Hajime Fujita

株式会社ハート・オーガナイゼーション / アーキテクト(開発企画)

Hajime Fujita

株式会社ハート・オーガナイゼーション / アーキテクト(開発企画)

兵庫県

Hajime Fujita

株式会社ハート・オーガナイゼーション / アーキテクト(開発企画)

あなたも Wantedly で
プロフィールを作りませんか?

これまでの経歴を、あなたの想いや挑戦とともに表現しよう。

いますぐ作る

人生、強化学習

研究開発をバックグラウンドにするジェネラリストです。 データサイエンティストから技術系の参謀に転向しました。

日産財団研究助成 ~ 「自動運転」を応用テーマとした研究助成(不確実な状況における意思決定の仕組みを解明する研究として1年間で200万円)

未来

この先やってみたいこと

未来

「いい人」になりたいです。こう書くと、私のことを昔から知っている人は言葉を失うに違いないのですが、本当です。大マジメです。

2020年5月
-
現在

株式会社ハート・オーガナイゼーション

1 year

アーキテクト(開発企画)
現在

2020年5月 -

現在

会社での自分のミッションはまだふんわりしているのですが、社長がやる気満々なので、私も少しくらいはやる気を出していこうと思います。

2017年12月
-
2020年4月

株式会社LISI (リジー)

3 years

代表取締役

2017年12月 - 2020年4月

前職での経験を生かして起業し、小規模ながら自身の会社を経営しながら、ベンチャー企業を中心にコンサルティングサービスを提供しました。 ・研究開発・新規事業・採用企画・知財法務に関する戦略立案に関するコンサルティング ・スタートアップ企業の社外取締役・新規事業の立ち上げの支援 ・講演・セミナーの講師、各種の執筆活動、技術系コンテンツの企画・制作

成果を生み出すテクニカルライティング ートップエンジニア・研究者が実践する思考整理(技術評論社)

人工知能関連技術の発展に伴う特許実務の今後の変化(日本弁理士会「パテント」)

2014年1月
-
2017年11月

技術戦略課長・知財責任者(兼任)

2014年1月 - 2017年11月

技術系の経営企画のマネージャとして、取締役CTOの直下で研究開発部門の体制強化に向けた各種の企画業務に従事しました。

人工知能エンジン「KIBIT」を用いた自然言語処理と特許調査への応用(情報の科学と技術)

革新的機能・性能を生み出す「AI」の新製品開発への取り組み方 ~ AI技術開発のための3つの重要ポイント(月刊「研究開発リーダー」)

人工知能が支える先進医療~医療現場に人工知能を導入するヒント(野村ヘルスケア・サポート&アドバイザリー「ヘルスケアノート」)

2011年1月
-
2013年12月

特許業務法人 原健三国際特許事務所

3 years

弁理士

2011年1月 - 2013年12月

弁理士として大企業を中心に各種知財の手続き代理に携わりました。 ・ソフトウェア関連発明を中心とする出願・審判の代理 ・技術移転・ライセンス契約に関するコンサルティング

2007年8月
-
2010年12月

住友ゴム工業株式会社

4 years

データサイエンティスト(研究員)

2007年8月 - 2010年12月

データサイエンティストとして「タイヤ空気圧監視システム」の研究開発に携わりました。 ・タイヤ空気圧監視システムの研究開発(独ボッシュのABS搭載システムに採用) ・各国自動車関連メーカーの責任者に対する技術プレゼンテーション(渉外・技術営業)

2007年3月

奈良先端科学技術大学院大学 (NAIST)

情報科学研究科・情報生命科学専攻(博士後期課程)

2007年3月

専門:機械学習・強化学習・マルチエージェント・計算論的認知心理学

情報科学研究科・情報生命科学専攻(博士前期課程)

2002年3月

大阪大学

基礎工学部・情報科学科

2002年3月


スキルと特徴

機械学習

0

人工知能

0

知的財産

0

組織開発

0

戦略立案

0

Publications

人工知能関連技術の発展に伴う特許実務の今後の変化(日本弁理士会「パテント」)

成果を生み出すテクニカルライティング ートップエンジニア・研究者が実践する思考整理(技術評論社)

人工知能エンジン「KIBIT」を用いた自然言語処理と特許調査への応用(情報の科学と技術)

人工知能が支える先進医療~医療現場に人工知能を導入するヒント(野村ヘルスケア・サポート&アドバイザリー「ヘルスケアノート」)

革新的機能・性能を生み出す「AI」の新製品開発への取り組み方 ~ AI技術開発のための3つの重要ポイント(月刊「研究開発リーダー」)

Awards and Certifications

弁理士

2011年4月

日産財団研究助成 ~ 「自動運転」を応用テーマとした研究助成(不確実な状況における意思決定の仕組みを解明する研究として1年間で200万円)

博士号(工学)

2007年3月


言語

日本語 - ネイティブ, 英語 - ビジネス会話