1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong(Chinese (Traditional)). Go to the page for users in United States.

《インターン生 インタビューVol.1》香川出身/京都産業大学在学/入社企業で活躍する為に!

《インターン生 インタビューVol.1》

【所属学生インターン生 プロフィールVol.1】

名前:佐野涼太(Sano Ryota=通称ジョニー)

大学学部 / 学年:京都産業大学経営学部 / 4回生

出身:香川県高松市

趣味 / 特技:音楽ライヴやフェスに行くこと / 3秒で寝ること

長所 / 短所:オサ役、補佐役 / 応用に弱い所

好きな言葉:継続は力なり

今まで一番の思い出:自転車で京都から愛媛までオールチャリで行ったこと

将来の夢:目指せ一千万円プレイヤー!!

【目次】

①生い立ちについて

②何故、京都産業大学経営学部を選んだのか

③営業インターンに参加しようと思った経緯

④今後のビジョン

①生い立ちについて


香川県の高松市で生まれまして、中高とハンドボールに取り組んでいました。中高時代は1匹狼で部活動の仲間以外とはあまり群れていませんでした。その為宿題やテストなども一人黙々と教科書やノートを見返して自分のチカラで乗り切ったタイプです!

高校時代の思い出で印象に残っているエピソードは、学校に苦手な先生がいまして


「先生の車をパンクさせて困らせてやろう!!」


と悪い友達と画策したことがあり(結果失敗に終わりましたが笑)、今でも思い出すと笑ってしまいます。また、部活動はハンドボール部に入っており、最後の試合では県内でも実力のある高校と善戦しつつも敗北してしまい、チームメンバーと涙を流したのは一生忘れられないと思います。

昔から家族間の仲が悪い方ではなかったですし、親には進学先やスポーツなどやりたいようにやらせてもらったので、自分の子供にもやりたいようにやらせてあげたい、という気持ちを抱いていました。

②何故、京都産業大学経営学部を選んだのか

正直な所、京産大しか受からなかったです!笑 当初は岡山大学や広島大学を考えていましたが「やればできるだが、やらないタイプ」だったので受験に失敗してしまいました。とにかく四国から離れて「自立がしたい」「一人暮らしがしたい」と考えていたので、いざ一人暮らしをすると


「飯を作るのがこんなにも面倒臭いのか!」


と衝撃を受けました。笑

関西の大学なので地元の友達ほぼいないですし、サークルやイベントなども大学が仕掛けているのではなく、自分から行かないといけなかったので、最初の一歩を踏み出すのが中々しんどかったです。

③インターンに参加しようと思った経緯

一番の理由は来年4月に入社する会社が営業会社なんですが、そこで営業マンとして活躍するためです!

コンサルの会社なんですが、そこに入社する前に営業力を鍛えたい!と思い応募したのが始まりでした。主に、社長に対して業務効率化や生産性向上に関する新規営業を行うので、電話営業や対面営業のスキル、ビジネス的な思考力を在学中に身に付けようと思いインターンの参加を決意しました。

また、インターンの面談をした際に営業力だけでなく、今後の次代を考えてWEBマーケティングについての知識を身に付けておけば、話のネタや提案できる幅も広がると思ったのも参加を決めた理由の一つです。

④今後のビジョン

まずは京都学生ラボで活躍できる営業マンとなり、入社する企業で活躍することです!

将来的には、稼ぐだけ稼いで、50代後半の元気なうちから、世界遺産見て回りながら仕事は不動産業界をそこそこ、という老後生活をしたいと考えています。

その為にもまずは、対面での営業力やビジネス思考を身に付け価値ある人間になれるよう日々取り組んでいきます!

まだまだこれから学ばなければいけない事や出来るようになりたい事など沢山ありますが、まずは自分自身の成長に向けて頑張っていきます!

京都産業大学経営学部4回生 佐野涼太

株式会社ランプ的招募
4 Likes
4 Likes

本週排名

展示其他排名
如果這篇文章引起了你的興趣,歡迎你到訪公司了解更多!