1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong(Chinese (Traditional)). Go to the page for users in United States.

地方創生事業OKUTAMA+責任者 鈴木海斗(21歳)にインタビュー!

<プロフィール>

鈴木 海斗(OKUTAMA+統括プロデューサー)
ペルーと中国と日本のクォーター

17歳の時に友人と輸入物販で起業。事業を解散し、高校を卒業し就職。
最初に入った軽貨物の運送の会社は社長が捕まり倒産。
その後サービス業店長経験、南米のペルーに留学。
現在はOKUTAMA+事業部の統括として人生を変える出会いの場を提供しています。


早速、インタビューに入りましょう~


ーOKUTAMA +はどんなプロジェクトですか?

文部科学省の「みんなの廃校プロジェクト」がきっかけで廃校になった奥多摩町の中学校をJELLYFISHが受け取って再活用することになりました。今年一月から僕が事業責任者に就任し、廃校をホテル・撮影地・コワーキングスペース・イベントスペースとして再活用する「OKUTAMA +」というプロジェクトを始めました。現地に人を集めることで過疎化や、産業不足などの課題解決に取り組んでいます。今後はワーケーションという、「仕事」と「旅行」を組み合わせた事業展開をしようと計画中です。

(校舎からは、鬼滅の刃の主人公・竈門炭二郎の出身地である雲取山が望めます)


ー20歳でいきなり事業責任者に抜擢されたということですが、どのような経緯で就任することになったのでしょうか?

17歳の時に起業してキャリアの道を歩んできました。去年まで海外にいて、次何しようかと起業イベントに足を運ぶ日々を送っていました。そこで現代表取締役である田中と出会い、奥多摩町で廃校を借りているという話を聞きました。廃校を使った事業と聞いて、すぐに「面白そう!やってみたい!」とワクワク感で満ち溢れたことを覚えています。満ち溢れ過ぎて、まだ採用通知ももらっていないのに気づいたら奥多摩町の廃校に足を運んでいましたね。(笑)その熱量を見て、20歳の僕に事業を任せてくれたと思っています。


ーOKUTAMA +をどのような場所に作っていきたいですか?

「人生を変える出会い」を創出する場にしたいです。自然豊かな東京の僻地にあるこの共有スペースには人生を見つめ直している人、将来に迷っている人、起業パートナーを探している人など様々な思いを抱いている人が訪れます。なのでここでなければ出会えない人に出会えるというのがOKUTAMA +の魅力です。その出会いが子供の頃の純粋な「好きを追求する」気持ちを取り戻すきっかけになればと思います。そしてその人が自分の「好き」のために人生を生きようと決心する場になるならこれ以上嬉しいことはありません。

(Okutama+体育館)


ーどうして「人生を変える出会い」をOKUTAMA +のビジョンに掲げようと思ったのですか?

自分自身がこのプロジェクトを通して人生を変えるような出会いがあったからです。OKUTAMA +の一番最初の外国人訪問客が元シリコンバレーのエンジニアでした。一生を洞窟で暮らす夢を見たことがきっかけで仕事をやめ、夢で見た洞窟探しの旅をしている人だったのですが、僕はその行動力にすごく感銘を受けて。その行動力はどこから来るのだろうかと聞いてみると、その人は戦争を経験している方だったんです。一度「死」に直面したからこそ、生きているうちにやれることはなんでもやるという考えに至ったそうです。その話を聞いて、僕自身の考えが変わりました。

今までは何かやりたいと思った時にストッパーがかかってしまっていたのですが、死なない限りはやってみようと何かが吹っ切れました。せっかく日本という安全で恵まれた環境にいるのに挑戦しないのはもったいない。やらないで後悔するならやって後悔する方がいいじゃないか。

一度っきりの人生なんだから、本気で生きてみよう、そう思えるようになりましたね。



ーJELLYFISHを一言で表すとどのような会社ですか?JELLYFISHの働きがいや魅力について教えてください。

JELLYFISHは「個々の自立を大切にする自律型組織」です。いわゆるトップダウンの組織ではなく、自律型組織なんですね。なのでこの会社ではすべての人が主人公で、それぞれ成し遂げたい夢に対する熱い想いを持っています。そんな主人公同士がタッグを組んで事業を創出していくので、いつも新たなアイデアを共創していける環境ですね。現代表取締役の田中も会社の目先の利益よりも個々人の「やってみたい!!」という情熱を大切にしてくれる方で、最大限それを活かすためのフィールドを提供してくださってます。なんせ、社長が一番熱い存在ですからね。(笑)このような環境だからこそ20歳という若手の僕にも一人の責任者としてプロジェクトを任せていただけているんだと思います。




ー鈴木さんが思うJELLYFISHに求める人物像はどのような人ですか?

一言で言うなら「熱い人」です!!何か一つのものに情熱を注いだことがある人が向いていると思います。JELLYFISHのメンバーはみんな自発的なパワーに溢れていて、自らアイデアを生み出す力を持っていると感じます。「Expand Your Horizon」というビジョンに共感し、さらにそれを達成したいという熱い想いの持ち主を求めています!


ー今後の展望や夢を教えてください。

周囲にとらわれない「自分の軸」を持っている若者を増やしたいです。目まぐるしく過ぎていく日々を送っているうちに自分が純粋に好きなものが何なのか、自分が心から熱中できるものが何なのか、見失ってしまいがちです。ですが、自分の中の「好き」が真の人生の豊かさをもたらすと考えています。なので自分の中の情熱を自分の「好き」に注ぎ込める、そういう人をこのOKUTAMA +を通して増やしていきたいですね。



最後に、OKUTAMA+は通年運営メンバーを募集しています!

0→1のフェーズで生み出す楽しみができると思いますので、OKUTAMA+で皆さんを待っています!

株式会社JELLYFISH的招募
2 Likes
2 Likes

本週排名

展示其他排名