1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong(Chinese (Traditional)). Go to the page for users in United States.

【20卒】『インターンシップで学んだこと』~ありがとうの大切さ~ さいあり編

はじめまして!新入社員の崔 亜梨(さい あり)です!写真は、旅行が好きで、この写真は大学の卒業旅行のときにフランス行った時のものです!

2019年11月から約5ヵ月の間ゼンシングループの「株式会社FIS」にてインターンをさせていただきました。今回、新入社員研修を通して、インターンシップについて振り返りました。その時に感じたことを書きたいと思います。

FISはどんな会社?

まず、「株式会社FIS」とは、“フレックス少額短期保険”という賃貸住宅ご入居者様のための保険と、テナント事業者様のための保険を扱っている保険会社です。「世界でいちばん人を想う会社になる」という想いのもと、設立されたベンチャー企業です。

インターンで行ったこと

環境整備

私はこの5ヵ月間のインターンで主に“環境整備”と“申込書の受付・不備確認業務”をしていました。

まず朝礼の後、考動指針の1つにもなっている「環境整備」という考え方に基づき、毎朝全社員で20分間オフィスの清掃や整理整頓を行いました。社内が綺麗であり続けるために、また「ものを探す」というムダを省くためにハサミ一つに対しても置き場所があり、備品を大切に扱うという習慣をつけています。

実務

20分間の清掃が終わったら、お客様から送っていただいた保険の申込書をパソコンで受付をして、そのあと申込書に不備をお客様等に電話で確認する業務をしていました。この業務では、いろいろな項目をチェックしなければならならないので、最初の頃は、とても時間をかけて確認していました。ですが、それでも確認漏れがあったりして、ダブルチェックを何度も受けていました。周りの人たちはスピーディーに正確に不備確認をしていたので、私が役に立てているのかという不安でいっぱいでした。でもそんな中で、サンクスギフトという社内のメンバー間に「ありがとう」送るコミュニケーションツールで他支社の方から「迅速な不備対応ありがとう」や同期から「手伝ってくれてありがとう」という言葉をいただいて、少しでも誰かの役に立てているという実感が持てて、もっともっと人のために頑張って「ありがとう」を増やしていきたいと思うようになりました。

インターンをしてみた感想

実際に働いてみて、私が想像していた電話対応の業務は、黙々と一人で電話をし続けるイメージを持っていましたが、お客様からの電話で何かわからないことがあっても、すぐに質問できる環境や雰囲気がとてもいいなと思いました。社員の方が一緒に電話対応の練習をしてくださり、スムーズに業務に入ることができたと思います。

ただ、電話は相手の表情や状況を相手の声や話している内容を声のみで読み取るのが難しく、相手の声のトーンやスピードに合わせて話せなかったら、「スクリプト通りに進まなかったらどうしよう」と毎回思っていました。新入社員になった今では、インターン生のころとは違い、私の1つのミスで会社に影響するという責任あります。電話対応にしても、なんでも型があるので、スクリプトを読み込んで自己流に変えていく必要性があると考えました。私たちは、人間であってロボットではないので、相手の特徴ごとに言い方や話すスピードを変え私自身で工夫していくことで、ここでもゼンシングループの理念でもある「ありがとう」を増やしていけると思いました。私にとって「働く」ということは「お金をもらうため」や「生きていくため」というイメージでした。でも、インターンを通して誰かに喜んでもらうこと「ありがとう」が自分にとっても喜びになるということ再度知ることができました。

実際に入社してみて感じたこと

現在、新入社員として業務をしていますが、インターンに参加させていただいたおかげで、いろいろな人の仕事ぶりを見て、実際の業務を経験したことによって働くイメージができました。入社以降、スムーズに業務に移ることができたように感じています。ただ、インターンを一緒にスタートした同期よりもインターンの参加日数が少なく、仕事面において遅れていると感じています。新入社員としてまだまだわからないことばかりで、戸惑うこともあると思います。しかし、お客様のために、会社のために全力で向かい合い、温かいメンバーとチャレンジできる場所で会社と一緒に成長していきたいです。


▲食べることが世界で1番大好きで、コロナのおかげでたくさん太りました笑(昨年、旅行した時の写真です!)

最後に

当時大学4年生だった私にとっては、初めて「ビジネス」に関わることができるインターンでした。接客メインのアルバイトとは違った角度で、多くの経験を積むことができ、今まで知らなかった仕事を見つけることができました。就職活動の軸が定まっていない就活生にとっても、インターンは将来を考える貴重な経験になると思います。また、インターンでは、会社の人事だけでなく、実際に現場で働いている社員とも関わる機会があり、「知識」「経験」「考え方」などいろいろな観点から成長することができると思います。

インターンで素敵な企業「ゼンシングループ」との出会いの機会いただけたことに感謝しています。

株式会社ゼンシングループ的招募
4 Likes
4 Likes

本週排名

展示其他排名
如果這篇文章引起了你的興趣,歡迎你到訪公司了解更多!