1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong(Chinese (Traditional)). Go to the page for users in United States.

What we do

「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」をミッションに、表現と創作の仕組みづくりをしています。 6,300万MAUの「note」では、クリエイターが本拠地として各自のコンテンツを発表し、ファンと交流しています。 法人向け情報発信プラットフォーム「note pro」では、多くのひとが集まるnoteの街でメディアをかんたんにつくり、情報を届けることができます。「ブランディング」「リクルーティング」「ファンコミュニティ作り」「サブスクリプション」など目的はさまざま。届ける仕組みと充実したサポートで、企業がポジティブなユーザーとつながって関係を深めるお手伝いをします。 多彩なクリエイターや出版社と連携しているコンテンツ配信サイト「cakes」からは、多数のベストセラーが生まれています。 会社説明資料 - https://note.jp/n/ncdf97fd53291#7ifpk 沿革 - https://note.jp/n/n70114bdbbbc4 note - https://note.com/ cakes - https://cakes.mu/ note社公式Facebook - https://www.facebook.com/notecorp.official/ note社公式Twitter - https://twitter.com/note_corp

Why we do

代表取締役CEO・加藤貞顕
noteやcakesからうまれた作品
人々が本当に伝えたいことに専念できるようになるため。 インターネットの発展で、だれでも創作できる時代がやってきました。 創作のハードルは下がっていますが、続けることのハードルは高いままです。必要なのは、楽しく作り続けること、伝わるべきひとに届けること、それをビジネスにして生活の糧にすること。ネット上には、既存のメディア産業がもたらしてくれたような、クリエイター・メディア・ファンをつなぐエコシステムはまだ存在していません。 noteは、あらゆる人、あらゆる組織の、クリエイティブ活動を助け、続けていくための手助けをしていきます。

How we do

noteのミッション、バリュー
noteのオフィス(外苑前)
noteのメンバーは、以下のバリューを行動指針に、常に顧客への貢献を目指して行動しています。どんな課題に対しても当事者意識を持ち、前向きに楽しく問題解決する姿勢を求めています。 ・クリエイター視点で考えよう ・多様性を後押ししよう ・クリエイティブでいこう ・つねにリーダーシップを ・すばやく試そう ・おおきな視点で考えよう バリューに込めた想いはこちら https://note.jp/n/naa4bdbc5fb78 noteの社員noteまとめ https://note.jp/m/m24297b47f762 ※オフィス内全面禁煙(オフィス外にも喫煙所はなし) ※在宅勤務をベースとしたフレキシブル出社制度を無期限で導入開始しました。リモート勤務手当も支給いたします。 https://note.jp/n/nf0985293c654