This page is intended for users in Hong Kong(Chinese (Traditional)). Go to the page for users in United States.

IT知識ゼロのインターンが売上施策まで考えるようになった話:就活生・藤井百子さんの場合


こんにちは!株式会社マイナースタジオが運営する女性向けメディアSARASでインターンをしている大里麻綾です。

今回は、2017年4月からSARASで学生インターンとして働いている明治大学法学部3年の藤井百子さんにインタビューをしました。大学では国際関係論ゼミと軽音サークルに所属している藤井さんがSARASでどのように働いているのか聞いていきます。

現在の業務内容について教えてください。



今は売上を伸ばす施策を担当していて、担当キーワードのユーザーの検索意図を様々な角度から分析しています。

SARASの記事がGoogle検索の上位に来るように記事の内容・構成の企画などですね。

新しく公開した記事も順位、PV数を追って改善とか修正を繰り返しています。

基本的に1人で仕事をして社員さんにチェックしてもらっています。競合を見てSARASに足りないものを考えるのは難しいけど楽しいし、ルーティンワークじゃなくて自分の頭で考えられるから飽きません。

SARASに入ったきっかけを教えてください


2年の春休みにサークルやゼミの先輩が就活している姿を見て就活に繋がることをしなきゃと漠然と思いました。働くことのイメージを掴もうと思い、バイトではなく長期インターンをしようと考えました。

Wantedlyを見ていても会社を決められなかったところにSARASからスカウトが来ました。募集内容を見て、女性の悩みの解決をしていることや給料が出ること、大学生インターンがたくさんいることを知り興味を持ったのがきっかけです。

入る前の不安や抵抗はありましたか?

PCやITの知識が全くなくて不安でした。でも面接のときに0から教えるから大丈夫だと言ってくれたので、不安はあったけど、頑張ろうと思いました。

実際に入った後も基本的なことからSEOまで丁寧に教えてもらえるので、今では全然抵抗ないし楽しんで出来ています。


SARASで学んだこと、成長したこと


色んな角度から物事を考えられるようになったと思います。今やっている施策もそうですが、記事編集でもこの記事がどういう人が読みたくて訪れているのか、これを検索した人はどういう情報が欲しいのかなど、ただ単に編集するだけでなく検索意図を考えられるようになりました。

あとは単純にパソコンが出来なかったけど、出来るようになりました(笑)

分からないときは、社員さんにヒントもらうことで新しい考え方や他の視点を持てるようになり、視野が広がったと感じます。

大変だと思うことは?

確実に順位が上がる1つの答えがあるわけではないのが難しいです。どうしたら順位が上がるのか、SEOや読んでる人の目線でどういう情報が欲しいのかを自分の頭で考えるのが大変です。だけどそれが楽しいです。

実際にインターンをしてみて働くってどういうことだと思いましたか?

自分に任された仕事が明確にあり、それに対して目標設定して達成するために能動的に行動するというイメージを掴めました。社員さんが働いている姿を見れるので、働くイメージがつきやすいです。

アルバイトのときは同じことの繰り返しで作業になっていたと感じます。

インターン経験を通して就活の価値観は変わりましたか?

今まではITに興味なかったけど、インターンをしたことで別のIT企業やWebメディアってどういうことをしているのか考えるようになりました。セミナーに行っても名前を知っている大企業より内容の知らないITの企業に行ってその話を聞くようになりました。

SARASがきっかけでITとかWebメディアも面白そうだなあと。選考が早いので今のうちにたくさん見ておこうと思いました。SARASやってなかったらITとかWebメディアに興味なかったかも。

インターンをしていて楽しい瞬間とかワクワクする瞬間ってどんなときですか?

自分が編集した記事が上位に来たり順位が上がっていたりすると嬉しいですね。

始める前まではウェブを見る側だったので裏側を知らなかったけれど、SEOなどの編集をして記事があるんだって考えるようになりました。

他のサイトを見ても記事を楽しむだけでなく、ここを参考にできるなあとか編集目線で見るようになりました。

今までのアルバイトとの違いはありますか?

SARASの前は飲食店で接客をしていました。接客だとお客様の顔を直接見て対応していたけれど、今は顔の見えない不特定多数の悩みをウェブを通して解決するというのが大きいギャップでした。

見えないからこそ発想力や考える力を働かせて記事の改善に励んでいます。

アルバイトは働けないときに他の人に変わってもらうことが可能だけど、今は自分の仕事が明確にあるから働いているという自覚があります。社会に出てからもそういうのは必要だと思ったので始めてよかったです。

今やっている仕事も共有は出来るけど、この仕事を進めるのは私しかいないんだと日々感じます。

また、常にやることがあるから時間が経つのが早いですし、自分のペースでできるのもありがたいですね。


サークルや授業との両立はできていますか?

全休の日にシフトを入れているので、授業やゼミにも支障はありません。

またシフトが自由なので夕方までSARASで働いて、そのあと友人と遊んだりサークルに行ったりできるので良いシステムだと思います。

シフト自由で融通も効くので長く続けられそう。月に最低32時間なので忙しくても続けられるのも嬉しいです。

藤井さんから見た社内の雰囲気は?

入った当初はメディアとかSEOとか慣れないなあと思っていたんですけど、社員さんも積極的に声かけてくれたり大学生インターンも多かったりと、コミュニケーションを取りやすい環境なので良い雰囲気だと思いました。ランチとか飲み会の機会を積極的に取り入れてくれるから別の大学や学年のインターン生とも仲良くなれて良かったです。ITとか最初怖いと思っていたんですけど、いっぱい話しかけてくれるしフレンドリーで堅くなく優しいですね。バイトと違ってこういうことをしなさい!とかもないし楽しいです。

お酒大好きだと聞きましたが普段どれくらい飲みますか?(笑)

あまりたくさんじゃないけど、飲み会が好きです(笑)ウーロンハイが好き。普段の業務が違う人とももっと話したいですね!


私生活とSARASでの違いやギャップがあれば教えてください。

あまりないかもしれないです。普段の自分のままで働けています。緊張せず和やかな感じで居心地がいいですね。

あと、飽きやすい性格で、飽きないうちにパッとやろうっていうのが作業とかにも出ているかもしれないです。ダラダラやるよりも常に新しい仕事をしているのが好きです。


今後の目標はありますか?

今は、自分がやっている施策でSARASの記事がGoogle検索の一番上に表示されるように頑張りたいです。仕事を積み重ねていき、SARASをもっと多くの人に見てもらえる有名なサイトにしていきたいと思います。

最後にインターンを始めるか迷っている人にPRをお願いします!

メディアやITに抵抗ある人もいると思います。知識がほとんどなくても始めてから学ぶことや楽しいこともたくさんあるインターンなので、ほんのちょっとでも興味があれば始めてほしいと思います。

SARASでは、編集・マーケティングインターンを募集中!!

インターン詳細はこちら → https://www.wantedly.com/projects/167144

株式会社マイナースタジオ的招募
14 Likes
14 Likes

本週排名

展示其他排名