Ryo Nakanishi

スプリームシステム株式会社 / シニアシステムコンサルタント

Ryo Nakanishi

スプリームシステム株式会社 / シニアシステムコンサルタント

埼玉県

Ryo Nakanishi

スプリームシステム株式会社 / シニアシステムコンサルタント

あなたも Wantedly で
プロフィールを作りませんか?

これまでの経歴を、あなたの想いや挑戦とともに表現しよう。

いますぐ作る

チームで成功を勝ち取りたい

プロジェクト・マネージャーをしています。

インドとベトナムと日本の協業でソフトウェア開発するときに実践していること

2017年1月

開発チーム、ランニング活動の報告です。
SSD化。それはもはやSuper Saiya Din化。

未来

この先やってみたいこと

未来

デジタルマーケティング領域で「真に消費者のためになるサービス」を実現したい。

2020年1月
-
現在

スプリームシステム株式会社

1 year

シニアシステムコンサルタント
現在

2020年1月 -

現在

2018年9月
-
2019年11月

エンジニアリングマネージャー / プロジェクトマネージャー

2018年9月 - 2019年11月

ブロックチェーンを使ったシステム開発プロジェクトにおけるプロジェクトマネージャー

2014年6月
-
2018年6月

株式会社FRONTEO (旧:UBIC)

5 years

2014年6月 - 2018年6月

自社ソフトウェアプロダクトについて新製品開発、新機能開発のプロジェクトマネジメント、プロダクトオーナー

電子メール自動監査システムの機能追加

電子メール自動監査システムの製品に以下の機能を追加しました。 ・自社開発AIを用いた情報漏えい等のリスク予測機能 ・メールスレッド作成とInclusive Mailの判定機能 ・その他、バグの改修、細かな機能修正を実施 Keyword:Java, C#, Silverlight, PostgreSQL, ASP.NET, VMWare, Redmine 参画内容:要件定義、基本設計を担当。詳細設計、実装、テストはオフショア担当者と協業にて実施。

eディスカバリ支援システムの機能開発

eディスカバリ支援システムの製品の機能強化において、プロジェクトマネージャ、プロダクトオーナーを担当しました。 開発チームメンバー:約20名、メンバーは日本、インド、ベトナム 開発規模:1人月から100人月まで様々な規模の開発プロジェクトを担当 主な担当業務: ・製品の中長期計画立案 ・機能の要件定義 ・開発チーム、業務委託会社の各種マネジメント ・新機能のリリースプレゼンテーション Keyword:Java, C#, Silverlight, PostgreSQL, ASP.NET, VMWare, Redmine

2006年4月
-
2014年5月

日本IBM

9 years

2006年4月 - 2014年5月

製造業、保険業におけるオープン系ソフトウェア開発、アーキテクト、プロジェクトマネジメント

人材関連プロジェクトのPMO

人材紹介、転職支援の業務を行うお客様のシステム開発プロジェクトにPMOとして参画。システム部員に対して、DBのトレーニングを実施しました。自分で作成したハンズオン入りのコンテンツで10回程度に分けて開催し、好評でした。 Keyword: DB2

保険システムの保守・追加開発

数万人月の開発コストをかけた巨大な保険システムの保守、追加開発を担当。システムのパフォーマンス向上の対応や新商品対応のサブリーダーを経て、顧客、案件、工程、文書管理、Web、会計システムのリーダーを兼任していました。 Keyword: Java, Java独自フレームワーク, DB2, Web Application Server, IBM独自の保険業務ソフトウェアフレームワーク

保険システム刷新

お客様の社運をかけた保険コアシステムの刷新プロジェクトで、新商品対応のチームリーダーとして、最大30人のチームをまとめていました。私にとって初めてのCOBOLによるシステムでしたが、保険専用のフレームワークを使用した最新のシステム構築に貢献しました。

製造業の仕様書作成・管理システム構築

製造業のお客様向けの仕様書作成及び管理システムを構築しました。Webアプリケーションとして作成しています。 Keyword: Java, Struts, DB2, Websphere Application Server 参画内容:要件定義、基本設計、詳細設計、実装、テストの担当者またはプロジェクトリーダーとして参画しました。


スキルと特徴

マラソン

Godai Lance Asanoが +1
1

子育て

Godai Lance Asanoが +1
1

オフショア開発

Godai Lance Asanoが +1
1

Product Owner

Godai Lance Asanoが +1
1

CMMI

Godai Lance Asanoが +1
1

Publications

開発チーム、ランニング活動の報告です。

2017年3月

インドとベトナムと日本の協業でソフトウェア開発するときに実践していること

2017年1月

SSD化。それはもはやSuper Saiya Din化。

2016年10月

Accomplishments/Portfolio

eディスカバリ支援システムの機能開発

電子メール自動監査システムの機能追加

保険システム刷新

保険システムの保守・追加開発

人材関連プロジェクトのPMO

さらに表示