1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong(Chinese (Traditional)). Go to the page for users in United States.

What we do

スポーツ*ブロックチェーン
地域社会*ブロックチェーン
応援テックNo.1カンパニーを目指す! わたしたちは、「応援の連鎖で明るい未来をつくる」をミッションに掲げたブロックチェーン技術の会社です。 2018年、地域を応援したい人と地域社会で頑張る人を結ぶ「地域応援通貨」をブロックチェーンで発行し、地域活性化に取り組むYell TOYAMA事業を立ち上げ「応援の連鎖」プロジェクトを開始しました(富山県で展開中)。そして2019年、「応援テック」の旗を掲げ、スポーツ*ブロックチェーン事業への本格参入を決意しました。 2019年、ホットリンク社(東証マザーズ)のブロックチェーン技術への投資1号案件に採択され、元アスリートの為末大氏からの出資も受けました。準備は万端です。満を持して、応援の連鎖で世界がつながる、まったく新しいスポーツの楽しみ方を世界に提供する新規事業にチャレンジします。

Why we do

いつの頃からでしょうか。 少しでも安く、わずかでも便利に、できるだけ早く。毎日の行動が経済合理性に縛られるようになり、つくり手や売り手の顔が見えなくなることに慣れ、売り買いに感謝が伴わなくなってしまったのは。 こんな生活つまらない。もっと潤いある生活、もっと喜びと感謝にあふれる毎日を過ごしたい。 「この店が好き。あの人に会いたい。彼を応援したい。ふるさとに恩返ししたい」のように「愛」に囲まれる毎日を送りたい。 わたしたちが「応援テック」という言葉を掲げているのは、愛ある経済。愛ある毎日。愛ある暮らしを追求する姿勢の現れです。応援したい、という情熱で経済をつくる。わたしたちは真剣に理想を追いかける集団であることを大切にしています。

How we do

マーケティング、投資&ファイナンス、セールス、エンジニアリング、会社経営など、圧倒的な経験と得意分野を持つ少数精鋭チームが、大手企業を巻き込んだ新規事業・新サービスを立ち上げています。顕在化した深刻な課題、まだ潜在的だけど大きな問題を孕んだ課題など、独特の視点からわたしたち独自の事業・サービスを企画から開発、そして運用まで一貫してプロデュースする自社サービス型ビジネスを展開しています。