1
/
5

【祝!登録者100万人突破】テイコウペンギン100万人達成までに頑張ったことを聞いてみました!

こんにちは、広報の堕天使です。

なんとこの度『テイコウペンギン』のYouTube登録者数が100万人を突破しました!!

テイコウペンギンYouTubeチャンネルはこちら


ブラック企業に勤めるペンギンが様々な社会問題と関わっていくYouTubeアニメ『テイコウペンギン』が、ファンの方々のおかげで、ついに100万人突破です…!

そこで、今回は100万人を到達した気持ちを『テイコウペンギン』のプロジェクトマネージャーである、まっきーさんだっちさんにリアルを赤裸々に語ってもらいました!

『テイコウペンギン』プロジェクトマネージャーに聞いた登録者数100万人を達成した気持ち

まっきーさん「ここがゴールというわけじゃないのですが、個人としてもチームとしても一つの目標として目指していた数字なのでホッとしています。」

だっちさん「どうしたら視聴者に魅力に思ってもらえるコンテンツにできるのか、実験と改善の繰り返しの中で、『テイコウペンギン』がついに100万人を突破しました!僕の中で入社してすぐに『テイコウペンギン』に触れることができ『テイコウペンギン』と共に成長を続けられることを誇らしく思います!これからより一層大きなチャンネル・IPへと盛り上げていけるよう日々頑張っていきたいです!」

『テイコウペンギン』というIPがここまで成長できたのは、実験と改善を繰り返した賜物ですね。ここがゴールではなく、まだまだ成長していく『テイコウペンギン』は今後も見逃せませんね。

これまでの『テイコウペンギン』

テイコウペンギンは、ブラック企業で働くペンギン・パンダとその上司が繰り広げるYouTubeアニメ。

『テイコウペンギン』がYouTubeチャンネルを開設した2019年1月。そこから約2年半の間に書籍「テイコウペンギン アニメBOOK」の発売や様々なコラボ動画も展開してきました!

『テイコウペンギン』で大変だったこと

ーー大変だったことはなんですか?

だっちさん「動画のサムネですね。いかに目を引くサムネってなんだっけ?って考えて失敗してたまに成功してってところですかね。制作に関わってくれているメンバーが素晴らしいものを作って、いいコンテンツが生まれたとしても、結局見てもらえないと意味がないので…。その役割を背負っているのは僕らなので、上手くどう改善させていくのか考えていくことが僕自身の中では大変なことかもしれませんね」

ーーやっぱり上手くいかないときもありますよね

だっちさん「これイケる!と思ったものでもなかなか再生数に繋がらなくて。良いと思ったものの何がダメだったか反省する中で、あー自分成長してないなっていう思うこともたまにあります。でもそこはポジティブに捉えたいところですね。」

まっきーさん「僕は、大変だったことは色々あるんですけど、プレッシャーが大きかったっていうのが一番あるかも。Plottは『テイコウペンギン』をきっかけに、その収益等で大きくなった会社ではあるので。

そこで入社して1、2ヵ月くらいでテイコウペンギンのPMの話をもらったんです。本来そういうことに挑戦したくて入社したっていうのもあったんで、嬉しさもありつつ『テイコウペンギン』がいかに会社の中で重要かを実感してきてからプレッシャーを感じてきて、その時期は結構プレッシャーもすごかったですね。しかも『テイコウペンギン』の既に完成した世界観に後から自分が入っていく状態だったんで、どうすればいいか自分の知見もあまりないまま手探りでしたね。」

ーーどんな時にやりがいを感じたりモチベーションが上がりますか?

まっきーさんいい作品ができるとモチベーションがあがるんですよ」

だっちさん「たしかに」

まっきーさん「企画から脚本から全部満足したものが出来ると早く公開したいなって気持ちになるし、それが反応いいとモチベーション上がりますね。各回ごとに、こういう気持ちになってほしいというメッセージがあるんで、ちゃんと伝わっていると嬉しいですね。『テイコウペンギン』のファンの方は暖かい人が多いと思ってるので、コメントを見て元気をもらうこともあります。」

だっちさん「僕はYouTubeの急上昇ランキング載ってる別のチャンネルやYouTuberの方のチャンネルを見て新しい刺激をもらったり、Plottの他のチャンネルが調子良いと自分もいい企画出したいな、チャレンジしていきたいなってところが、モチベーションを高める一つの方法なのかなって思いますね」

今後は更にユーザーとの接点を増やしていきたい

ーーなるほど。ありがとうございます!今後の『テイコウペンギン』のビジョンや目標も教えてください

まっきーさん「『テイコウペンギン』は結構雑学ネタ多かったりするんですけど、『テイコウペンギン』だけの魅力を尖らせていった企画でヒットさせていきたいなっていうのはありますね。ファンの方に満足してもらえるようなチャンネルにしていきたいなって。動画を出すだけじゃなくて、音楽を作るとか、SNSで何かをやってユーザーとの接点を増やしていきたいなと思いますね。100万人になってコラボとかも増やしていったり。」

だっちさん「殆どまっきーさんに言われた気もするんですけど、100万いったことで出来ることが更に増えるんじゃないかなって思いますね。YouTube外の動きも大きくなっていくんじゃないかなって。」

まっきーさん「ただこれまでのように動画を出すだけではなく、他のアプローチも出来るようになりましたっていうのが二人の共通意見。」

だっちさん「そうですね、共通意見!」

ーーYouTubeから横展開していくという感じですね。ちなみに『テイコウペンギン』チームってどんな雰囲気なんですか?

