1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong(Chinese (Traditional)). Go to the page for users in United States.

バイト中におにぎりをつまんでいたら、スナックミーに入社していた

私の経歴は決して華々しいものではなかった。
確かに東京大学を卒業したものの、就活は苦戦したし、新卒で入社した会社は体調を崩して退職を余儀なくされたし。自己評価で言えば、散々なほうだった。


それが来たのはバイトの休憩時間だった。

夜ご飯がわりにおにぎりをつまんでいた私がiPhoneを開くと、1件の通知が来ていた。

「…高田さんにはぜひスナックミーの仲間になってほしいと考えています。」
というメッセージがWantedlyに来ていた。

こういうのは普通、「青天の霹靂」と表現できるような、驚くようなものなのだろう。けれど、私はびっくりするほど冷静に受け止められた。もしかしたら採用されるものだと、心の中で思っていたのかもしれない(最初の1ヶ月はアルバイトとしてだったけれど)。

あれよあれよという間に岡山から東京に行って、そしてあれよあれよという間に半年が過ぎてしまった。


スナックミーに入って半年

半年経って、私はなかなかに満足している。

コーポレート担当だから、雇用保険の書類を準備したり経費の精算をしたりするけれど、ちょっとしたアクセス解析としてGoogle Analyticsも使ったりする。ほんとにちょっとだけ。会社のことをこんな風に書くのは私らしくないのだけど、こんなに色々な仕事ができるのはスタートアップならではで、悪くない。

確かに、私の同級生たちが就職した官庁や大手企業に比べれば安定はしていないはずだ。人と人との距離が近すぎて、衝突だって当然する。けれど、そういうのもひっくるめて、まあ悪くない。


だから、話を最初に戻すと、私みたいに色々うまくいかなくてモヤモヤしている人でも、いつかするするっと道が開ける時がくる。ここまで読んでくれたあなたは、これからどんな行動をするのでしょう。それがちょっとでも良い方向に転べばいいよねとぼーっと考えながら。

人見知りのコーポレート担当より。


社員としてはまだ1ヶ月の、ゆるすぎるブログはこちら

https://www.wantedly.com/companies/snaqme/post_articles/178111

株式会社スナックミー的招募
5 Likes
5 Likes

本週排名

展示其他排名
如果這篇文章引起了你的興趣,歡迎你到訪公司了解更多!