1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong(Chinese (Traditional)). Go to the page for users in United States.

創業10年経った今でも変わらないこと。それは従業員のホスピタリティ精神。

           \スポーツフィールド初役員インタビュー/

専務取締役 加地 正

-加地さん=ソフトボールという印象ですが、これまでのスポーツ歴について教えてください。

部活として競技をしていたのは、中学生時代のサッカーのみです。高校は陶芸部でした。

大学では部活に入らず、28歳くらいのときに社会人ソフトボールを始め、現在も継続しています。

“社員の9割が体育会出身者”の中で、私は1割の非体育会です。

-加地さんが学生の頃、就職活動はどのような形だったのでしょうか?

私が学生の時は、携帯電話もない時代でしたので、当然ながら今のような就活ナビサイトはありませんでしたね。当時の就職活動は、就職雑誌が一般的でした。

雑誌の最後にハガキが付いていて、興味を持った企業宛にそのハガキを送れば会社案内や採用資料が送付され、その後は書類や電話でやり取り…という時代でした。

なので、今の就職活動とは全く異なります(笑)

ただ、当時はバブルの絶頂期で、超売り手市場でした。

その恩恵もあり、経営コンサルティング会社に入社しました。

-スポーツフィールドが大切にしている経営理念の成り立ちを教えてください。

会社名より先に、まず、経営理念を役員陣で考えました。

私たちは元々別の会社で“体育会”のブランドを掲げて事業を行っていたのですが、その会社では理念という考えが薄く、利益主義に走ったり各々の考え方や心がバラバラに離れていった反省が強くありました。

このままでは働いてる社員が報われないし幸せになれない。だから、「最初に共有できる理念を作ろう!」という思いは特に強かったです。

↓ インタビューの続きはこちら ↓

https://www.spodge.sports-f.co.jp/5493/

株式会社スポーツフィールド的招募

本週排名

展示其他排名
如果這篇文章引起了你的興趣,歡迎你到訪公司了解更多!