1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong(Chinese (Traditional)). Go to the page for users in United States.

〜PCR検査予約から結果まで〜

2020年があと数日で終わりますが、「早く終わってほしい!」と強く思います。

今年は本当に酷い1年でした。

世界中の人達が我慢した1年だったし、季節のイベントも中止されたせいか年末という感覚も未だに無く、連休を迎える感じです。

私は毎年、年末年始は実家に帰りますが、今年はコロナウィルスの影響があり、帰ることに躊躇いがあって迷っていたので母に電話して相談しました。

年末年始くらいは、一緒に食事したいし、母も私もお互いの様子が気になっていたので、話し合った結果、年末年始私は実家に帰るという決断をしました。

実家に帰る前に、私が確実に安全である事を私自身が確かめたかったので、PCR検査をして実家に帰ろうとおもいました。



12月に入ってから、PCR検査について調べました。

PCR検査は唾液検査と鼻咽腔拭い液の検査があって、症状が出てから9日までの間で、唾液採取の場合は、鼻咽腔拭い液の場合より10~20%の感度低下の可能性があり、症状が出てから10日以後では、30~70%ほど感度が低下する、とのことがわかりました。

無症状の場合の感度の違いは無いそうですが、全体的に鼻咽腔拭い液検査が良さそうだと思ったので、鼻咽腔拭い液検査を行なっている大阪市内の病院を調べました。

唾液検査を行なっている病院に対して鼻咽腔拭い液検査を行なっている病院は少ないという印象でした。

探した中から1つの病院に決定して、PCR検査予約専用電話へ連絡してみました。

が、全く繋がりません‼︎💦

ずっと話し中が続いていましたが、諦めず時間をあけて電話していたらようやくつながりました。

年末年始で帰省したい方の検査予約が多く、病院の方もその対応で忙しそうでした。

12月末日辺りの予約は既にいっぱいで、今年一番最後で空いているのは25日の12:00ということだったので、その日に予約を入れました。

◆検査当日

検査時間の30分前から、うがいや飲食、歯磨き等は禁止です。

病院に着くと受付の方に検温と消毒をお願いされて、申し込み用紙に記入します。

しばらくすると検査室に通されました。

TVでよく見る真ん中に手が入れる穴が空いていて、手袋がついてるシールドを見ました。



手袋のシールドの横に置かれた椅子で待つように看護師さんから指示がありました。

そのすぐ後に先生が現れたので、手袋のシールドの前に移動しようとしましたが、「そのまま(椅子に掛けたまま)壁を向いてください」と言われ、そして、そのまま検査し、先生はすぐ去っていきました。

(手袋のシールドは使わんのかいっ!!と軽く心の中でツッコミを入れました)



検査が終わってすぐお会計です。

検査は実費なので、とても高かったです^^;

唾液検査ならもう少し安かったですが、精度の良い方法で後悔なく検査したかったので鼻咽腔拭い液検査を選んで良かったと思います。

◆検査結果

28日午後PCR検査結果がわかると聞いていたので病院に行きました。

結果は、陰性でした‼︎



これで安心して実家に帰ることができます。

年末年始は久しぶりに家族と一緒に食事したり、1年分の色んな話をしたいと思います。

2021年は、コロナウィルスが今より落ち着いて、我慢の年にならないように、私達の生活を取り戻せるような1年になれば良いなと心から思います。

皆様にとって2021年が素晴らしい年になりますように。

良いお年をお迎えください‼︎


株式会社テックエデュケイションカンパニー的招募

本週排名

展示其他排名
如果這篇文章引起了你的興趣,歡迎你到訪公司了解更多!