1
/
5

What we do

組織内で動画を活用するためのプラットフォーム「RUUUN(ラーン)」を開発、提供しています。
教育に特化した動画をつくり続けています(写真はスタジオ)。
TATEITOでは組織内の動画学習プラットフォーム「RUUUN(ラーン)」と、教育に特化した動画制作のサービスを提供しています。 TATEITOは創業してからずっと、「動画を活用した組織の学習の仕組みづくり」に取り組んできました。企業をはじめとする組織内のナレッジを動画化し必要な人に届けるための仕組みをつくっています。 この動画の活用は、コロナ禍において少しずつ変化し、広がっています。 研修だけでなく、OJTで教えていたようなことも動画化する企業が増えています。 新人は入社したらその動画を見て、会社や仕事の理解を深めることができます。先輩社員は何度も同じ話をする必要はなくなり、一定の知識を手に入れた状態の新人と仕事を進めることができます。 制度や社内ルール、実績報告と言ったチームで共有すべきことも動画にして伝えることで、ミーティングは動画でわからなかった部分や、もっと聞きたいことの確認からはじまり、ディスカッションに多くの時間を割くことができるようになります。 セールスやサポートの場面でも動画の活用が進んでいます。 お客様への提案や操作方法を動画で送ることで、映像と言葉で伝えられるので、必要な情報をわかりやすく、お客様の好きなタイミングで提供でき、直接話すタイミングでは具体的な活用方法や検討、調整事項のディスカッションに時間をかけられます。 お客様に共有した動画をチームメンバーにも共有すれば、社内ミーティングの時間も削減できます。 これらの動画活用がお客様の中でも、TATEITOの中でも進んでおり、その価値を実感しています。 私たちのお客様は1万人以上の大企業から数十名のベンチャーまでさまざまですが、それぞれの組織、チームの中で必要な学び、情報を効率的且つ効果的に届けるとともに、そこで働く人の働き方/生き方も広げられるようなサービスを提供するべく、私たちは日々アップデートを進めています。

Why we do

組織に必要な知識、情報を動画で伝えることで、チームの生産性を高め、働き方の自由度も高めます。
動画で知識、情報を揃えた上で話すことで、対面で会う時間の価値を高めることができます。
私たちが動画を使って行っていることは、必要な知識や情報を会社、チーム、お客様に効率的に伝えるだけでなく、その必要知識、情報を揃えた上で話す、効果的な対面の時間を生み出すことです。 これは生産性やチームの創造性を高めるだけでなく、場所や時間に囚われない働き方の選択肢も広げます。 お客様だけでなく、実際にTATEITO社内でも動画をつかって必要な知識や情報を共有をする中で、その価値を実感しています。 元々出勤自由だった働き方はコロナをきっかけにオフィスを廃止し、一時フルリモートに変わりました。 TATEITOの中で共有される動画も一気に増え、動画で伝えることが多くなったことで、動画が「余白」を生み出すこと、その先の新しい価値づくりにつながることの実感を深めています。 テクノロジーの進化により、ビジネスの世界は激しい変化を続けています。デジタルを主体としたサービスが台頭すると共に、既存企業、サービスのデジタル化も求められます。 一方で、働き方の多様性も進んでいます。転職や副業も当たり前になり、人材流動性は高まり続け、一つの会社でキャリアを終えるということも少なくなっています。 この変化を新型コロナウイルスの感染拡大が加速し、デジタル化の推進やテレワークも広がっています。 サービスも働き方も大きく変化する中で成長を続けるには、変化に対応できる人を増やすことが必要です。そのために伝えるべきことを、離れている環境でも安全に、効率的に、わかりやすく伝えるための方法として、動画はとても有益なものだと私たちは考えています。 激しく変化する社会の中で、その変化に適応し、成長し続ける組織、人を増やす。同時に、より自由に生産的に働くスタイルをつくり、広げていくことに、私たちは挑戦し続けます。

How we do

コロナをきっかけにオフィスを廃止し、現在はフルリモートで働いています。
インターンも多く在籍しています。学生と一緒に学びながら、サービスをつくっています。
TATEITOでは、システムも動画制作も、サービスすべてを自分たちでつくっています。 どうやったらよりよい仕組みをつくることができるのか。どうやったらより生産性を高めながら、サービスを提供できるのか。 自分たちが自分たちのサービスを使いつつ、お客様にもヒントをいただきながら、自分たちで考え、実践しながら、サービスをつくってきました。 その根幹には「なりたい自分に、なる」というバリューがあります。働く時間、場所を固定せず、メンバーそれぞれが「自分のパフォーマンスを上げるための環境づくり」を日々考え、行動することを大切にしています。 新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけにオフィスも廃止しましたが、コロナから1年が経ち、新たに3rdプレイスという集まれる場所を東京につくりました。元々出勤自由だったTATEITOはフルリモートで働くことにも大きな抵抗はありませんでしたが、つながりが自然と生まれる場所の必要性も感じての新たな場所になります。 TATEITOには主に東京と、徳島県の神山町という2つのエリアで働くメンバーが集まっていますが、それぞれがそれぞれの場所で自分たちらしく働けることを大切にしています。 これからも環境の変化や、組織が成長するにつれ、働き方ややり方も変わってくると思います。その変化を恐れることなく、成長し続けていきたいと考えています。 コーポレートサイト https://tateito.co.jp サービスページ https://tateito.co.jp/service/ruuun/ Facebookページhttps://www.facebook.com/Tateito0704/