まっきーさん「雰囲気ですか?ゆるゆるですね」

だっちさん「ゆるゆるだと思いますね(笑)」

まっきーさん「ゆるゆるで括るのもなぁ」

だっちさん「そうですよね、楽してもいい作品って作れないので。」

まっきーさん「そうなんだよね、みんな頑張って作っているから。けど、堅苦しくないし、みんな自分の意見は主張できる。そこは分かち合えてるってことなんじゃないかなあって。こういう企画提案したら否定されるとかもなく、訳わからないところから企画が始まったりもするって感じなので」

だっちさん「ぽっと出たのがそのまま『いいじゃん』って認められるところはすごいあると思いますね。めちゃめちゃ笑う時間もあったりしますね。」

まっきーさん「空気的にはいい空気だと思う。メリハリもあると思ってます。」

個人の成長

まっきーさん「最初、僕が入社して『テイコウペンギン』を引き継いだ時、本当何も出来なくて。でも今は色々任せてもらえることも増えて、色々な経験が出来たなあって思いますね。そういうことを任せてもらえるのはPlottの魅力かもしれませんね。だって一番大事なチャンネルを入社して数か月の人に任せるって結構大変なことだなと。でもフォローとかケアをしっかりしてくれたし、色々挑戦させてもらったんで良かったなあと感じますね。」

ーーだっちさんは入社してみてどうでしたか

だっちさん「僕自身、テレビとか大きい媒体に憧れを持ってたんで、そういう点で数字持ってるチャンネルに携われたのは一つのやりがいになってましたし、成長していくチャンネルかつチャレンジする環境を与えてもらったのは良かったなと思います。」

ーーこれから個人としてもチャンネルとしてもどんどん成長していくのが楽しみですね

だっちさん「そうですねー」

まっきーさん「なんかチャンネル登録者何十万人の運営やりたいですって思っても普通出来ないと思うんですよ。それをやらせてもらったって結構な意思決定だったなあと思います。」

ーーだっちさんは大変だったことはありましたか?

だっちさん「入社当時、まだ学生だったので、バイト以上のコミット量だったり責任感があったり…僕が事故ったら、動画が上がらないよって感じの状況の時もあって。そういうところを任せてもらえたのはすごいなあって。すごい意思決定をしてくれる会社だなって。」

ーー『テイコウペンギン』の業務だけではなく、入社してから大変だったことはありますか?

まっきーさん「みんなどんどん新しいことに挑戦していくので、会社の成長に置いてかれるみたいな焦りは今も抱えてますね」

だっちさん「わかる、めっちゃわかる。」

まっきーさん「会社の成長に置いていかれるといつまでも置いていかれるというか。居心地悪いわけじゃないんですけど、置いていかれないようにっていう気持ちがモチベーションに繋がってますね。背中を押してくれるというか。でもめっちゃ任せてもらえるので成長せざるを得ない環境ですね。なんというか裁量権えぐくて。

だっちさん「えぐくて(笑)」

まっきーさん「でも丸投げってわけじゃなくて、やりたいことをやらせてもらってるって感じですね。」

「裁量権えぐぐて」は丸谷さんの過去のストーリーが元ネタ。


だっちさん「僕は体育会系の部活にいたことが多くて、いわゆる縦社会だったので、Plottの自律分散型組織という構造は悪い意味でなく”いい違和感”があって、新しい刺激だったなと思います。自分で考えて動いていける組織づくりって、これからの時代に合ってるなって思いましたね。だけど最初は慣れるのに大変でした。」

ーーこんな人は是非Plottに!

まっきーさん「新しい風を吹かせてくれる人というかズレてる人。あと屁理屈とか好きな人は向いているかもしれない。」

だっちさん「『テイコウペンギン』に向いてますね。」

まっきーさん「ちょっとひねくれてる人とかいいかもしれないです。でも性格いい人がいいです、やっぱり。」

だっちさん「それはそうです(笑)」

まっきーさん、だっちさん!ありがとうございました!

