1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong(Chinese (Traditional)). Go to the page for users in United States.

管理部が実施!リモートワーク中のコミュニケーション施策をご紹介

こんにちは!柿ピーの比率は9:1で良いと思っている管理部の若林です。

今回はリモートワークになってから管理部がどのようにコミュニケーション施策を取っているのか、ご紹介したいと思います。

以下の3つのトピックでご紹介致します。

①GM西田のゴリゴリコミュニケーション設計とは
②週2開催≪ゆる募ランチ≫はペットも参加中!
③お誕生日はみんなで祝う!がwevnal流

では早速こちらから!!

■GM西田のゴリゴリコミュニケーション設計とは

我が上司でもあるGM西田のコミュ力って半端ないんです。西田が入社してきたときに「この人絶対ヤバイ人だ!!」と感じる程にメンバーのテリトリーにズンズンと入っていっていました。後で聞くと関係を構築するため為に意識的にやっていたとのこと。今では全チャットグループに入っているのではないかと思うくらい西田はコミュニケーションを密に取りに行くんです!

そんな西田にリモートワークになってから特にコミュニケーションで意識しているポイントはあるのか聞いてみました。

第1:目標管理を明確に!
・目標設定をしっかりと時間を取って目線合わせする
・上記を1か月ごとに分解する、又週次毎に分解する

確かに1on1でしっかりと目標設定に時間を割いてくれました。そのおかげで私も明確な目標を定めることができ、さらに達成するために必要なスキルや行動にまで落とし込むことが出来ています。頻繁に進捗を確認してくれるので、わからなくて進まない...ということもないです!

第2:認識GAPのズレをなくす!
・ルーティーン化出来るものは早期にルーティーン化して、マニュアルまで完備
・OUTPUTを出した上でのコミュニケーション

リモートワークだと相手の表情や動作が見えない分、認識合わせってとても重要ですよね。西田の場合は「俺はこうやりたいんじゃーーー!だからココとココを手伝ってくれーー!」と言った感じにまずゴールを明確に伝えてくれます。それも口頭ではなく資料が出来ていて、その上で課題を洗い出して伝えてくれるので認識GAPのズレがスタートの時点で少なくなります。さらに発言しやすい空気間があるので、私はこう思います!こっちのほうが良いと思う!という意見も出しやすいです。

第3:その他!
・思ったことは即言う(目の前にいる時と同様に)
・文章のみで分からなそうであれば、即zoom等動画でコミュニケーション取る

自身のTwitterと間違えてるのでは...というくらいつぶやきに近いメッセージがチャットワークに飛んできます。でもそのおかげで考えてる方向性が私もキャッチアップしやすいです。またチャットワークで質問を投げると即zoomやテレビ通話がかかってくることもしばしば。でもそのおかげで最速で問題解決に繋がり、結果的に効率が良くなっているなと感じます。

■週2開催≪ゆる募ランチ≫は子供もペットも参加中!

毎週火曜と木曜は人事の新原主催でオンラインランチをゆる~く開催しています。その名も≪ゆる募ランチ≫!決して強制参加ではなく参加したい時に参加したい人だけがゆる~く参加しています!

wevnalには沖縄支店もあるのですが沖縄メンバーが参加してくることもあり、沖縄のコロナ状況を聞けたりと良いコミュニケーションの場になっています。たまに社長の息子くんや、メンバーが飼っている猫ちゃんやワンちゃんたちが映って参加することも♡

■お誕生日はみんなで祝う!がwevnal流

wevnalでは毎月お誕生日のお祝いをしています。

これまでは月の最終金曜日にお祝いをしていたのですが、こんな状況だからこそもっと密にお祝いしよう!という思いから当日にお祝いをしています。

主役の写真を添えてお祝いメッセージを全体グループチャットに投稿しています。そこからコラ画対決に発展したりしてなかなか盛り上がります!

こちら先日誕生日を迎えた、たにーにさんのコラ画です。w

■いかがでしたか?

管理部のリモートワーク中のコミュニケーション施策をご紹介しました。Beforeコロナよりも良いコミュニケーションが取れてると感じられるよう、日々進化を続けていきます!

それではまた次回!wevnal!

株式会社wevnal的招募
9 Likes
9 Likes

本週排名

展示其他排名
如果這篇文章引起了你的興趣,歡迎你到訪公司了解更多!