This page is intended for users in Hong Kong(Chinese (Traditional)). Go to the page for users in United States.

What we do

ポートフォリオサイトで実績を紹介しています。 http://www.marble-co.net/
Marble.co は京都を拠点にしたデザインオフィスです。 CI/VI、ブランディング、広報物などの印刷物や書籍デザイン、映像・WEBサイトなどあらゆる制作物のグラフィックデザインを行っています。 また、事務所に併設したカフェの運営も行っています。飲食店の運営実績を活かし、現在では国内外問わず他社のショッププロデュースなども広く手掛けるようになりました。

Why we do

松栄堂 薫習館 2018年に開設された日本の香文化により広く深く触れることができる香りのミュージアム。ロゴやメインビジュアル、ペーパーツールから館内サイン、WEBデザインまで一貫してデザインを担当しました。http://www.kunjyukan.jp/
DRIP & DROP COFFEE SUPPLY 自社で運営しているコーヒーショップ。ロゴデザインはもちろんメニュー開発、ペーパーツールのデザイン、ショップデザイン、WEBなどすべてのデザインをコントロールしています。 https://www.drpdrp.com
Design for Playing Marble.co は長井が大学院時代にはじめたオリジナル T シャツ販売からスタートしました。 そこからWEB制作、印刷物などのデザインへ領域を拡大、今では京都の老舗企業や学術組織、公共施設、エンターテインメント施設など様々なクライアントとお仕事させていただいています。 デザインを通してその価値を上げていく方法を、クライアントと共に考え、つくり出す。私たちはその提案力に自信を持っています。 一方で自分たちの憩いの場として cafe marble をつくり、 あるおいしいコーヒーとの出会いから、コーヒー専門店 DRIP & DROP が誕生。パティシエやバリスタといった食の専門家もスタッフに迎え入れました。 "Design for Playing" ― デザインの力で人を楽しませること、そしてなによりつくっている自分たちも楽しむことを大事にしているスタッフが揃っています。 クライアントもその先のユーザも、マーブルが生み出すワクワクの渦に巻き込んでいきたいと思っています。

How we do

オフィス 明るく開放的なオフィスでスタッフが連携しながらプロジェクトを進めます。
智恵光院 2F オフィスの下はカフェ。コーヒーブレイクも大切です。
・全員がデザイナー 現在デザイン部のスタッフは11名。うち秘書事務2名、PM1名です。 プロジェクトごとに2~4名ほどのチームを組んで担当します。 基本的にすべての案件はクライアントと直接やりとりをしていますので、打合せや立案、予算や納期のことも全員がこなします。 ・オフィスにカフェ併設 京都市内に2箇所の拠点(四条烏丸にある京町家の仏光寺オフィス/今出川にある智恵光院オフィス)を置いて活動しています。 どどちらのオフィスも1・2階部分で自社カフェ「cafe marble」を運営し、カフェスタッフとデザイナーがそれぞれの強みを活かしながら働いています。オフィスの地下には「DRIP & DROP COFFEE SUPPLY」の焙煎所を構え、京都市内ほかでいくつかの店舗を運営しています。店舗のコンセプト、内装、メニュー開発、ショップロゴ、グラフィックツール、オリジナルグッズ、WEBなども自分たちでデザインして作り上げています。 ・Kitchen and Stock ビルの3階には、アンティーク家具や雑貨のセレクトショップ「Kitchen and Stock」をオープンしました。自分たちで仕入れから販売までを一貫しており、ときには海外へ買い付けに行くこともあります。キッチンを併設しており、月に一度、仕事仲間やマーブルに興味がある人たちが集う「BAR桜子」を開催しています。社長がとっておきの料理を振る舞い、秘書の桜子さんがゲストをおもてなしします。この場から仕事が生まれることも。 ・まかない、あります オフィスの1階がカフェですので、コーヒーやスイーツをいただきながらカフェで打合せを行うこともあります。勤務時間内の食事代は全額支給されますので、昼食はスタッフみんなで食べます。オフィスに併設したテストキッチンで自分たちで料理をしたり、カフェスタッフがまかないを作ってくれる日もあります。社長がラテアートを描いてくれたりもします。 ・漫画で息抜き? オフィスの奥には大きな本棚をつくりました。デザインや食、ゲームや雑誌など幅広いジャンルの本がならびます。色見本や紙のサンプルもたくさん揃え、印刷のお仕事ではこれらの資料を参考に色や紙を選んだり、色校正のチェックを行います。<br>そしてマーブルでは漫画も読み放題です。新刊は発売日に本棚にならびます。 ・カニ祭り 毎年、忘年会と夏まつりを盛大に行っています。忘年会ではクライアントやスタッフの家族をお迎えして、カニをおなかいっぱい食べて飲んでおもてなしします。恒例のゲームコーナーでは、景品のオリジナルグッズをプレゼントして楽しんでもらいます。夏には、智恵光院オフィスから五山の送り火がとても良く見えるのでビルを開放してみんなで鑑賞します。 これまでの様子はこちら。 http://www.marble-co.net/m/blog/2015/02/post-173.html http://www.marble-co.net/m/blog/2014/09/marble-bldg-2014.html http://www.marble-co.net/m/blog/2013/07/2013-1.html