1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong(Chinese (Traditional)). Go to the page for users in United States.

リグリットに興味ある人なら読むべき質問回答コーナー ~面接編~

こんにちは。リグリットパートナーズの福島です。今回は、【面接でよく聞かれる質問】について、答えてみたいと思います。

が、その前に、弊社がどのような会社なのかを簡単に説明させていただきます。


リグリットパートナーズはスタートアップのコンサルティングファームです。
※これでピンときた方は、以下読み飛ばして、Q1から始まる本編をお楽しみください。

スタートアップとは、簡単に言ってしまえば “創業間もない”という意味です。
コンサルティングファームとは、企業が抱える課題を解決する会社です。

要するに、リグリットパートナーズは “創業間もない、企業が抱える課題をITと頭脳を駆使して解決する会社” です。


創業間もないとはいえ、プロジェクトは基本的にプライム案件中心です。(プライム=1次受け。他ファームの下請けは基本的にないという意味です)

それでは話を戻して、本編のQAといきましょう。

(全然関係ない新卒。こっち見るな笑)

Q1.リグリットのコンサルタントの方たちは、前職はどのようなことをやっていたのですか?

A. 様々なバックグラウンドを持ったメンバーがいますが、傾向としては、コンサルティングとITが多めです。

コンサルティング出身者は、大手外資系や、大手内資系等様々ですし、ITもSIre出身者や事業会社の情シス等多岐に渡ります。



Q2.ソフトウェアの開発はやっていますか?

A. 現状、“The 開発” プロジェクトはないので、開発要員としてプロジェクトにアサインされているメンバーはいません。



Q3.研修はどのように行われているの?

A.  ディレクターが講師となり、SC(シニアコンサルタント)以下のメンバーは原則全員参加で研修を実施しています。

世の中がコロナで今のようになる前は、自社のオフィスに集まり、事前に振り分けられたグループでグループワークをする等、ただ聞くだけではなく、実際に演習を交えながらの研修を行っていました。ただ現在は3密を避ける為、オンラインで研修を行っています。

オンラインであっても、チャットを活用し自由に質問もできますし、私自身も受講していますが、学ぶことが多いです。

また、複数回に分けて実施しているため、1回の内容が濃く満足度の高い研修ができていると思います。

(過去の研修っぽい画像)



Q4.リグリットで活躍できる人はどんな人?

A. 主体的な人、成長に対し貪欲な人、努力ができる人、粘り強い人、等考えればいくらでも出てきそうです笑

逆にあなたの強みは何ですか?どうしてそれが身についたのですが?ぜひ面談で聞かせてください。



Q5.社長ってどんなひと?距離感は?

A. これは私の意見ですが、とても社員思いです。

この一言だけだと月並みかもしれませんが、社員を社員としてだけではなく、人として見ているように感じます。

仕事となると、かなり厳しい側面もある一方で、社員との触れ合いがとても好きで、まるで飲み友達のような感覚に陥ることすらあります笑

(勢いある若手&飲み友達社長)



Q6.ぶっちゃけハードワークですか?

A. イージーワークではないことは確かです。誰にでも解決できる課題に取り組むわけではないので、イージーかハードかの二択であればハードです。

またリグリットはスタートアップで、みんなで会社を創り上げている真っ最中なので、クライアントとの仕事だけではなく自社の仕事もあり、タスクは多いです。但し、タスク管理さえきちんとできれば、こなせない量ではありません。私としては、この自分を追い込める環境がむしろ楽しいです。

一部ではありますが、ざっとこんな感じでしょうか。他にもっと話を聞いてみたいと思った方は、是非コンサルカフェ等のイベントに参加してみてください。

それでは、またお会いできる日を楽しみにしています。

戦略・業務・ITコンサルタント
急成長中のコンサルファームで、業務/IT課題解決を担うメンバーを募集!
業務改善とデジタルトランスフォーメーションを通じて、Forbes 500・Nikkei 225等のエンタープライズクライアントを中心に、事業競争力を強化するコンサルティングサービスを提供しています。 今回募集するクラスにおいては、プロジェクト全体において、ある一定範囲の業務をまとめて担当し、プロジェクトを推進していただくポジションになります。基本的には自身の判断で課題を解決する仮説の構築・検証作業を進めていただき、クライアントおよび社内上席者とディスカッションをしながらプロジェクトをコントロールすることが求められます。 【具体的な仕事内容】 ■クライアントマネジメント層とのディスカッションによるニーズ把握 ■プロジェクトの主要モジュールにおけるワークプランの立案(詳細実行タスク等の検討) ■現状調査、内容分析、改善・改革施策の検討 ■クライアントへのプレゼンテーション ■オンサイトでの改善・改革施策の実施/検証 ■課題、リスク、スケジュール、変更管理等のプロジェクトマネジメント ■ソリューションベンダー等のパートナー企業の選定、交渉、コントロール ■プロジェクトメンバーの管理、そしてデリバリーにおける品質担保 【参考プロジェクト事例】 ■プロセス&テクノロジーコンサルティング ビジネスにおけるテクノロジー活用の専門チームとして、IT戦略・企画構想からデジタル、クラウド、アプリケーション導入などテクノロジーに関するプロフェッショナルが在籍しています。  ・大手製造業における全社営業業務改革  ・大手小売業におけるコンタクトセンター構築  ・大手サービス業における間接業務自動化  ・大手保険業における事務オペレーション改革 ■ストラテジーコンサルティング クライアントのデジタルトランスフォーメーション実現に向けた変革を支援します。  ・大手保険業におけるDX戦略策定  ・大手小売業におけるオペレーション戦略策定  ・大手製造業におけるデジタル戦略部門立上げ  ・大手サービス業における新規事業策定
Regrit Partners
Regrit Partners的招募
30 Likes
30 Likes

本週排名

展示其他排名
如果這篇文章引起了你的興趣,歡迎你到訪公司了解更多!