This page is intended for users in Hong Kong(Chinese (Traditional)). Go to the page for users in United States.

What we do

お客様毎のマイページ
取扱商品
リアルフードのD2Cブランド「snaq.me(スナックミー)」を運営しています。ネット発の食品ブランドとなることを目指しています。 現在は、サブスクリプションモデル(定期購入)でスナックBOXをお客様に定期的にお届けしていますが、単にスナックを定期的にお届けするのではなく、 ・スマホと連動し、お客様からの評価情報などを元に、それぞれのお客様にパーソナライズして最適なスナックの詰合せをお届けする ・オンライン発ブランドとして、データを活用してオリジナル商品を中心に取り扱っている というのが特長です。 食品業界は非常に古い業界ですが、ネットを活用して、新しいモデルの食品メーカーを創ろうとしています。 https://snaq.me

Why we do

定期的にオフラインイベントも
オフィスの様子
snaq.meはおやつを変えたい!という想いからはじまりました。 きっかけは“おやつを心から楽しめていない“というちょっとした(でもおやつ好きにとっては大きな)な課題でした。 創業メンバーは大のおやつ好き。でも、コンビニにおやつを買いに行っても変わり映えしないラインナップ、裏面の原材料をみるとできれば食べたくない原材料や成分。何も買わずに返ってきて素焼きのナッツを食べながら、もっと美味しく楽しいおやつが手軽に手に入れば、と思う日々でした。。3歳になる娘からおやつをねだられても、気持ちよくあげられる(そして一緒に食べられる)おやつが少ないのも悩みでした。 他のメンバーも何かしら似たような悩みを抱えていました。だれよりもおやつ好きだけど、一度からだを崩してから食に気をつけるようになり、気持ちよく食べられるおやつが減ってしまった。海外に住んでいた時に普通に食べられたナチュラルなおやつが日本だとなかなか見つからない。とにかくおやつ好きだけど飽きっぽい。。 食へのこだわりや味覚、嗜好は人によって様々。でも、普段おやつを買うお店の販売スペースは限られているのでみんなに好かれるおやつばかり。作ってからお店の棚に並んで、お客様が召し上がるまでの時間が長いので保存料などを入れざるを得ない。そういった制約があることがわかりました。 そこでsnaq.meは、そういった制約に縛られない(でもとてもチャレンジングな)かたちの取り組みをはじめました。 おやつはかさばるわりに価格が低めなので通販に向かないと言われていますが、販売をネットのみに限定しました。そして、送料をおさえるためにポスト投函できるサイズのBOXを採用。そうすることで、質の良いおやつをできるだけ安価にお客様にお届けすることができます。(お店で買える価格の同じおやつよりも質が高い自信があります!)ネットを通じて直接販売させていただくので保存料や人工添加物を使わないことに。 また、店舗のような棚がないため、多くの種類のおやつを用意(常時150種以上!)し、しかも毎月入れ替えをすることでお客様に継続して楽しんで頂けるバラエティを確保しました。 一番の強みはテクノロジーとおやつの融合!?。テクノロジーをフル活用して(創業メンバー3人は全員ネット業界出身!)お客様ごとにお届けするおやつをシステムがセレクトしています。セレクトはお客様からこれまで頂いた評価データを活用しており、そのデータを使って新商品の開発もしています。 私達は仕組みを変えることでおやつを変えることができると信じています。 テクノロジーを使っておやつをもう一回革新したいという意味をこめて

How we do

チームをまたいでディスカッションも
隅田川沿いのオフィス
【メンバー】 戦略コンサルを経てDeNAでベンチャー投資を行っていた代表の服部、JTBでの新規事業経験を経て複数のスタートアップでサービス立ち上げを行ってきた取締役の三田村、建築系のスタートアップからプログラミング留学を経てエンジニアに転向した三好の3人が創業メンバーです。現在は、シリコンバレーのスタートアップで働いていたエンジニア、webメディア出身の広報&マーケ担当者、カナダ帰りの事業推進担当、パティシエ、スタートアップ出身のカスタマーサポート、プログラミングスクール出身のエンジニア、大手百貨店出身のMD担当、昨年エンジニアに転向したフロントエンジニア、起業経験もあるファクトリーマネージャーがジョインし社員数は11名となっています。 【社風】 ・フラット まだ人数も少ないため、役員も社員もインターンも関係なくフラットに議論しています。 ・チャレンジ やりたいという意志さえあれば未経験の事であっても積極的にチャレンジするカルチャーで、失敗したとしてもそれを有効な資産として将来に繋げていこうというスタンスです。 ・スピード 当社のようなスタートアップがカルビーや森永のような巨人たちと戦うには局地戦しかありません。そのためにはスピードを最も重視します。社内の根回しなど全く不要。まずはリーンでやってみましょう! ・成長にコミット スタートアップなので成功するかどうかは分かりません。ですが成長することはコミットできると思います。うちには自己成長にコミットしたメンバーが揃っています。向上心の強い方、野心家の方には心地よい環境かと思います。 【オフィス】 オフィスは水天宮前から徒歩5分程度のビルです。 【勤務体系】 基本的にメンバーにまかせています。だいたい10時頃にみんな出社し始めるイメージです。

Page top icon