1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong(Chinese (Traditional)). Go to the page for users in United States.

理想の社会を描き、価値あるものを創り出す〜決済サービス「atone」が目指す、誰もが安心で安全な購買体験とは〜

こんにちは、ネットプロテクションズ(以下NP)広報担当です!2017年6月にサービスリリースした決済サービス「atone」。キャッシュレス化が全国的に推進されている現在において、「atone」が目指す世界、提供価値は何なのか。サービスの立ち上げ時から携わっている菊池にインタビューを行いました。

菊池 国行
2016年株式会社ネットプロテクションズに新卒で入社。1年目からサービス立ち上げ時のatoneユニットに所属し、EC事業者向け営業を担当。その後営業と並行して実店舗での決済機能の実証実験のための市場調査を行い、現在では営業だけではなくシステム企画をはじめとするサービスの事業設計も行なっている。

業界No.1の「NP後払い」で培った資産を活かした利便性の高い決済サービス

「atone」は、クレジットカードを普段使わなかったり使えなかったりする方たちに対して、安心で便利なキャッシュレス決済体験を提供しています。購買のタイミングでは現金が不要なので、とてもスムーズに決済することができます。また、後払いの仕組みを採用しているので、事前に現金をチャージしておく必要もありません。そのような決済体験をクレジットカードを使わずに提供することができるのが特徴です。

もともとNPでは「NP後払い」という業界No.1の通販向け後払い決済を提供しています。その事業で蓄積したナレッジを元に、会員登録をしていただくことでさらに利便性が高めたサービスが「atone」です。実証実験中ではありますが、通販だけではなく実店舗でご利用いただくことも可能です。

実店舗決済で「atone」を導入いただいている「GO TODAY SHAiRE SALON」というシェアサロンがあります。「GO TODAY SHAiRE SALON」はフリーの美容師に場所を提供し、利用者とのマッチングを行なっています。

もともと「GO TODAY SHAiRE SALON」では現金での決済に対応していましたが、現金集金や管理を行うための機械の設置や運用にかかるコストが大きく、店舗展開の拡大を阻害する要因の一つとなっていました。そこで「atone」を導入することによって低コストで集金することが可能になり、初期費用を軽減できたことが店舗拡大の一助となりました。

また、サロンでは当日にメニューを変更される利用者がいらっしゃり、手持ちのお金がない時に後払いで決済したいというニーズがあったんです。

「atone」を導入することで現金管理や集金のコスト削減や利用者の柔軟なニーズへのお応えすることができます。結果としてサロンの新規顧客の獲得に寄与しているとのお声をいただいています。このように、「atone」は加盟店と利用者の両方に価値提供ができるサービスなんです。

「atone」の強みは全ての機能を自社提供していること

一般的にスマホ決済では、取引時にはQRコードやFelicaなどのインターフェースが用いられ、支払い自体はクレジットカードやデビットカードなどによって行われるんですね。ほとんどのスマホ決済サービスは、このインターフェース部分のみの提供です。それに対し「atone」は、決済インターフェースはもちろんですが、支払いにおいては独自の後払いを活用しているので、インターフェースと支払いの両方の機能を備えたとてもユニークなサービスです。

これによって他のスマホ決済サービスとも競合にならず、支払い機能部分で協業することが可能なんです。あらゆる形でキャッシュレスを推進することができるのではと考えています。

新しい信用情報を創造し、安心で便利な決済体験を提供する

現在の日本における金融サービスにおける信用情報の決定は、勤務先や年収、学歴などの一面的なステータス情報で定義されています。そのため一部の方はクレジットカードの審査が通らず思うような購買行動が取れないことがあります。

「atone」が事業において目指しているのは、「すべての人々に対して確かな信用を付与することで、今よりも安心で便利な決済体験を提供する」ことです。ステータスに依存せず、「atone」における支払いデータをしっかりと分析する。その結果として、これまでのステータス情報や他の決済に依存しない、その人独自の新しい信用情報が創造されます。

