1
/
5

フィードバックのある環境で、技術のスペシャリストに成長していきたい【YOURMYSTAR ENGINEER STORY 04】

プロダクト開発チームの佐々木さん。

日々様々な部署とやり取りをしながら、フィードバックを大切に業務をされています。そんな佐々木さんにユアマイスターにいる理由や成長したこと、これからの目標について語っていただきました。

全ての開発工数に関わることができる、自社プロダクトの開発がしたい

ーー佐々木さんの今までのご経歴を教えてください。

大学ではマーケティングの学部に所属し、就職活動時は営業職などを受けていましたが、ある会社でSPIを受験したところ「エンジニアにむいているようだから、エンジニア職種も受けてみない?」と言われました。

大学の時に、情報学部の授業を選択してWebサイトの制作を体験し、楽しいと思えた体験もありましたので、向いているなら一度受けてみようと思いエンジニア職にチャレンジしました。

転職活動を経て、SaaS系の会社に新卒で入社しました。自社製品関連の部署に入りたいと思っていましたが、SES部署への配属となり、EC系の会社に常駐して、バックエンド処理関連の業務を行うことになりました。

当初希望していた自社開発の仕事ではありませんでしたが、プログラミングが好きという思いから、楽しんで仕事を続けていました。

コロナ禍になり多くの企業でリモートが推奨され始めた時、セキュリティの観点から、リモートがしにくい外注エンジニアの需要は、減るのではないかと考えました。

また、常駐先の仕事は、上流から携わるのが難しいので、要件定義から広い開発工数でプロダクトに関わりたいと思い、転職活動を始めました。

そんな時に、常駐先の方がユアマイスターのプロダクト責任者とお知り合いだったため、紹介していただきました。



「FEEDBACK is GIFT」の環境で、様々な部署と関わりながら仕事を進める

ーーユアマイスターに転職を決めた理由は何ですか?

現場のエンジニアの方と話す機会を多くいただき、その中で、ユアマイスターのValueの「FEEDBACK is GIFT」の話を聞いたことが理由です。

チーム内でのフィードバックはもちろんのこと、他部署の方やユーザーさんからもフィードバックをもらえる環境だということを知りました。様々方からの意見を聞き、幅広い視野を持って成長していきたいと思いました。

また、ユアマイスターのエンジニアの方はコミュニケーション力が高く、チームの中で自分が働いているイメージを持てたことも入社の決め手です。

ーー入社して技術力が上がっている実感はありますか。

ユアマイスターは技術力を上げることができる機会がとても多いです。毎日、朝8時からslackのハドルを使って、自由参加のもくもく会を行っています。

テックリード1名と、メンバー3名が参加しているのですが、分からないことがあれば画面共有やメッセージですぐに聞くことが出来て、フィードバックがもらえます。正解を持っている優秀なテックリードに気軽に質問が出来る環境は幸せです。

もちろん、業務に関してもコードレビューやペアプロでコーディングするときにもフィードバックもらうことができます。

コードレビューだけではなく、こういう観点でシステムを作ってほしいというエンジニアとしての考え方や、開発環境の自動化に関するのインフラ改善についてなど、様々な方向性からアドバイスをいただいており、成長しているなと思う場面がとても多いです。

▼テックリードからGitHub上でたくさんのフィードバックをもらっている様子

また、PdMやデザイナーチームとのコミュニケーションがとても密です。タスクが一区切りついたときに、PdMチームの方とお互いの改善点を打ち合わせる時間を設けています。

PdMチームは5年、10年のスパンでユアマイスターというサイトが目指すロードマップを考えており、プロダクトの発展性や、個々の機能の相乗効果についてなど、幅広い視点で考えられています。

私自身、長期的な視点でプロダクトに立つ能力はまだ足りないですが、「なんでその機能を作るのか」「この機能を作って何を達成するのか」という目的意識を持って開発することが出来るようになりました。

毎朝、プロダクトチームでの朝会を行っていて、朝会がプロダクト部の結束力を高めるコミュニケーションの場になっています。私もその一役を担っていて、「勝手にベストスマイル」という企画をやっています。

朝会終了時に、テーマに沿ったそれぞれのポーズで写真撮り、その日の一番すてきなスマイルをピックアップし、Slackに送って盛り上がっています。チームのみんなが楽しみにしてくれていて、とても嬉しいです。

~気になる毎日の「勝手にベストスマイル」の様子はこちら~

▼ユアマイスターが5周年を迎えた日には、みんなそれぞれの5のポーズを表現しています。

▼テーマは仕事のお供のお菓子やジュース。なんと4000円のケーキを持っている人も。これを食べながら日々の仕事頑張っています。

▼テーマはコロナ感染対策グッズです。みんなアルコール除菌系をちゃんと持っているようです。

▼テーマはお花。鼻を指しているの人もいます。花があると元気になります。

常に変化のある環境で、自身も成長していく

ーー今は、どんな領域を担当していますか。

私が今担当しているのは、SaaS部分のプランリニューアル開発と、パートナーサイトで使っている技術のバージョンアップです。

前の会社ではサーバーサイドの領域でしたが、今では、フルスタックでサーバーサイドもフロントもどちらも担当しています。システムでも大事なのは、データの扱い方だと考えていて、データを正確に安全に使うのはエンジニアの醍醐味だと思っています。

また、ビジネスロジックと呼ばれる、バックエンドの処理技術を活用して論理的に考えることが好きなので、将来的にはサーバーサイドの専門領域に進みたいと思っています。

本当にデキるエンジニアは、モノづくり全体を理解する必要があるので、フロントとサーバーサイドの両方を担当し、技術的に成長出来ていることに幸せを感じています。

どんな世界でも通用する技術のスペシャリストになりたい

ーーこれからの目標を教えてください。

将来的には技術のスペシャリストになり、正解を持っている人になりたいです。

何か新しい技術を出てきたとしても、プロダクトに対して適切な技術なのかを検討することが出来、きれいなコードの書き方や様々な不具合に対しても、正解を持っている人になりたいと思っています。

さらに、いつかは海外でも自分の力を試してみたいと思っています。海外のエンジニアの中でも、通用する技術を持ったエンジニアになりたいです。

今、ユアマイスターで確実になりたい自分に近づけている実感があります!



Profileーー

佐々木菜奈美

大学を卒業後、新卒でSaaS系企業に入社。
技術のスペシャリストになるべく2020年9月にユアマイスターにジョイン。
村上春樹の大ファンで「ハルキスト」と呼ばれることよりも「村上主義者」と呼ばれることに喜びを感じる。本だけでなく村上さんの放送しているラジオも楽しんでおり、最近は村上さんの影響でジャズも聞くようになった。

★ユアマイスターのプロダクトの概要やエンジニアチームが大切にしているものをまとめています。ぜひご覧ください。

ユアマイスター株式会社的招募
18 Likes
18 Likes

本週排名

展示其他排名
如果這篇文章引起了你的興趣,歡迎你到訪公司了解更多!