1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong(Chinese (Traditional)). Go to the page for users in United States.

初インターン生から見たウェルマーケの魅力

初めまして。ウェルマーケ株式会社でインターンをしている大学4年生の篠田真央と申します。

今回、私がウェルマーケに残す遺産として、大好きなウェルマーケの魅力を世に発信すべく、フィードを執筆します。この記事を見てくださった方が、少しでもウェルマーケのことを知って興味を持ってくだされば嬉しいです。

1. ウェルマーケへインターン入社した理由

私がウェルマーケに入社したのは、「社長である与田さんの目力にやられたから」です。

ふざけていると思われそうですが、本当です。詳しい背景は後ほど説明します。

ウェルマーケとの出会い

就活という長い戦いを終え、何か新しい挑戦をしてみたいと思い、ある日私は長期インターン掲載サイトに登録しました。すると、「ウェルマーケ株式会社」という会社からからスカウトが届きました。何気ない気持ちで話を聞いてみようと思い、面談に向かいました。

気軽な気持ちで面談を組んだものの、大学3年生時に培った就活マインドがセットされていた私は、「御社」への思いをとても熱く語り、なんとその場でオファーをいただくことができました。

正直、事前にホームページやサービスページは確認していましたが、詳しく会社について知ったのは面談当日でしたし、就活中、散々企業からの焦らしに耐えてきた私は、まさかその場で「明日から来られますか」と言っていただけるとは予想だにしていませんでした。

嬉しく思う一方で、何気なく受けてしまっていたため、動揺の気持ちもありました。ですが、鉄壁の就活マインドで面接に臨んでいたため、社長の前で「少し考えさせてください」とは言えず、気づいたら「よろしくお願いします!」ととびきりの笑顔で握手していました。

他の会社にもインターン応募はしていましたが、それらも突然その日に全て辞退することになりました。

このように、入社時は勢いによる部分が強かったのですが、与田さんから私が一人目のインターン生であることを聞かされ、とてもワクワクしたのを覚えています。

2. ウェルマーケでよかった ❤︎

「セールス」って美味しいの?

ウェルマーケに入ってからは、まずセールスを担当しました。当時は今注力している事業と少し違う分野も扱っていたので、RA(リクルーティングアドバイザー)・CA(キャリアアドバイザー)を一気通貫で担当しており、そこそこ大変だったのですが、社長の与田さん・COOのなおきさんが丁寧に指導してくれたので一生懸命取り組むことができました。

ここで、「セールスってちょっとやだな...」そう思われている学生さんもいらっしゃるかもしれません。

実は就活中、私も少しそう思っていました。

理由としては様々あると思います。単純な作業の繰り返しだろうから、あまり頭を使わず誰でもできるんじゃないか。身に付くスキルはあるだろうけど、営業内でしか役に立たないんじゃないか。

ですが、実際に体験してみて、全然違うと気付かされたのです。

まず、セールスって、すごく簡単に言えば、自分の思いを正確に相手に伝え、自分が望むように行動させる、てことだと思うんです。それは、いわゆる「営業職」の中でとどまるものではなく、社内・社外の人とのやり取り全てで大事になるコミュニケーション術なのだと、業務を通して気づくことができました。

そして、メインで担当したキャリアアドバイザー業務は、本当に複雑で奥が深いというか、噛めば噛むほど味が出るというか、相手に合わせて臨機応変に行動を変えるのは難しくて楽しいです。どういう風に伝えるのが効果的かは相手によって異なるので、如何に自分が望む方向に相手を誘導するかを考えながら話すことは、とても頭を使います。毎回、新しい相手にプレゼンしている感覚でした。

実際に、普段の社内のコミュニケーションの中でも、如何に簡潔に相手に自分の要望を伝えて行動してもらうか、考えながら話すようになった結果、意思疎通が改善した(と思います)し、論理的思考力が結構鍛えられました。

不意の「これ、任せるわ」

与田さんは、不意に「これ、任せるわ」ということが得意です。

ある日は「今度、往訪同行来る?」、またある日は「このプロジェクト、任せていい?」、そしてまたある日は、「それ、自分なりに進めてみてくれる?」と言います。

その無茶振りが、たまりません//

与田さんの「これ、任せるわ」によって、私はセールス以外に、外部の会社の受注コンサル業務・ウェルマーケの採用推進業務を担当させていただきました。

3. 与田さんには逆らえない(良い意味で)

与田さんはとても強い目力を持っています。

その目で見つめられると、断ることなどできません。

例えば、「この本とこの本とこの本、次の出勤日までに全部読んできてね!」(全てハードカバー&分厚い)と言われて、もともとの予定もあるし読みきれないよ...と思っても、与田さんと目が合えば無意識に「はい!」と笑顔で答えられます ❤︎

私の場合はこれが功を奏して、インプットスピード・作業スピードの向上につながりました。

これを聞くと、与田さんって怖い人なのかな...と思う方もいるかもしれませんが、そんなことは全くありません。

与田さんは実はとっても可愛いんです。

あんまりここでいじりすぎるとあとで怒られそうなのでやめておきます。

どう可愛いのか、どう変態なのか、が気になる人はぜひ一度与田さんに会いにウェルマーケへ来てください。

4. なおきさんの包容力

なおきさんは、とってもとっても優しいです。それと、すごいお兄ちゃん感があります。

どのくらいお兄ちゃん感があるかというと、求職者の人と電話していて、私が噛んだ時に、「ぷぷっぷぷぷぷ」て私のことを指差して笑ってくるくらい、うざくて楽しいです笑

業務後にめちゃめちゃ泣きながら相談の電話をしたこともありました笑 突然電話してしまったのに、いっぱい話を聞いてくれて、寄り添ってくれて、きゅんとしました//

このなおきさんの包容力が気になる人も、ぜひ会いに来て欲しいです!

ウェルマーケ株式会社的招募
2 Likes
2 Likes

本週排名

展示其他排名
如果這篇文章引起了你的興趣,歡迎你到訪公司了解更多!