1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong(Chinese (Traditional)). Go to the page for users in United States.

[節分の日編] 鬼は~外!福は~内!オンラインで節分やってみた

フルリモートでのコミュニケーション、節分の日編です!

今日は節分の日。本日、2月2日が節分の日になるのは124年ぶり、という事で今年の節分は色々な意味で特別な年の節分です。

去年の今頃は「なんか海外でコロナというウィルスが流行っているらしいよ」「日本は大丈夫かな?」なんて言っていた時期ですね。

ちょっと懐かしいです😢


さて、節分の日という事で「テレ節分やってみた!」記事です!


本記事は㈱イエソドで人事を担当している盛(もり)がお送りします💁‍♀️


節分の日、という事で、お面か豆を用意して参加して貰いました!

(社長のお面の力の入れ方が凄いw)

さすがに豆を投げ合う、みたいな事は出来ないので、お面をしながら子供の頃の節分ってどんな感じだったか、な話をしました!

聞いてみると結構人それぞれで、地域によっては大豆ではなく落花生を投げる地域もあるそうです。

北海道や東北の地域では落花生を投げる家庭もあるそうですね!


親に鬼のお面をつけてもらって、家の外から入って来ようとしている鬼に豆を投げる方が多かったです。

玄関や庭・ベランダから来る鬼に向かって豆を投げながら鬼は~外!福は~内!をしていたそうです!

あとは、全ての部屋に豆まきを…片付けが大変そうです😅

「片付けるまでが節分!」

全部屋に豆まきしてました(落花生Ver.)、と、全部屋に豆まきしてました(大豆Ver.)。

落花生も投げると殻が割れて大変そうだし、大豆は絶妙なサイズなので掃除機では吸え無さそうで・・・と、やっぱり片づけの事が気になっちゃいますねw

ちなみに私の子供の頃は、それこそ片付けの面からだと思いますが、大豆を小分けにしてサランラップに包んだ豆を投げてました。投げ終わった後にラップに入った豆を回収して年の分だけ食べました!

あとは投げるフリをするだけのお宅も。

今夜、鬼になる方々・・・、頑張ってください!(子供のチカラって意外と強い)



「皆さん、今回買った大豆・・・そのまま食べるんですか?」

節分の豆、買ったは良いけど全部食べるのってしんどい……。

ちなみにフランスでは2月2日はクレープの日だそうです。


私的にはクレープ&シードル(リンゴ酒)なら是非😋という感じですが、用意した豆を辛い思いして食べるのではなく美味しく頂きたい…。

そこで、調べてみると節分の豆を調理して食べる方もいらっしゃる様で、気になったメニューをピックアップしてみました!



我が家の大豆レシピ3選(ホットクックで蒸し大豆・煮豆・オーブン焼き甘辛大豆) | オニマガ
我が子が通う幼稚園の今月の目標(厳密には母親たちの勉強会の目標)は、 「大豆を1日に80g(週に560g)摂りましょう!」っていうやつで。 生活に関わるあれやこれやを考えて実践する、というのが基本理念の学校で。 そんなわけで、大豆をがっつり食べるならやっぱり、 シンプルな蒸し大豆( ホットクックで簡単)、甘辛くてごはんにも合う煮豆、 あとはおやつにも食べられるオーブン焼きだよね〜ってなことで。 子供の頃はまったく興味がなかった大豆。大人になるとなぜか美味しい! というわけで、以下そんな作り方レシピ。 乾燥
https://onimaga.jp/nimame.html

私は、“甘辛オーブン焼き大豆„を試す予定です🙋‍♀️



今年の恵方は「南南東」

今夜は恵方巻を食べる方も多いと思います!

最近は恵方巻にも沢山種類がありますよね!海鮮系が主流かと思いますが先ほどスーパーで、中が海老天のもの・カツ・黒毛和牛の恵方巻を見かけました!ロールケーキも良いですよね!

今日、恵方巻を食べられる方は、南南東を向いて無言で食べて運を掴みましょう!



弊社では1人目のカスタマーサクセスの募集を開始しました!

CSから事業をスケールさせてくれる方のご応募、お待ちしております😀

1人目のカスタマーサクセス
カスタマーサクセス立ち上げ!顧客を戦略的に成功へ導くCSMgr候補募集!
◆ SaaS統制プラットフォーム『YESOD』 ◆ 株式会社イエソドはBtoBクラウドサービス『YESOD』の設計・開発・運用を事業としています。 『YESOD』とは、IT系スタートアップベンチャーの管理部門( 総務 / 労務 / 情シス / 監査)向けにSaaS管理の非効率を解消するサービス提供していきます。 散らばった人事・組織情報を統合し、企業の人・組織・情報を正しく整理することで業務改善・内部統制・情報セキュリティへの対応を考慮に入れた上で、上場前後のIT系スタートアップベンチャーのCTO / CIO / CFO / 監査役が泣いて喜ぶサービスを目指しています。 ■ SaaS管理を支える3つのサービス 1.YESOD アカウント棚卸 「SaaSアカウントを自動で棚卸」  ✓ アカウント・権限情報を可視化。一元管理してSaaS統制を強化。  ✓ 導入したSaaSからアカウト情報を自動で取得。  ✓ SaaSの権限・グループを網羅的に照合。アカウントの自動突合。 2.YESOD ディレクトリサービス 「過去 、現在、未来の人・組織情報を会社全体で共有」  ✓ 情報の一元化により、担当者間の連携ミスや手戻りを削減。  ✓ Web APIやCSVインポートで散らばる人・組織の情報を簡単に集約。  ✓ 日付を切替えるだけで過去・現在・未来の情報に簡単アクセス。 3.YESOD アカウント同期 <今後サービス提供予定> 「人・組織情報を元にSaaSアカウント・権限を自動で発行」  ✓ 着任したその日から必要なSaaSがすぐに利用開始。  ✓ 人・組織 × 役割に基づいてSaaSアカウント、SaaS権限設定を自動化。 -----参考記事------------------------------------------------------------------- ・『YESOD』サービスサイト  https://www.yesod.co/ ・SaaS入れ過ぎは経営リスク?  「3つの落とし穴」と解消ビジョンを、ユーザベース上場牽引のエンジニア起業家に聞く【イエソド竹内秀行】  https://www.fastgrow.jp/articles/yesod-takeuchi ・【導入事例】株式会社プレイド様: 人・組織の情報を集約し、Google Workspaceのアカウント設定の自動化を実現  https://www.yesod.co/case/plaid
株式会社イエソド






この記事は『 note 』にも掲載しています💡

株式会社イエソド的招募
4 Likes
4 Likes

本週排名

展示其他排名
如果這篇文章引起了你的興趣,歡迎你到訪公司了解更多!