会社で働きました。物作りに興味があったためです。帰国後は鞄メーカーでものづくり・接客業を経験した後、障害者スポーツ団体の事務業務や切手の売買・販売会社など様々な業種を経てJapanTaxiへ入社しました。色々な仕事を経験してきましたが、顧客の立場になって仕事をするというのはどの仕事でも共通していましたね。

JapanTaxiのことは新卒で入った会社の先輩の紹介で知りました。
海外にいた時に配車アプリは利用していましたが、日本にもタクシーを媒体とした同じようなアプリがあることを当時の私は知らなくて、面白いことをしている会社があるんだなと感じました。

実際に会社の話を聞いてみて、「移動で人を幸せに。」というミッションを掲げ、新しいことにチャレンジしていく会社の風土に魅力を感じて入社を決めました。
また、今まで様々な仕事に携わりその中で様々な人・文化に触れてきましたが、「移動」というものは世界中で共通することであり、その在り方を変えていく・発展させていくということに大きな使命感や夢を感じたことも入社を決めた大きな理由です。

入社当時〜現在の仕事内容を教えてください

入社して面白いなと思ったことは、会社の規模が拡大していく過渡期だったこともあり、色々なことが形になるスピードが早かったことです。習うより慣れろという感じで、どんどん色々やらせてもらっていましたね。
また、エンドユーザー様からの声や目線を大事にして、開発チームに提案したものが目に見える形でスピーディに変化していくのはとても面白かったです。

この一年で規模が大きくなってきて組織化されてきた部分もあるので、役割が明確化され、実現しやすくなったこともたくさんあります。リソースが増えることで、今までできなかったことができるようになってきていると感じます。

今は、法人(タクシー会社様)向け対応窓口のチームリーダーとして、オペレーターやSVからのエスカレーション対応や問い合わせ内容を分析しています。
分析結果から現場の生の声や早急に調査・改修が必要なシステム・機器不具合などを関係部署に共有し、サービス・プロダクト品質の維持・向上に努める日々を送っています。

今回の受賞は岡田さんの当事者意識100%、最後までやりきる、といった姿勢が評価されての受賞でした。
社員からの声(投票コメント)を一部紹介します。
・どんなマイナスな事柄に対しても、お客様のことを考えながら真摯に対応しやりきっているため
・CX業務に加えて一般的には開発部の業務と言われるところまでやっていた
・お客さんのことを思いながら仕事をするナイスガイ


受賞されてどんな気持ちでしたか?

個人賞のトップバッターで表彰いただいたので、正直とても緊張しましたが大変嬉しかったです。
受賞した日はあまり実感が湧きませんでしたが、翌日に色々な思いが込み上げてきて、毎週提出している会社の週報にて受賞に関する感謝の気持ちを伝えました。入社してから自分がやってきたことを振り返ったり、今後の自分がどうあるべきかなども考える良いきっかけをいただけたと感謝しています。

仕事をする上で心がけていること、大事にしていることを教えてください。

最も大事にしていることは相手の立場になって物事を考えることです。
相手を理解する努力をしなければ、自分のことを理解していただくことも難しいと思っています。もちろん、相手を簡単に理解することはできませんが、理解しようとする姿勢は相手に伝わりますし、多くの人と仕事をする上で信頼関係を構築することはとても大事なことだと考えています。

特に私たちの部署にくるお問い合わせは、うまくいかない時・問題が発生している時のものが多いので、基本はマイナスからのスタートです。その時に、マイナスをいかに受け止めるかが大事で、受け止めた上で相手の立場になって考えることで、「何に困っているのか?、どんな背景があるのか?」が見えてきます。状況の理解に努めた上で、いかに求めている答えを返すことができるかを心掛けています。
お客様(タクシー会社様)の声に向き合っていると傾向が見えてくるので、会社として問題がある点を提言し、解決に向けて動くことを大事にしています。


仕事のやりがいと面白さを教えてください

JapanTaxiは変化のスピードがとても早いので、変化を楽しめる人には大変やりがいがある環境だと思います。他部署と関わる機会も多いので様々なアイディアが生まれますし、その実現に向けて行動するスピード感や開発力もあります。

また、会社の風土としても手を挙げる人にはチャンスや裁量を与えてもらえるので常に様々なことにチャレンジが出来るのも面白いと思っています。
待っていても何も変わらなくて、主体的に行動することで、できることがどんどん広がっていく会社だなと思います。

これから会社・サービスをどうしていきたいですか?

「移動で人を幸せに。」というミッションは、サービスをご利用いただく方に対して平等なものであるべきだと考えているので、アプリのグローバル化や障害者・高齢者向けにも力を入れて、サービスを良い方向に変化させていきたいと思っています。
名実共に「JapanTaxi」と称されるような会社にしていきたいですね。
また、変化していく過程での「お客様からの声」を真摯に受け止めて、新たなサービスなども提案していきたいです。

JapanTaxi株式会社的招募

本週排名

展示其他排名