1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong(Chinese (Traditional)). Go to the page for users in United States.

What we do

主力商品 不動産業務プラットフォーム「みらいえ」
【「便利になったね」を世界一創る不動産テックベンチャー】 イー・ビジョンは不動産会社向けに業務管理支援システムを開発・販売しています。 創業当初は受託開発を行っていましたが、2012年に自社サービスの開発を始め、2016年から本格的に主力サービスである"みらいえ"の開発を始めました。現在ではリソースの9割以上を注いで自社サービス(下記のサブスクリプションSaaS)の開発を行っています。 ■不動産業務支援サービスの提供 ・【ミライエ】AI/人工知能による業務の自動化クラウドサービス 「人が居ない、時間がない、反響がない、そんな不動産会社の困ったを解決します。」 https://miraie-net.com ・【ミライエ360】不動産業界に特化したパノラマVRサービス 「現地での物件見学はもう古い。自宅で、外出先で、その場にいるような臨場感が味わえます。」 https://miraie-net.com/360/ 不動産テック市場は競合サービスが急増している急成長中のマーケットなので、シェア獲得に力を入れる企業が多いです。 弊社ももちろん顧客獲得に力を入れていますが、最も力を入れているのは顧客の要望をサービスに反映させることです。これは弊社が「ユーザーがストレス無く使えるシステム(サービス)を開発すること」を重視しているからです。

Why we do

1.なぜやるのか? 【ITをもっとやさしく】 きっかけは、地域密着の小さな不動産店でした。高齢の店主がパソコン業務に苦慮し時代に置き去りにされている姿を見て、情報弱者にもITの裾野を広げられるシステム開発の必要性を痛感したのです。ドラッグアンドドロップで誰でも簡単にスマホサイトが作れる「モビーク」の開発や、難しい知識やノウハウがなくても簡単に不動産仲介の集客業務ができる「みらいえ」の構築を進めるのも、ITを誰もが電気や水道のように使える世の中を目指したからに他なりません。これらが進めば地方の零細企業でさえ世界市場で戦える、そんな社会が実現できると考えています。 ITをもっと皆さんの夢を叶える「便利でやさしい道具」にするために、私達は今日も挑戦を続けます。 2.どんな課題を解決しているのか? 【やさしいITで不動産業界の課題を解決!】 弊社のサービスは不動産会社の業務を自動化し、集客を効率化・支援するもので、このサービスを利用いただくことでお客様は非生産的な業務はシステムに任せ、より生産性の高い業務に注力することができます。 また、SaaSのクラウドサービスなので販売して終わりではなく、顧客が弊社のサービスを効果的に活用できるまでサポートやサービスの改善を行います。これにより、短期的にではなく、中長期的に業界の課題解決に貢献できればと考えています。 今後もITテクノロジーを用いて業界課題を解決することはもちろん、ユーザーにストレス無いシステムの提供を通して誰もがITの使いやすい社会の実現を目指しています。

How we do

【フラットな関係性と自由度の高い環境】 私たちは「今まで経験したことない便利さ」をユーザーに届けるため、常識や既存のルールに囚われることなく、社員一人一人が自由度と裁量権を持って仕事を行っています。 これは弊社がルールを設けず、個人が自由に想像力を働かせることが顧客の「便利さ」につながると考えているから。 今後もお客様の立場に立ったシステム開発を行い、「人に優しいIT」、「今まで経験したことない便利さ」でお客様に感動と幸せを届けていきたいと考えています。 ◆イー・ビジョンが大切にする行動指針(クレド)◆ 【お客様と成功を「継続」・「探求」】 仕事の目的は常に、お客様の期待を超え続けること。 お客様の笑顔は一度きりではなく、継続させて初めて私たちも成功と言える。 その成功の道のりをお客様と一緒に走り続けたい。 【常識を変える】  我々の原点は、既成概念にとらわれず、常識を疑い、今までになかった方法を産み出す「Lab精神」。 誰もできなかった企画を考える。誰もできなかったスピードで開発する。誰もできなかったコストでお客様の要望に応える。 昨日はできなかったことを、今日できるように。 【オーナーシップ】  自分だけでなくプロダクトにもオーナーシップを持った個人の集合体が「チーム」。 プロダクトは一人では作れない。「自分」の領域を超えて議論する、喜びの感情を共有する。 一人ではなく、チーム全員のオーナーシップがプロダクトと自分を大きく成長させる。 【あえて共有】 短期間で大きく成長するには一人ではなく、仲間の力が必要。 共有されたナレッジ、フィードバックの総量が短期間でチームと個人を成長させ、高速で高品質のプロダクトを創り出す。