1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong(Chinese (Traditional)). Go to the page for users in United States.

飲食店の明日を変えるモノづくり

私たちは飲食店を支える人たちのお店がもっと素敵になるように、常にユーザーの目線を意識してモノづくりをしています。私たちがつくっているのは、人と人、仕事と仕事を繋ぐサービスです。だから、気持ちの面でも操作性や安全性の面でも、安心して使うことのできる安定したモノをつくる必要があると思っています。


食材卸さんの抱える注文管理のお悩みを解決する「KITCHEN BROTHERS 365」というサービスですが、つくった当初は、飲食店が卸業者に食材の発注をするサービスでした。その後、卸業者を探すことのできる機能を加えましたが、ベストといえるモノではありませんでした。試行錯誤し、失敗から学び、たくさん作り変えましたが、ずっとずっと変わっていないのは「飲食店を支える人たちのためになるものをつくる」という軸です。どういう方法がいちばん合っているのか、ずっと使いたくなるモノは何か考え続けた結果、そもそも卸業者がいないと飲食店は成り立たないはずだ、と飲食店から卸業者に視点を変えてみたのでした。


ただモノをつくるのだけならきっと誰にでもできます。やるべきはほんとうに求められていることを引き出し、そのために自分の技術を使うことです。サービスやユーザーにはもちろんのこと、他の部署に関わるコアな部分なのでメンバーに対しても気遣いの気持ちと歩み寄りの姿勢は欠かしません。もちろん、情報にアンテナを張って必要なこと選んで拾う力やセキュリティへの知識も必要です。


良いモノをつくるのはとてもむずかしいですが、自分のつくったサービスがユーザーのもとに届いたときの気持ちは苦労の何倍もの嬉しさです。はじめてKITCHEN BROTHERS 365を通して発注があった日、商品の数字が登録されて目に見えて使われていることを実感したときのことは忘れられません。この想いを大事に、長く使われるもっと良いモノをジンユウはつくり続けます。

株式会社ジンユウ的招募
4 Likes
4 Likes

本週排名

展示其他排名