1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong(Chinese (Traditional)). Go to the page for users in United States.

<メンバー紹介vol.4>大切なのは「行動×諦めない精神」独学でもエンジニアになれます!

こんにちは

ミラスタ採用担当の大西です!

またまたミラスタのメンバー紹介をしていきます。

今回は「 村上 鷹介 」 さんです!

村上さんは某メーカーの設計からエンジニアになったというキャリアを持っています。

それでは、早速メンバー紹介いってみましょう!

エンジニアになろうと思ったきっかけは?

私は数年前からプログラミングに興味を持っていました。

プログラミングと言えば、専門性が高く、初心者では到底手をつけることが出来ないというイメージがどうしても強くあり、私自身もプログラミングの学習は諦めておりました。

しかし、最近では小学校からプログラミング教育を必修化するといった内容のニュースが報道されるようになり、世の中の風潮に後押しされるような形で、私自身もプログラミングを学習し、エンジニアになろう!と決断しました。

また、私は前職では設計を担当していましたが、何かを初めから設計するというクリエイティブな仕事というより、正直なところ単純な作業ばかり。

何かスキルや能力といったものが身についているのかも疑問に思うようになり、自分はこのまま今の仕事を続けて良いのかと不安な日々を送るばかりでした。

そこで、ネットや本などで色々調べました。

エンジニアになれば、現場で必要なスキルを磨くことができ、私が求めていたクリエイティブな職でかつ、ダイレクトにモノづくりに関わることができる!と確信し、これもエンジニアになるきっかけでした。

ここまで読んで頂いて、なんて単純な理由なんだ!と思う方がいらっしゃるかもしれません。私自身もこんな単純な理由で決断して良いのかと悩んだ時期がありました。

ですが、

自分の中で何か変化を起こさなければならないこと。※自己啓発でよくありそうなことですね!

プログラミングも教育現場で必修化される流れがあり、今後英語と同じように世の中でも当たり前にプログラミングスキルが必要になるため、学習していても絶対に無駄にはならないということ。

プログラミングスキルは必要だと思っていても、そこでプログラミングを学び、エンジニアになることを決断して動く人は意外と少ないので、思っているだけではなく、行動に移せた自分は一歩進んでいるんだ!ということ。

以上の3つを自分の中で思い続けて、ポジティブになれました。

ミラスタを選んだ理由は?

私が初めてミラスタの勉強会に参加した時、プロジェクトでの仕事ぶりや体験談などをミラスタ社員の一人一人がお話してくださりました。また、私のタスクで分からないところがあれば、相談にのってくださったりと対応が丁寧でした。

また、一人一人のモチベーションも高く、ここであれば私もスキルをしっかりと身につけていける!と確信したので、ミラスタを選びました。

どのように勉強していたのか?

言語は主にRubyを勉強していました。

あとは、フレームワークを使用しておきたかったので、Ruby on Railsチュートリアルをやり込んでいました。

私の場合は、やはりプロジェクトに入ると自分で問題を解決していく能力が問われます。

今は無料でもネットの学習サイトを利用して簡単に学習を進めていくことができるので、特にスクールなどは通わず、書籍やネットの学習サイトで学んでいました。

不安だったこと・苦労したことは?

スクールに通わず、自分で学習していこうと決めたものの、やはり独学で学習を進めていくことは大変です。

プロゲートやドットインストール、書籍を用いて勉強する過程(インプット)では、一つずつ理解して進めていけます。しかし、いざインプットした知識を用いて機能を実装していくことは一筋縄ではいきませんでした。

Ruby on Railsチュートリアルを学習していた際は、そのままコピペして進めていけば確実に進めていける内容にはなっているのですが、スペースやカンマが抜けていただけでもエラーが出てしまう世界なので、骨が折れる作業が続くこともしばしばです。

ですが、諦めずやっていれば今まで解決することが出来たので、単純ですが諦めない精神が大切なんだなと改めて感じています。

楽しいことは?

やはり、エラーが解消された時や機能が思ったように実装できた時は、なんとも言えない達成感があります。

それを楽しみに今もプログラミングは学習しています。

Ruby on Railsチュートリアルを最後までやれば、Twitterのようなアプリが出来るのですが、自分でもアプリが作ることが出来る!といった自信も自然と湧いてきます。

今後はどのようなキャリアを描いているのか?

漠然ですが、何か自分でアプリを作ってリリースしたいという想いはあります。

特に人工知能の分野では、将棋や囲碁で人間に勝ったというニュースは記憶に新しいと思いますが、ものすごく感動した覚えがありますので、AI分野で活躍したいです。

さいごに

最後になりますが、プログラミングを学びたい、スキルを身につけたいと思っている方は、ネットの学習サイトでも何でも良いので、根気よくとにかくやってみることおすすめします!

やる気というのは、とにかくやらないと出てこないです。

人間には、現状を変えたくない、現状を維持したいという機能がどうやら備わっているみたいなので、プログラミングを学びたいが現状どうしようか迷っている、あるいは職を変えるのは不安だと思うことは、ある意味人間的に普通です。笑

普通なので自己嫌悪に陥らず、とにかくやってみましょう!

根気よくやっていれば、ランナーズハイのようにプログラマーズハイになれます!

ここまで記事をお読み頂き、ありがとうございました!

株式会社ミラスタ的招募
6 Likes
6 Likes

本週排名

展示其他排名