This page is intended for users in Hong Kong(Chinese (Traditional)). Go to the page for users in United States.

カルテットだから仕事もプライベートも楽しめる! 管理部マネージャー 高藤 沙季


こんにちは!

毎度おなじみ、カルテットファンの廣瀬です。
本日はカルテットの第二号社員であり創業メンバーの高藤さん。

インタビュー室に入室されてからずっとニコニコ♡
「緊張します~」と言いながら、よーくお話していただきました。(笑)

廣瀬:カルテットにジョインするまではどんなお仕事をしていましたか?

高藤:大学卒業後、日立製作所のSEとして勤務していました。
大学は機械工学科でしたが、SEはもちろん未経験。学ぶことばかりでした。

ただ、私は新卒2年目で寿退社したんです。今の新入社員の方たちを見ていると、「私ってこんな若い時に結婚したんだ…早すぎ!」と思います。(笑)

結婚を機に愛知に引っ越し、さー何の仕事しようかなーと思って。
まずは何かスキルを身につけよう、とWEB制作系の学校に通いました。ホームページ制作ですね。

その学校から紹介されたのが当時ホームページ制作をしていた創業時のカルテットでした。

当初は今以上にベンチャーでしたよ。毎日全員で昼ごはん食べに行って、毎日のように全員で飲みに行って。設備もルールもまったくないし(笑)

廣瀬:創業当初の会社からここまで、0→1みたいな生みの苦しみありましたか?

高藤:私、大変だったこととか正直あまり覚えていないんです(笑)
どちらかと言うと、創業当時よりも今の方が社員が増えてきて「ちゃんとした会社になるための苦しみ」がある気がしますね。

あ、これも生みの苦しみってやつなんですかね?(笑)


(終始、ニコニコ笑顔が魅力的な高藤さん。私もこんな女性になりたい。。)


廣瀬:なんだか楽しそうですね(笑)今は主にどんな仕事をされているんですか?

高藤:今は、管理部でマネージャーをしています。経理以外ほとんどの管理業務ってところでしょうか。業務内容はとても広範囲なんですけど、あっちもこっちも対応してる自分、結構好きです(笑)

もう本当に、仕事めちゃくちゃ楽しいですよ!

廣瀬:「仕事してる自分が好き」ってめっちゃ素敵ですね!

高藤:仕事も好き、仕事をしてる自分も好き。だけど、そもそもカルテットが大好きなのかも(笑)

新卒や中途の方が入社されると、カルテットの仲間になってくれる人が増えたことが心から嬉しい!

廣瀬:高藤さんのHappyオーラと歓迎ムードがビシビシと伝わってきます!
プライベートとの両立はどんな感じでしょうか?

高藤:娘がもうすぐ4歳になるんですけど。主人と交代で保育園の送り迎えをしています。

週に2回は主人が迎えに行ってくれます。なので私は、仕事の続きをしてもいいし、飲みに行ってもいいし、好きにさせてもらっています。
私も主人も、それぞれ自分の時間も確保したい!と思っていて、そのためによく作戦会議しています。

土曜日はシッターさんに子どもを見てもらって、しっかり休む!とか。

廣瀬:そのシステム良いですね!私も息子を生後10ヶ月から保育園に預けてフルで仕事をしているんですけど、「3歳ならずして我が子を保育園預けるの可哀想」みたいな雰囲気って依然としてありますよね。

高藤:ありますよねー。可哀想とか、それ誰が決めてるの?みたいな。

仕事バリバリできるかっこいいママだって誇らしいですよね!


(今年の全社員総会にて、年間MVP表彰を受賞した高藤さん。元気ありすぎてブレてます。笑
 そして、ちゃっかり結果を残されていることが素晴らしすぎます。)

廣瀬:私も今は逆にそこをモチベーションに頑張ってます!めっちゃ楽しく働いてて、めっちゃ稼いでくるオカンが目標です(笑)

高藤さんが、子育てと仕事とプライベートの両立で苦労を感じるのはどんなときですか?

高藤:苦労、というほどではないかもしれないけど、気持ちの整理がつかないときかな。。

産休、育休と休ませてもらっている間に、創業メンバーは、代表、専務、営業部長としてバリバリ活躍している。どんどん離れていく感じ?実際は全然離れてないんですけどね。悔しい、もっとやりたいって!よく家で泣いてました(笑)

時短勤務として戻ってきてからは、勤務時間を9時-15時から9時-16時と少しづつ変えて、今は通常勤務しています。

廣瀬:職場のメンバーから取り残される感、すごい共感します。

でも、高藤さんが、育休・産休・時短勤務を初めて活用したことで、今後カルテットで働く女性にとっていいロールモデルになりましたよね。

高藤:そう言ってもらえると嬉しいです。

特に、女性って育休復帰後とか迷ったりすることもあるだろうし、もしかしたら今後、なかなか理解してもらえない場面に出くわすかもしれない。でも、そんなときは女性社員の味方になってあげたいと思っています。

カルテットで、女性社員が働きにくいことはこれまでも今後も1ミリもないんですけど、もしあったとしたら、ですね(笑)

廣瀬:そんな高藤さんが、創業時から今のカルテットを見て感じることってありますか?

