1
/
5

他社では経験できない0→100の営業に魅力を感じて。#ツクルバメンバーズ~カウカモエージェント編~

ツクルバでは、ユニークで多様なバックグラウンドを持つ、多彩なメンバーが続々と仲間入りしています。「#ツクルバメンバーズ」シリーズでは、 そんなメンバーそれぞれのストーリーを紹介し、社内外に発信していきます! 今回は、2020年8月にcowcamo Agent Service事業部へ加わった楠木をご紹介します。

楠木 拓馬(くすき たくま)
1995年和歌山県出身。新卒で大手不動産会社へ入社し、個人向け売買仲介営業に従事。相場情報サイトを運営する不動産ベンチャー企業へ転職後、2020年8月ツクルバへ入社。

なぜツクルバに?

新卒で大手不動産会社へ入社したのですが入社してすぐ、自分には大手の雰囲気はあわないと感じ転職活動を始めました。もともと不動産業界にすごくこだわりがあったわけではないので、他業界も幅広く見ていたのですがピンとくる仕事がなく、ふと「自分のように上手く条件整理ができず、悶々としている人っているのかもな。なんか不動産購入と似ているな。」と感じたんです。
そんな気づきから、自分が考えている事を体現できるのは不動産業界だと思い、相場情報サイトを運営している不動産のベンチャー企業へ入社しました。
1年程働いた頃、偶然前職の先輩に声を掛けてもらい初めて『ツクルバ』という会社を知りました。当時は、まったく転職を考えていなかったのですが、これからの市場の広がりが期待できる"リノベーション"に特化している点、自社のプラットフォームを持っている点、上場していてそれらを世の中に浸透させていこうとしているツクルバの事業内容に強く惹かれましたね。
私自身、転職はわるい事じゃないと思っていますし、動いてみないと分からない。どこで仕事をしても自分がやる事は自分で決める。と思っているのでそこからすぐに入社を決めました。

ツクルバでのミッション

カウカモエージェントサービス事業部でお客様の理想の住まい探しをお手伝いするカウカモエージェントをしています。入社した当初はいままで自分が経験してきた仲介業と180度違う世界を見たような気持ちでした。もちろん専門知識や相場感覚など活かせる部分もありますが、お客様へのアプローチが全然違うのです。
『cowcamo』は、「この物件なんか良さそうカモ?」という検討段階のお客様が多くいらっしゃるので0→100にする提案が必要です。
大手仲介会社のお客様であれば、色んな物件や情報を調べ、ご自身で購入の意志を固めて安心感で来店されるお客様が多いので10→100だと思います。他のベンチャー企業は1→100。なので、0→100を提案している不動産会社はいないのです。そんな他では経験できない部分に面白さを感じています。

また、新たなチャレンジとして今期からUL(ユニットリーダー)の役割も担っています。ちょうど3ヶ月が経ちましたが、同じ熱量を持ったメンバーと、同じ方向を向いて取り組めている事はとても楽しく充実しています。
ツクルバのULは立候補制なので、自らの意志で手をあげチャレンジできる環境です。中にはULからメンバーに戻る方もいますが、降格ではなく自分のやりたい事を叶える為の選択なので、そういった意志を受け入れてくれる環境があるところもツクルバの良さだと思います。

欲しい未来

少し先の未来だと組織がどんどん大きくなっているので、チームや事業部を統括できるような視座を高めるスキルを身につけていきたいと思っています。あとは、リモートワークが当たり前の環境なので他の部署との交流ももっと増やしていきたいですね。

長期的な目線でいうと、カウカモに限らずツクルバ全体を動かせるようなスキルを磨いていきたいです。上場しているとはいえ、まだまだ業界内では知名度も大きいわけではないですし、0から文化を作るのはやはり難しいと感じています。ただ、少しずつ形になっている実感があるのでそれをしっかり文化にしていきたいです。やりたい事をやっていれば、それが勝手に自分のスキルになっていくと思っているのでこれからも自分の思うように、ある意味わがままに仕事をしていきたいですね。


『お気に入りの1枚』

前期、年間契約件数を達成した際に撮影してもらった写真です。エージェントサービス事業部では、受賞記念に『イケてる写真』を撮影してもらう文化があり、オフィス周辺で撮影します。社内外のプロフィール画像に使用するメンバーも多く、モチベーションにも繋がっていますね。


\私たちと一緒に働きませんか?/
募集中の職種やお仕事の詳細はそれぞれの募集記事をご覧ください!

株式会社ツクルバ的招募
17 Likes
17 Likes

本週排名

展示其他排名