事業ミッションを実現するために

事業ミッションを実現するには、「atone」を使うことができるお店がどれだけ多いかが重要になります。これに関しては、NPとwin-winの関係になれるアライアンス企業様との協業が不可欠だと考えています。さらにNPの基幹事業である「NP後払い」は41,500社以上の企業様にご利用いただいていいるので、それらの加盟店に「atone」を導入いただくことにも注力しています。

また「atone」を使っていただく方を増やすことも重要です。現在「NP後払い」は年間1350万人のユーザーがいますので、その方々に「atone」を利用していただくための工夫が必要だと思っています。ECにおいて「atone」でお支払いし利便性を感じていただけたなら、実店舗においてもお気軽に使っていただけるようになるのではないかと考えています。

atone事業部は、理想の社会を描くチーム

「atone」は事業として早いスピードで成長しており、新機能の追加やサービスの拡販がとても重要です。事業部としては独立しており、セールスやエンジニア、カスタマーサービス等の各機能ごとに主担当者が1〜2名いますが、それではリソースは充分ではありません。全社としても力を入れている事業であるので、その主担当者が中心となりNP社内の他事業部と連携して事業を進めています。

そのような背景からatone事業部で価値を発揮できる人は、ある領域に特化した深い知識を持ちつつ、全体を俯瞰して捉えることができるいわゆる「T型人材」の素養をもっている人だと思います。各機能部ごとに必要な観点を補いながら、経営者のように全体最適な意思決定を早く行うことこそが、「atone」をよりよいサービスにしていくことに繋がると考えています。

「atone」は世の中になかった新しいサービスであり、まだまだ成長の余地がたくさんあります。理想の社会を描き、何が価値があるのかを考えながら意思決定できる人にとってはとても楽しい環境なのではないでしょうか。

実際にatone事業部のメンバーは、全てのステークホルダーが幸せになるためにはどんな価値を提供するべきかを追求し、サービスの本質を考え続けています。今後さらに「atone」の目指す社会に共感できるメンバーを増やし、全員でその理想の実現に向けて突き進んでいきたいと思っています。

総合企画職※中途採用
経験不問。部署に閉じず全社横断的に活躍する、総合企画職募集!
私たちはCreditTech×ティール型組織で「次のアタリマエをつくる」ことを目指し、「後払い決済」という新しい仕組みをつくり上げてきたリーディングカンパニーです。 ■Credit Techとは 年収、学歴、勤務先などの一面的な情報に縛られない新たな信用をテクノロジーを利用してつくることです。人の信用力を適切に評価することで、これまでなかった「信用できる状態」を創出していきます。 ■NP後払いとは 後払いとは、ECなどで商品を確認した後に請求書で支払うサービスです。 未払いリスクの高さから絶対に成立しないビジネスモデルと言われていましたが、「まず、すべての人を信用してみる」という考え方で歩み続けた結果、今では1秒に1人、年間約5,000万人カスタマーが利用する社会インフラとなりました。 ■事業の展開 ここで培った収益基盤、事業ノウハウ、データを生かし、B2B決済、スマホ決済、そして海外へと領域を拡大中です。 さらに、今後は決済以外の事業領域にも展開を進め、「Credit Tech」のパイオニアとして人々の関係性が信用で溢れ、性善説で回る世の中の実現に向けて多角的なチャレンジを続けていきます。 展開事業 ●BtoC通販向け決済『NP後払い』   http://www.netprotections.com/ ●BtoB向け決済『NP掛け払い』   https://np-kakebarai.com/ ●BtoC向けカードレス決済『atone(アトネ)』   https://atone.be/shop/ ●台湾BtoC向け後払い決済『AFTEE』   https://aftee.tw/
株式会社ネットプロテクションズ
株式会社ネットプロテクションズ的招募
4 Likes
4 Likes

本週排名

展示其他排名
如果這篇文章引起了你的興趣,歡迎你到訪公司了解更多!