高藤:感慨深いです。

今は「あー、本当に会社になったんだな。」って感じています。
でも、どこか家族みたいな雰囲気も消えてないです。経営陣が醸し出す空気なのかな。

(そんな自慢の経営陣がこちら!第9期の社員総会にて。)

堤(代表取締役)、多田(専務取締役)、金本(常務取締役)は本当にピュアなんです!少年がそのまま大人になった、みたいな(笑)

堤の場合は会社の成長にあわせて、社長としてあえて社員と一定の距離をとるようにしているようなのですが。

社員総会のスピーチで、堤が大きいスクリーンに「寂しい」って出したんですよ。あんなに大きなフォントの「寂しい」は初めて見ました(笑)でもそうゆう素直なところが、この人に付いていこうって思えるポイントなんですよね。

廣瀬:堤さんらしいですね。ここまでのみなさんのインタビューでも、堤さんの人たらしな性格は立証済みなんですけど(笑)

そんな社長のもとで、高藤さんはこれからカルテットでどんな風に仕事をしていきたいですか?

高藤:自分がどうしたい、とか正直全然なくて。

堤が今後、会社をどうしていきたいか、経営陣が、何を成し遂げていきたいのか、そこを全力でサポートしていきたいっていうのが本音。

なので、そういう意味でいうと、

経営陣ができないことを私がやる!みたいな。

廣瀬:なるほど。なんか、高藤さんってギラギラしてないところが逆に魅力的ですね!

高藤:いや、むしろプライベートではギラギラした野望あります!!(笑)

まず、韓国が大好きで。
韓国語の勉強したい、年2回は韓国に行きたい!
で、40歳で美容整形に手を出して、50歳で韓国に家を買いたい(笑)

(「めっちゃ美人なのに何てこと言う人だ!」廣瀬、心の声。)

だから、稼ぎたい(笑)

残業しない方が稼げるカルテットだから、生産性あげていく気マンマンです!

「世帯年収をあげてこう」という夫婦目標もあるので(笑)

廣瀬:夫婦の目標、それめっちゃいいですね。お互い頑張って、一緒に世帯年収をあげていこう!ってなったら、家事も一緒に頑張ろうってなりそう(笑)

高藤:それ、ありますよ!
とは言え、私のやりたい事を尊重してくれる家族には本当に感謝しています。


(家族で香港のディズニー!仕事もプライベートも充実できるのは、カルテットの大きな魅力!)

あ、最後に、カルテットのことも。

「こんな形態だけど働けるのかしら?」

という方がいれば、遠慮せずにまずは聞いてほしいです!

いろんな人がいた方がいいじゃないですか。楽しいし。

仲間になってみたいって思ってくれる人がいたら、とにかくご連絡ください!


とはいえ、上の文章を読むだけでは「結局よくわからない」と思います笑。

ですので、カルテットでは定期的に会社説明を兼ねたミートアップを開催しています。

ミートアップはオフィスに来ていただき軽食やジュースやお酒を飲みながら、会社のことを知ってもらったり、スタートアップについて知ってもらう場です!もちろん無料!ただ飯ただ酒!とにかくいろいろお話ししましょう。

転職を本気で考えてるという方でなくても、「スタートアップの人と話してみたい」「スタートアップの現状を色々聞いてみたい」「お酒飲みながらいろいろな業種の人と話をしてみたい」という気持ちでご参加いただければOKです。

次回は9/19(木)に開催です!

19時からなので仕事終わりに軽く一杯的なノリで寄っていただければと思いますし、もし20時からしか都合がつかないということであれば遅れて来ていただいても全然大丈夫です。

興味ある方は下記のリンクを是非チェックしてみてください。ミートアップのこと、もう少し詳しく書いてあります!

【第2回!社長参加・名古屋Web広告ベンチャーが本音deミートアップ開催!】
https://www.wantedly.com/projects/347168

廣瀬:ゆるふわなキャラクターの裏側に、芯の強さが垣間見える素敵な高藤さん、ありがとうございました!高藤さんに会ったら、男女問わずみなさんファンになると思います!

ぜひ、ミートアップなど参加してみてくださいね♡

次回のインタビューもお楽しみに!

株式会社カルテットコミュニケーションズ的招募
7 Likes
7 Likes

本週排名

展示其他排名
如果這篇文章引起了你的興趣,歡迎你到訪公司了解更多!