1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong(Chinese (Traditional)). Go to the page for users in United States.

【受賞者対談】異業界転職から1年でスピード昇格した2人が語る、未経験でも活躍するための秘訣とは。

こんにちは!バルテス広報の新村です。

バルテスではIT業界未経験者採用、通称『ポテンシャル採用』をおこなっています。本記事では、ITとは無縁の業界からバルテスに入社し、わずか1年でリーダーにまで昇格した「2019年度 ポテンシャル賞」受賞者のお二人に、未経験からでも活躍するための秘訣を聞きしました。

■ポテンシャル賞を受賞した2人のプロフィール

青木拓也(第1ソフトウェアテスト事業部 EQS リーダー)
タレントマネジメント、広告代理店営業、イベント制作を経てバルテスに入社。現在はテスト業務全般の他、コンサルティング案件にも従事。
青海貴大(第1ソフトウェアテスト事業部 EQS リーダー)
経営コンサルティング会社で提案営業、経理業務、研修講師など様々な業務を経験しバルテスに入社。現在はテスト業務全般の他、プロジェクト管理などマネジメント業務に従事。


Q.なぜ未経験だったIT業界に異業種転職したのでしょうか?

青木:私はバルテスに入社するまで、エンタメ系を中心に自分の興味・関心を軸に仕事をしてきました。しかし、20代後半に差し掛かった所で”社会的ニーズが高く成長する業界”という軸で仕事を選ぶべきだと考え、IT業界への転職を決めました。

青海:私の場合も、最先端を行く成長市場のIT業界に惹かれました。前職のコンサルティング会社は、どちらかというとIT業界とは真逆でアナログな部分が残る会社で、「世の中から取り残されてしまう…」という危機感もあり、IT業界への転職を決意しました。ただ、エンジニア職には中途の未経験者採用がなかなかありません。そこで見つけたのが、未経験者への研修が手厚いバルテスでした。

青木:2ヶ月間の研修があるということは大きな安心材料でした。さらに、成長が期待される企業を表彰する「ベストベンチャー100」に選出されていたことが入社の決定打でした。“IT企業=細かくて堅苦しい”という印象だったのですが、バルテスはいい意味でベンチャー気質かつチャレンジングな会社で、自分には合ってそうだなと。


Q.入社してみて2年が経とうとしていますが、チャレンジングな会社だと思いますか?

青海:“未経験”というフィルターを抜きにして、挑戦できる環境が整っている会社だと思います。青木も私も、入社から1年でリーダー職に任命していただきました。売り上げ規模の大きな重要案件のPL(プロジェクトリーダー)も経験させていただくなど、手を挙げ続けるとチャンスが与えられるカルチャーを実感しています。

青木:私は、入社して1年後に新サービスの立ち上げを任せていただきましたが、それがまさに”チャレンジングな会社”である証明ではないかと思います。サービス化に伴う自社メディアの記事執筆、顧客との調整や社内へのナレッジ共有など様々な事に挑戦させていただきました。周りの方々のフォローのおかげもあり、着実に成果を残す事ができたと思います。

平等にチャンスのある社風なのでモチベーションも上がり、改めて自分に合った社風を選ぶことは重要だと実感しました。


Q.未経験者にも平等に機会があることがわかりましたが、その中でもチャンスを掴み、成果を出すための秘訣はなんでしょうか?

青海:私は常にワンランク上のレイヤーの仕事を見て技術を盗むことを徹底しています。案件アサイン時は、テスター(テスト実施者)からのスタートですが、それより上のテスト設計者になるためにはどのようなスキルを身に着ければいいのか、先輩たちの動きを見てインプットを欠かさず行っていました。ある程度やり方が把握できたら、上司に直接お願いし、それらの業務を任せて頂きました。アウトプットの積み重ねです。

青木:アウトプットは本当に大事です。私は時間を確保して勉強するということが苦手なので、“習うより慣れろ”の精神で、少しでも難しい案件への配属を希望し続けました。

青海:受け身にならずに積極的に動けば、その意志に寄り添って経験の有無に限らず仕事を任せてもらえますし、周囲の方々もサポートしてくれますね。

青木:“未経験“を意識しすぎることは消極性を生むと思っています。意見を持っているのに言えなかったり、未経験を理由にして諦めてしまったり・・・。私はまだIT業界2年目ですが、提案に行くときはまるで業界10年目のように堂々と喋っています。謙虚さは持ちつつも、少し虚勢を張るくらいのほうが自信もついてくるはずです。


Q.“未経験”であることに縛られないお二人の積極性が活躍の秘訣の1つですね。その他に、前職の経験から活きていることはありますか?

青木:これまで営業やアイドルのマネジメントなど、様々な経験をしてきたおかげで身に着いた、人の目線に立って考えることが活かされています。IT業界はPCと向き合っている印象が強いかもしれませんが、どんな仕事であろうと結局は“人対人”です。例えば、テストを進める中でお客様の先にいるお客様=エンドユーザー(利用者)の目線を持つことができれば「もっとこうしたほうが使いやすいのでは?」という気づきが生まれます。

青海:システムに関する知識がなくとも、エンドユーザーの目線に立って改善案をお客様に提案することは可能です。その気づきが開発側にとって大きなヒントになることもあります。前職では常々“期待を超える仕事をする”ということを求められましたが、これは相手目線であってこそ叶うもの。また、お客様に対してだけではなく、社内のメンバーへの接し方でも同じことが言えます。


Q.最後に、バルテスに応募しようと思っている方々にメッセージを!

青木:色々挑戦できている上にワークライフバランスも保たれていて、刺激的ながらも穏やかな日々を過ごせています。未経験の方でも、直感的にこの会社いいかも!と思ったら、飛び込んでみてほしいです。

青海:2ヶ月間の研修で基礎的な技術は十分身に着けられるので、未経験だということを心配する必要はありません。ユーザー目線さえあれば大いに活躍できるフィールドがあるので、IT業界に興味があれば是非挑戦してみてください。


未経験で成果を出すための4つのポイントまとめ

未経験キャリア入社の活躍者にポテンシャル賞を受賞したお二人の共通点は以下4点であることが分かりました。

上記4つはバルテスの仕事に限ったことではなく、全ての社会人に通ずることではないでしょうか。この記事がこれまでとは別の業種や業界で挑戦したいと思っている方のヒントになれば嬉しく思います。

その中でも、バルテスに興味を持ってくださった方は、是非お気軽に以下ボタンよりご連絡ください!

バルテス株式会社的招募
10 Likes
10 Likes

本週排名

展示其他排名
如果這篇文章引起了你的興趣,歡迎你到訪公司了解更多!