1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong(Chinese (Traditional)). Go to the page for users in United States.

What we do

タブレット型勤怠管理サービス「スマレジ・タイムカード」はさまざまな事業所が導入しています
クラウド型POSレジサービス「スマレジ」小売店や飲食店で続々と導入されています
▼『いい未来をつくる 』を企業理念に、以下の事業を展開しています。 【登録店舗数93,000店舗、累積取扱高3兆円を突破!】 ●業界でも圧倒的高機能を誇るクラウド型のPOSレジ「スマレジ」 基本的なレジ機能だけではなく、リアルタイム売り上げ分析や高度な在庫管理など、 これからの店舗運営に必要な新しいシステムを取り揃えています。また、クレジットカード決済、バーコードリーダー、センサーRFIDなどによる商品読み取りなどにも対応しています。 (https://smaregi.jp/) ●勤怠管理の「スマレジ・タイムカード」 出勤・退勤などの勤怠情報を記録・管理するだけではなく、勤怠情報を利用した給与計算、休暇管理、シフト管理やプロジェクト管理など人事労務に強い特徴があります。スマホでの顔写真撮影による打刻、打刻の位置情報の取得ができ、コロナの影響によるリモートワークの勤怠管理にも便利な機能です。 (https://corp.smaregi.jp/service/timecard.php) ●アプリマーケットを通したプラットフォーム戦略「スマレジ・アプリマーケット」 今後はアプリマーケットを通したプラットフォーム戦略によって、あらゆる商取引データがスマレジに蓄積されるようになります。例えば、商取引のデータ分析を通して、販売の効率化、商品トレンドの可視化、未来の購買予測まで、可能になるかもしれません。 皆さんの日々の経済活動と密接に関わりのあるデータを紐解き、未来の暮らしをより楽しく便利にしていきます。 (https://smaregi.jp/product/appmarket.php)

Why we do

カスタムできるダッシュボードやカレンダーが便利なスマレジの管理画面
代表取締役の山本は元エンジニア
▼私たちのミッション ●販売データの保有量で日本一、活用方法で世界を目指します ●キャッシュレス化を促進し、経済発展に貢献します ●中小企業者様向けの業務システムを提供し、ICTの利用を促進します ”POSレジ”とは何かご存知ですか? POSレジとは、Point Of Saleの頭文字をとってPOS。日本語では販売時点情報管理のことであり、従来のレジにはない無限の可能性を秘めています。 より良い店舗運営ができるように。そしてお客様がストレスのない買い物体験ができるように。画期的な商品「スマレジ 」を主とした事業展開を広げ、私たち株式会社スマレジ は、サービスを作り続けます。

How we do

大阪の本社・ショールームは本町駅至近でアクセスも抜群
東京オフィス・ショールームがあるのは、恵比寿駅近くの恵比寿プライムスクエアタワー
==================== 経営理念 OPEN DATA, OPEN SCIENCE! ==================== POSデータのオープン化を通じた収益性の向上を目指し、 データ・ドリブン経営で社内の生産性を向上させる。 ▼経営理念 【OPEN DATA】 情報社会のなかで、スマレジ はこれまで累積取引額3兆円以上のPOSデータを蓄積してきました。そのデータを適切に活用しお客様(店舗)へ大きな価値を提供できるように努めて参ります。 【OPEN SCIENCE】 当社役員及び従業者全員がファクトに基づいた分析を行い、合理的な判断ができるように推奨してゆきたいという思いを" OPEN SCIENCE"に込めています。 ▼行動指針 【熱意】 平均年齢32.3歳!一人一人が未来を想像する熱意をもち、失敗を恐れず成長するために、常にチャレンジする。 【誠実】 「ありがとう」「ごめんなさい」が素直に言える人に。失敗してもいいんです。その後、素直に謝ることができるか。スマレジではそのような素直な心を大事にします。 【社会責任】 お客様の大事な情報を持っている責任を一人一人が自覚し、誠実かつ公正な企業活動を実践します。 ▼魅力的な社風 【自由な出勤時間】 朝8時から10時の間で自由な出勤が可能です。一人一人のワークライフバランスに合わせて勤務時間を調整できます。 【フリードリンク】 会社にはミネラルウォーター、コーヒー、紅茶、ジュースなど豊富に取り揃えています。