1
/
5

所有文章

自分も知らない自分がいた。働くことで学びを得られる環境だから、気づいたこと。
▲本人筆の似顔絵(微笑む口元から人柄がにじみ出ている)プロフィール小林弥那美(こばやしみなみ)。2019年6月入社。普段は在宅勤務。お茶の水女子大学博士後期課程在籍。大学では哲学を専攻。研究を進める傍ら、後輩の研究サポートなどを行っているJBAと出会って、”戦場”から抜け出すことができたJBAの門を叩いたその日から、私は「戦争の最前線で働く兵士」から「富と学び舎に恵まれた大富豪の養子」になってしまった―――。大学院生活が長くなり、社会との接点がないことに不安を覚え始めていた矢先、後輩からの勧めでJBAを知りました。大学院で哲学を専攻している私はもともと、哲学の難しい内容をかみ砕いて伝え...