1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong(Chinese (Traditional)). Go to the page for users in United States.

「12年間専業主婦」というキャリアの私が、メリービズで楽しく働き続けることができる理由

こんにちは!メリービズの中村です。メリービズに入社して、約1年3ヶ月が経ちました。今回は、入社するまで不安でしょうがなかった私が、今も楽しく働き続けられている3つの理由をお伝えしたいと思います。少しでも参考になれば、嬉しいです。

メリービズに入社するまでの私

私は、大学卒業後、日用品メーカーで輸入事務の仕事をしていましたが、約4年8ヶ月で出産を機に退職。その後、約12年間は専業主婦として過ごしていました。

夫の海外赴任に帯同していたこともあり、長いこと「働く」ことから遠ざかっていました。ただ、もともと、忙しくしている方が好きなタイプで、PTA活動やサークル活動には積極的に参加していました。

子どもの中学校入学のタイミングで日本に帰国。そこで、初めて「働く」ことを考えました。ただ、フルタイムで働くことはまったく考えておらず、まずは「週3日の自宅近くの事務職」を探し、ご縁があり業界団体事務局でパートタイムで働き始めました。

メリービズとの出合い

約4年間、事務局員として、ありとあらゆる対応をしているうちに、好奇心旺盛な私は、少し物足りなくなってきました。

「もっといろいろな仕事をやってみたい」、「自分を成長させたい」、「年齢的には今ならあともう1回なら転職するチャンスがあるのでは」という気持ちになっていました。
そんな時に出合ったメリービズ。

いわゆる職歴に書けるようなものがなく、何社も落ちていた私は、すがる思いで「なんでもやります」と面接で言っていました。(普通の会社だったら落とされているでしょう。)でも、熱意と性格の良さ?だけは伝わったのか、入社することとなります。

メリービズでは、その人の「得意を活かす」ことを大切にしています

メリービズでは、最初、展示会出展や営業事務のサポートから始めました。前職で展示会出展の経験があったことから、それを活かせる仕事から始めることができました。これは、とても大きな自信に繋がりました。
そこから、徐々に業務範囲を広げていき、今では、アドミニストレーション担当として、総務・経理・労務・オフラインマーケティングと、幅広く業務を受け持っています。

企業カルチャーとして、多様性・柔軟性のあるメリービズ

ところで、入社した当初は、長年主婦であったことから、働ける喜びがある反面、働くことの不安も感じていました。「何ヶ月続けられるか、1年もつか」という気持ちになる時が度々ありました。

そんな私が、もう1年以上もメリービズで楽しく働いていられるのには、理由があります。

まず、時短勤務や、有給休暇に対して、快く受け止めてくれる風土があります。時間の調整が利くところは、子どものいる私にはとても魅力的でした。

次に、信じて任せてくれる社風です。無駄な調整など不要、風通しの良い雰囲気で、全員が同じ方向を向いて全力で走っているイメージです。例えば、職歴上ではマーケティング門外漢の私にも、信じて展示会の準備を任せてくれました。その結果、今まで出会ったことがない、お客様との接点が生まれました。
年齢や性別など関係なく、やる気と頑張りで業務の幅を広げていくことができ、それを応援するカルチャーもあります。

最後に、業務の多様さです。まだまだメンバーの少ないメリービズ。1人が何役も担っています。それは、学びが多く、刺激的であり、常に好奇心を掻き立てられる組織です。

最後に

こんな会社、ワクワクしませんか?

「単なる主婦」で「バリキャリ」なんて目指していなかった私が、ひと回り以上も年下のメンバーと、毎日ドキドキワクワクしながら、仕事をしています!

私は、「主婦(主夫)でも、環境次第で頑張れることがある」ということを、ぜひ同じ世代の皆さんにお伝えしたいと思います。この記事をみて、一歩前進するきっかけにしていただきたいです。

メリービズ株式会社的招募
16 Likes
16 Likes

本週排名

展示其他排名