This page is intended for users in Hong Kong(Chinese (Traditional)). Go to the page for users in United States.

What we do

Noom Japanは設立5年以下のベンチャー企業。現在100名を超えるメンバーが在籍しており、今後更にプロフェッショナルなメンバーを増員予定。
また、主力アプリ「Noomコーチ」はGoogle trends 2019で3位に選ばれており、今後も更なる成長を目指しています。
Noom(ヌーム)は「行動変容を通じてすべての人々を手助けし健康的な生活を提供する」というミッションのもと、予防医療領域でテクノロジーを開発するNY発のスタートアップです。 Noomのアプリは全世界累計4800万DLを記録しており、なかでも主力アプリ「Noomコーチ」はGoogle trends 2019で3位に選ばれています。 ユーザーの記録に基づいて毎日の減量プランを提案したり、食事へのフィードバックを行ったりしながら、これまでユーザーを平均5kgの健康的な減量に導いています。 私たちは国際的に有名な学術誌(Nature and British Medical Journal1など)においても研究をし、 そのうちの1つは64%のNoomユーザーが体重の5%以上の減量に成功。糖尿病や他の症状のリスクを大幅に軽減できたという成果を発表しています。

Why we do

Our Mission 行動変容を通じてすべての人々を手助けし健康的な生活を提供する 私たちは世界中の人々の健康的な習慣作り、慢性的な健康問題のリスク軽減、そして人々の健康との関わり方をより強くする手助けをしています。 身体的にも、精神的にも、ウェルビーイングな経験を通して、より健康的な生活を過ごせるように心理学に基づいた独自のプログラムを提供しています。 Noomコーチプログラムでは、専属のヘルスケアコーチがあなたの目指すゴールの実現をサポートします。 世界中の人々がヘルシーな生活習慣を身につけ、健康につながる習慣を心から楽しいと感じてくれるようになる世界を創るために私たちは存在しています。

How we do

Noomで働くメンバーはとても個性豊か。企業に勤めているとついつい失いがちな”自分らしさ”を失うことなく発揮できる環境がここにはあります。
上のアバターは直接Noomで働いているメンバーたち。デザイナーが写真を見本に作成してくれました。
<わたしたちが大切にすること> 1. 学び、成長、透明性、自主性 Noomでは、メンバーひとりひとりが会社のビジョンと成功に深く関わりをもって仕事をしています。 それぞれの多様な意見が、Noomという会社、そしてプロダクトをより強固で良いものにしていくと信じています。 毎週金曜日に開催するTGIF(全体会議)では、全ての社員が集まり、その週に何があったかをアップデートします。 成功したこと、上手くいかなかったことなどを共有しお互いをサポート。完全な透明性を保つために、ヘルシーな議論が行われています。 2. グローバルコミュニティ、切磋琢磨できる環境 Noomで働く社員は国籍・バックグラウンドがとても多様です。社員の出身は世界11カ国から構成されており、米国本社以外にも日本、韓国に拠点を持ちます。 日々多種多様な国の優秀な仲間と切磋琢磨しながら、毎日新しいことを学び、成長できる機会があります。 日本国内においては、北海道から沖縄まで在宅ワークとフレックスタイム制度を利用して生産性高く仕事をしているメンバーが多く在籍しています。 3. Noom + Family = Noomily NoomではNoom社員たちの総称を「Noomily("noom+family"の造語)」と呼んでいます。 Noomilyの起源は、会社でありながら、「ファミリー」のような信頼関係を築いていこうという価値観のもと誕生しました。 社員同士の距離は近く、チームでワークアウトイベントやオフサイト(社員旅行)に出かけたり、社員同士の交流を深める機会を多く設けています。