This page is intended for users in Hong Kong(Chinese (Traditional)). Go to the page for users in United States.

【社員インタビュー記事⑥】エンジニアから人事担当へ転身?! Mellow島田のキャリアチェンジストーリー。仕事とは“まだ見ぬ自分を探求する旅”である。

みなさんこんにちは、Mellow採用担当の長﨑です。

今回は、Mellowの初期メンバーであり、エンジニアから人事に異色のキャリアチェンジを果たした島田から、エンジニアと人事の意外な共通点についてインタビューします!


―今回は、元・エンジニア、現・人事担当の島田さんにキャリアチェンジのお話を伺いたいと思います。何がきっかけで、エンジニアから人事にシフトされたのでしょうか?

島田:一番のきっかけは、社内でコーチングの研修を受ける機会があり、コミュニケーションを学んだことでした。Mellowに限らず、価値観が違う人が集まる組織や集団の中で皆が気持ちよく働くためには、コミュニケーションが鍵になります。「良いコミュニケーションとは何か?」というのを皆が理解し、意図的に再現できたら、生き生きと働ける良い組織になるのではないかと思ったんです。

―人事の仕事内容というより、まずはコミュニケーション自体に興味を持ったのですね。

島田:はい。肌感覚としても、人がパフォーマンスを出せる瞬間はコミュニケーションによってもたらされると感じていたので、それを意図的に起こしたいと思いました。それから徐々に、エンジニアとして働きながら人事の仕事に関わるようになっていきました。私がMellowにジョインしたのは創業して2ヶ月のタイミングだったのですが、人事の仕事をし始めたのは、2年くらい経った頃でしたね。

―エンジニアと人事では仕事内容がかなり異なりそうですが、そのような兼業の形はMellowでは認められていたのでしょうか?

島田:そうですね。Mellowでは、いわゆる開発部や人事部というような“部署を設けない”カルチャーがあり、代わりにロール(役割)という考え方を取り入れています。組織や事業の中で、その人のロールは決して1つだけではありません。部署ごとに業務内容や裁量を分けるのではなく、目的に応じてそれぞれが自分のロールを果たすという働き方を推進しています。そのため、私としてはエンジニアを辞めたというわけではなく、今はコミュニケーションを最適化することで組織に貢献することに注力している時期という感覚でいます。また、Mellowにはマネージャーや部長などの肩書きもありません。個人が自立し、自走していける組織を目指しています。

―なるほど、ロールという見方は組織の中で本質的な考え方だと感じました。島田さんは、エンジニアと人事の仕事に共通する部分はあると思われますか?

島田:これは実際にやってみて気づいたことですが、「人の話を聞く」という点は共通すると感じています。エンジニアとして働いていた時から、ヒアリングはとても重視してきました。相手の話を聞きながら、「あなたの作りたいものはこういうことですね」と物事や概念を整理することが得意だったんです。

―たしかに、人事も人と話す機会が多いですもんね。島田さんのエンジニアとしての強みが人事にも生かされていると。

島田:経験が生きている実感はあります。その一方で、整理しきれないものに出会う瞬間も好きで、グレーなものに遭遇するとワクワクする自分もいます。人の頭の中は一概に言葉で言い表せない世界なので、私にとってはワクワクの宝庫です。その人のオリジナリティや感性というのは、一見同じように見えてもそれぞれ微妙に違っています。そんな微妙な違いに気づけた時はすごく面白いですし、もっと聞かせてほしいという気持ちになります。そういう意味でも、人事の仕事は自分に合っていると感じています。



―今後、エンジニアや人事以外の仕事もやる可能性はありそうですか?

島田:大いにあると思います。たとえば営業には、先方のニーズを聞きながら、こちらの要望もバランスよくミックスして、お互いWIN-WINになる落とし所を掴んでいくという側面があると思います。そのような動き方は、自分の強みや経験とリンクする部分がある気がします。また、私にとって仕事というのは、“まだ見ぬ自分を探求する旅”をしているような感覚があります。新しいことが好きで、まだ知らない自分の一面に出会うことに強い興味があるので、今までやったことがないことでも、巡り合わせやチャンスがあれば挑戦してみたいです。

―強みを生かしつつ、新しいことにもチャレンジしていきたい想いがあるんですね。

島田:はい。そして、そういった変化や挑戦の機会というのは、人と話す中で目覚めたりするものだと思います。コミュニケーションの中で、「自分ってこういうのに興味あったんだ」とか「これ、できるかもしれない」と自分の新たなリソースに気付けたりするんですよね。

―やはり、ここでも“コミュニケーション”がキーになるんですね。島田さんのモチベーションの源は、新しいものの“発見”ですか?

島田:発見に向かうプロセスがモチベーションになっています。分からないものに向かっていくプロセスの中で、私は一番パフォーマンスを発揮できるんです。だからこそ、TLUNCH事業が好きなんだと思います。フードトラックのプラットフォーム事業はステークホルダーが多く複雑で、簡単には整理できない現状があります。でも、どうなるか分からない複雑さが私にとっては“よだれポイント”なんです。先が見通せてしまったら、面白くない。もちろん、すべてがスムーズにいくわけではないですが、ずっとワクワクしながら仕事をできているのは幸せだと感じています。

最後に、、

ご清覧ありがとうございました!Mellowの組織体制は、「愛・信頼・自立」をもとに作られています。部署が存在しないということは、一見自由に見えるかもしれません。しかしその一方で、会社からのリクエストが抽象的な分、より「自分が何をすれば企業成長に寄与できるか」を自ら思考しなければなりません。「〜さんが言ってたからやった」なんて仕事、面白くない。会社の成長のため、自らが為すべきと思うことを為していく、それが今のMellowです。

株式会社Mellow的招募

本週排名

展示其他排名
如果這篇文章引起了你的興趣,歡迎你到訪公司了解更多!