1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong(Chinese (Traditional)). Go to the page for users in United States.

信用を積み上げ、「任せられる人間」になる――夢を叶える土台作りを楽しむ新卒1年目

2020年4月に入社した新入社員メンバーをリレー形式で紹介する新コーナー「Animals Real」

No.4は、部活に専念するため就活浪人を考えていた納家さん。

ZUUに出会い、「自分が働くのはここだ!」と直観したそうです。納家さんを駆り立てたものは、なんだったのでしょうか。ユーモアと誠実さをあわせもつ納家さんに、就活の軸や会社選びの基準についてうかがいました。

プロフィール
2020年3月早稲田大学スポーツ科学部 スポーツ科学科卒。2019年11月より内定者インターンを経て、2020年4月株式会社ZUU入社。プラットフォームコンサルティング事業部にて金融業界や不動産業界のクライアント向けにマーケティングプランの設計や運用に従事する。


――学生時代はどんな活動をしていましたか。

納家:学生時代は自転車競技部に所属していました。友達にサイクリングに誘われたことがきっかけで自転車にはまり、気が付いたら競技にまで進んでいました(笑)

平日は練習、休日は遠征で、大会に出るため全国を飛び回る生活でした。青春はすべて自転車につぎ込みましたね。

自転車を優先するあまり、最初は就活浪人する気満々で、「温度感を知ろう」というぐらいの気持ちで、就活を始めました。


――どんな就活をされていたんですか?

納家:僕は「お金について学べる環境で働きたい」と考え、金融業界を中心に就活をしていました。

大学で経済学の授業を受けた時、自分のマネーリテラシーが低いことを痛感したんです。それに日本は世界的に見ても、マネーリテラシーが低いといわれている。だからこそ、仕事を通じてお金について学びたいという想いがありました。

加えて、自転車は「機材スポーツ」といわれていて、高級な自転車を買えるかどうかで、タイムが全く違ってくるんです。自転車以外にも、お金の有無によって、結果が左右されるスポーツは意外とあります。スポーツは努力の世界ですが、お金も密接に関わってくる。夢を叶えたいと思ったら、お金の知識が重要だと感じるようになりました。



――ZUUに入社した理由は何ですか?

納家:ビジョンに共感したことです。ZUUが目指すのは、「90億人がお金に関して平等な知識を持ち、誰もが夢に挑戦できる世界」です。僕自身が抱いていた問題意識と合致したため、選考が進んでいる途中で「自分が働くのはここだ!」と直感しました。

最終的に、どんな大手企業から内定が出たとしても、僕はZUUを選ぶだろうという確信が持てたので、その時点で就活は辞めました。


――インターンシップをやってみてどうでしたか?

納家:インターンシップでは、Facebook広告の運用を行いました。インスタやFacebookでいつも流れている広告がどのような仕組みで配信されているのか、裏側を知ることができて面白かったです。また、webマーケティングの基本的な知識も、働きながらどんどん吸収できました。

また、鬼速PDCAの因数分解を実際に経験することで、ロジカルシンキングの技術も身につきました。学生だと「こう思います」という発表も受け入れられるし、感覚的な発言をしても、許される。でも仕事においては、そうはいきません。周りを納得させるだけのロジックの組み方、伝え方を学べたと感じています。



――実際に働いてみてどうでしたか?

納家:大手企業に行った周りの友人からは、コロナで仕事がストップしているといった話をよく聞きます。でも僕は入社4ヵ月で、メディアマーケティングのかなり深いところまで携われています。他にも、企画から営業まで、幅広く経験を積めている。周りと比べて、スタートダッシュを切れた実感があります。

僕は仕事をする時、「信用を積み上げていく」ことを大切にしています。自分が何かに挑戦したいと思った時、「彼になら任せられる」と思われる人間でいたいからです。そのため、1つ1つの仕事をおろそかにせず、最大限の力で取り組んでいます。

web広告では、良くも悪くも取り組んだ結果がはっきりと数字に反映されます。そのため、努力が結果につながると、大きなやりがいを感じます。


――仕事をしていて大変だと感じることを教えて下さい。

納家:webマーケティングについては、インターンシップである程度の知識を身につけられました。しかし、クライアントは「ITのプロ」として僕を見ます。IT情報は幅が広く、日々更新されます。そのため、常にインプットを続けなくてはいけない。

最初は本で勉強していたんですが、本では最新情報は得られないと感じ、最近は動画学習も取り入れています。大変であると同時に、新たな知識を学ぶほどものの見方も新しくなり、日々新鮮さを感じます。


――将来の目標はありますか?

納家:いつかはZUUというフィールドを飛び立って、自分の力で日本のマネーリテラシーを高める行動を起こしたいと考えています。

ZUUで働く人は、優秀なだけじゃなく、熱量が高い。僕と同じように「起業したい」と思っている人もいれば、シンプルに「お金を稼ぎたい」と思っている人、「貧困を解決したい」など壮大な目標を持っている人もいます。そんな個性的でモチベーションの高い仲間と仕事ができるのは、僕にとっては最高に刺激的な環境です。

夢を形にしようと思ったら、お金の知識は切っても切り離せません。そんなお金の知識を身につけるうえで、最高の会社に出会えたと感じています。


株式会社ZUU的招募
3 Likes
3 Likes

本週排名

展示其他排名
如果這篇文章引起了你的興趣,歡迎你到訪公司了解更多!