そして『テイコウペンギン』100万人おめでとうございます!今後の『テイコウペンギン』の展開が楽しみですね。




YouTubeプロデューサー
新しいアニメを作るPM募集!!テイコウペンギン登録者100万人達成!
私たち株式会社Plottは、 YouTube上にてIPコンテンツの制作・配信を行っている エンタメベンチャー企業です。 現在自社で制作・運営を行っているYoutubeアニメ『テイコウペンギン』はチャンネル登録数95万人を突破、月間再生回数は3,700万回を突破いたしました。 >> https://www.youtube.com/channel/UCUTgXNqRBqR33D5q10DfQXw 今後はさらにチャンネルの数を増やして テイコウペンギンのようなアニメだけでなく、 漫画を用いたYouTubeチャンネルなどのコンテンツを展開していく予定です。 ーPlottの意味 Plottは小説などを書く前に作るプロットからきています。 オモシロイを生み出すコンテンツをずっと作っていきたい という想いをコンテンツの構想を示すプロットに込めました。 また、プログラミング等で使用される 「++」(インクリメントと呼ばれ、加算処理を行う)を 「Plot」とかけ合わせ「Plott」とすることで、 「コンテンツをエンジニアリングする」 「ずっと成長し続ける」という意味を込めております。 【Plottだからできること】 ▶︎動画メディアの運営やバーチャルYouTuberプロデュースなどの経験から、 20代中心の若いチームの感性を活かした「デジタルネイティブに刺さるアニメ制作」を心掛けてコンテンツを制作を行っています。 ▶︎今までのレガシーなコンテンツとYouTubeの違いはデータが収集出来ることです。 YouTubeならではの数値ベースの意思決定と、 それだけに捉われない発想を活かした感性による意思決定によって 数値と感性をハイブリッド化することができ、 今までにない新しいコンテンツを制作しています。 ~~~~~~~ 参考記事 PR TIMES >> https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000047837.html
株式会社Plott
アニメーター
キャラが愛される動きを作ろう!YouTubeアニメのアニメーター大募集!
私たち株式会社Plottは、 YouTube上にてIPコンテンツの制作・配信を行っている エンタメベンチャー企業です。 現在自社で制作・運営を行っているYoutubeアニメ『テイコウペンギン』はチャンネル登録数95万人を突破、月間再生回数は3,700万回を突破いたしました。 >> https://www.youtube.com/channel/UCUTgXNqRBqR33D5q10DfQXw 今後はさらにチャンネルの数を増やして テイコウペンギンのようなアニメだけでなく、 漫画を用いたYouTubeチャンネルなどのコンテンツを展開していく予定です。 ーPlottの意味 Plottは小説などを書く前に作るプロットからきています。 オモシロイを生み出すコンテンツをずっと作っていきたい という想いをコンテンツの構想を示すプロットに込めました。 また、プログラミング等で使用される 「++」(インクリメントと呼ばれ、加算処理を行う)を 「Plot」とかけ合わせ「Plott」とすることで、 「コンテンツをエンジニアリングする」 「ずっと成長し続ける」という意味を込めております。 【Plottだからできること】 ▶︎動画メディアの運営やバーチャルYouTuberプロデュースなどの経験から、 20代中心の若いチームの感性を活かした「デジタルネイティブに刺さるアニメ制作」を心掛けてコンテンツを制作を行っています。 ▶︎今までのレガシーなコンテンツとYouTubeの違いはデータが収集出来ることです。 YouTubeならではの数値ベースの意思決定と、 それだけに捉われない発想を活かした感性による意思決定によって 数値と感性をハイブリッド化することができ、 今までにない新しいコンテンツを制作しています。 ~~~~~~~ 参考記事 PR TIMES >> https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000047837.html
株式会社Plott
イラストレーター
柔軟な働き方!好きを仕事に!Youtubeアニメのイラストレーター大募集!
私たち株式会社Plottは、 YouTube上にてIPコンテンツの制作・配信を行っている エンタメベンチャー企業です。 現在自社で制作・運営を行っているYoutubeアニメ『テイコウペンギン』はチャンネル登録数95万人を突破、月間再生回数は3,700万回を突破いたしました。 >> https://www.youtube.com/channel/UCUTgXNqRBqR33D5q10DfQXw 今後はさらにチャンネルの数を増やして テイコウペンギンのようなアニメだけでなく、 漫画を用いたYouTubeチャンネルなどのコンテンツを展開していく予定です。 ーPlottの意味 Plottは小説などを書く前に作るプロットからきています。 オモシロイを生み出すコンテンツをずっと作っていきたい という想いをコンテンツの構想を示すプロットに込めました。 また、プログラミング等で使用される 「++」(インクリメントと呼ばれ、加算処理を行う)を 「Plot」とかけ合わせ「Plott」とすることで、 「コンテンツをエンジニアリングする」 「ずっと成長し続ける」という意味を込めております。 【Plottだからできること】 ▶︎動画メディアの運営やバーチャルYouTuberプロデュースなどの経験から、 20代中心の若いチームの感性を活かした「デジタルネイティブに刺さるアニメ制作」を心掛けてコンテンツを制作を行っています。 ▶︎今までのレガシーなコンテンツとYouTubeの違いはデータが収集出来ることです。 YouTubeならではの数値ベースの意思決定と、 それだけに捉われない発想を活かした感性による意思決定によって 数値と感性をハイブリッド化することができ、 今までにない新しいコンテンツを制作しています。 ~~~~~~~ 参考記事 PR TIMES >> https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000047837.html
株式会社Plott
株式会社Plott的招募
24 Likes
24 Likes

本週排名

展示其他排名
如果這篇文章引起了你的興趣,歡迎你到訪公司了解更多!