1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong(Chinese (Traditional)). Go to the page for users in United States.

【ウェルモの働き方Vol.1】グラフと写真で見る!介護事業のメンバー紹介

こんにちは、インターンの川井です!
今回はウェルモにいる様々な役職のメンバーを紹介していきます!

まず初めに、介護事業メンバーの概要について紹介します!


株式会社ウェルモは、全国に4つのオフィスを構えています。
真ん中の拠点別の図を見ていただくとわかりますが、北は札幌から南は福岡まで、全国各地に展開しています。本社が東京なこともあり、大半のメンバーが東京オフィスで業務を行っています。
離れていますが、月に1度行われるWelmo Nightでは各拠点の方々とZoomで繋がって、しっかりコミュニケーションを取っています。おつまみやお酒を食べ飲みしながら参加出来て、毎回とても面白いです!

一番右の図は男女比です。男女比は約3:1となっていて、男性の方が多いのがわかります。注目すべきはその中でもパパママが半数以上もいるということ!既婚者ではなく、お子さんがいる方々です。ベンチャーでもこんなにパパママが多いのは珍しいと思います。

最近行っているWELMO Connectという施策。拠点間を繋いで10分程度リモートでコミュニケーションを取れる場があるのですが、そこではお子さんを連れて参加してもOKになっています。それくらい、ウェルモはパパママが仕事しやすい環境です。

経営陣メンバーについて紹介します!


ウェルモの未来を創っている5名の経営陣の方々です。
今回はこちらの5人の中の1人である、木村さんにウェルモについて語って頂きました!

-ウェルモの魅力は?

福祉系スタートアップ企業に必要となる、経験・スキル・マインドを持ったメンバーが揃っていることです。
具体的には、技術系スタートアップとして欠かせない、事業開発力・ファイナンス力・製品開発力・先端技術研究を強みとするメンバーがいること。福祉業界の特殊性を突破していくための、医療・福祉の専門職と政治家や官僚の政策視点を持つメンバーがいること。そして何よりも、これらのメンバーが、「愛を中心とした資本主義のつぎの社会を描く」という、ビジョンに共感して集まってきているということが魅力だと思っています。

-ウェルモで実現したいことは?

少子高齢社会の問題が最大化するであろう2035年~2040年、当たり前の幸せを誰もが感じられる日本社会であって欲しい。
そのために、やるべきことの中で「持続可能な介護の仕組みづくり」、「高齢者を社会的に需要できる文化醸成」が、特に重要な課題だと考えています。これらの課題に対して、ベンチャーならではのアプローチで、現場に寄り添ったサービスを広げ、魅力的な会社にしていく。
それによって、他業界で働いている人を福祉業界に巻き込み、会社としての影響力をさらに大きくしていく。このサイクルを循環させることで、「仕組みづくり」だけでなく「文化醸成」まで担っていけるような会社にしていきたいです。


続いてプロダクト開発部のメンバーを紹介します!


こちらは、AIチームのメンバーを抜粋して紹介しています。
プロダクト開発部は、
  ・プロダクトチーム
  ・開発チーム
の2つのチームに分かれています。
プロダクトチームの中に、企画、デザイン、専門職、データ分析の4つのチームがあります。更に、開発チームの中には、AI、アプリケーション、SREの3つのチームがあります。
これら全てのチームが掛け合わさって、ウェルモのプロダクトは作られています。


今回はプロダクト開発部を代表してCTO/STO(ソーシャルテクノロジーオフィサー)の角井さんに、プロダクト開発部のメンバーについて語って頂きました!

-プロダクト開発部のメンバーについて

チームの種類からもわかるように、プロダクト開発部は現場経験十数年の経験豊富な元ケアマネジャーからAIエンジニアまで多種多様なメンバーで構成されています。その他、ハイパーヨーヨーの東北チャンピオンからスイーツ男子・料理男子とメンバーの幅の広さには自信があります(笑)
このようなメンバーが合理的かつ有機的に機能し合うことで、「プロダクト価値の最大化」というミッションに立ち向かっています。

ミッション達成のためにシビアな会議や仕事を行いながらも、読書会や勉強会などを定期的に開催して、「お互いを知る」・「お互いを高め合う」ことも大切にしています。そのため、エンジニアメンバーも今では介護保険制度など介護ドメイン知識もしっかり身についています。また筋肉体操という、希望者で筋トレをする時間もあり、違った意味でもお互いを高め合っています(笑)

そんな素敵なメンバーでプロダクト開発部は成り立っています。

上記で紹介したメンバーの他にも、ウェルモを支えている、ウェルモを創り上げているメンバーが沢山います!
皆さんとても暖かくて、オンオフがはっきりしているなと感じます。
オンの場面では、介護という日本の社会課題に真剣に取り組んで仕事をしています。反対に、オフの場面では、ベイブレードをしたり、生クリームを食べにいったり、会社でスターウォーズを観たりと、遊び心も大事にしている方がたくさんいます。
ウェルモのメンバーはそれを受け入れてくれる。そんなウェルモはとても楽しい環境です!
もう少し細かい話が聞きたい方は是非ご応募ください。オンラインでカジュアル面談も行っています〜!

株式会社ウェルモ的招募
16 Likes
16 Likes

本週排名

展示其他排名
如果這篇文章引起了你的興趣,歡迎你到訪公司了解更多!