1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong(Chinese (Traditional)). Go to the page for users in United States.

What we do

渋谷区神南に一際目立つ「T4」の文字
卓球レストラン&バーの「THE RALLY TABLE」
株式会社スヴェンソンスポーツマーケティングは、売上百億円規模の安定収益を持つ株式会社スヴェンソンが、卓球関連の事業を始めるためにベンチャー感持って進めるために設立した組織です。 卓球関連事業でいうと、卓球スクールのタクティブ、卓球用具メーカーのVICTAS、卓球複合施設のT4 TOKYO、卓球関連プロダクト(T-PLUS)などを担当するR&D室など多種多様なものがあります。 他事業とのシナジーを作りながら、リアルとデジタルを融合し、本社の安定的なリソースを持って卓球業界に挑戦していける組織です。

Why we do

卓球×テクノロジーの最先端を体感していただけます
家族づれやカップルなど様々な方にご利用いただけます
「卓球で社会をつなぐ」をミッションに卓球の「スポーツ」という側面だけでなく、社会にいろいろ多様なコミュニティを生み出していくことに我々の存在意義があります。 例えば、卓球複合施設の「T4 TOKYO」では、観光に来た外国人と渋谷のスタッフが言葉は通じないながらラリーによって交流しています。 卓球スクールの「タクティブ」は、卓球をこれから始めたい人同士がつながったり、一流のコーチに教わることで卓球という海を航海し始める上で、出港する港のような存在です。 「社会をつなぐ」というのは、観光に来た外国人と日本人をつなぐことかもしれませんし、 地域の商店街同士をつなぐことかもしれません。 同じ会社の上司・部下・同僚、卓球を趣味にしている人同士、卓球イベントを開催する人と参加する人、 卓球台を持っている施設と卓球したい人、をつなぐことかもしれません。 野球やサッカーのように1つの対象に熱中するのではなく、 つなぐ中で多様なコミュニティがたくさんできる。 卓球の身近さと手軽さがあれば、それが実現できると私達は信じています。

How we do

男子卓球日本代表オフィシャルサプライヤーの「VICTAS」
卓球スクールの「TACTIVE」
■メンバー 卓球経験者が多いですが、趣味の人から全国経験者・未経験者など様々です。 経歴も、コンサルタントやIT業界、大手メーカーなど多様ですし、雇用形態も外部パートナー企業やフリーランスなど様々なバックグラウンドの人材が揃っています。 各業界で実績を残してきた優秀な人材が多いですが、特に共通していることは「卓球で社会をつなぐ」というミッションにみんな共感していることです。 ■働き方 多様なメンバーが揃っているため、働き方も自由度が高いです。ティール組織のように時間や場所にとらわれず自主的にミッションに向けて信頼関係を築いて働いてます。 役所への用事で午後から出社をしたり、家族の病気の看病のため在宅でリモートワークをしたり、ミッションに共感し信頼しあっているメンバーが揃っているからこそ、お互いプロとして自由度高く働いています。 しかし自由度が高いながら、オフィスに出社するメンバーが多いです。それは、プライベートと仕事を切り分けず統合して、遊ぶように働く仲間が多いからだと思います。 ■バリュー 組織のバリューとして、ARTというものがあります。これは、自律・共鳴・信頼の頭文字を取ったものです。 下記のような価値観に共感したメンバー ・自律: 主体的に自ら仕事をプロとして進めるメンバーのチームワークがある組織 ・共鳴: 「卓球で社会をつなぐ」という存在意義に共感しているメンバーで構成されている組織 ・信頼: 互いに信頼関係で仕事ができるので最低限のルールで性善説で運用されている組織